小説、お料理、トーマス。

先日読み始めた小説。
結局3日で読みきってしまいました。
昔からそうなのですが、物語が終わりに近づいてくると
何とも言えない寂しさが込み上げます。
そして読み終えると、物語の内容にしばらく浸りながら
大きな虚無感に襲われる。
物語って不思議。

いい小説でした。
ちなみに作者は江國香織。
題名は敢えて伏せておきます。
以前同作者の作品をいくつか読んだ事がありますが、
正直、私には物足りないというか、うーん、悪い事はないけど。
みたいな後味の悪さがあって。
根っからのハルキストである私には、何かが足りない気がしていました。

今回、書店で江國さんの作品を買おうと思ったのは
題名の美しさ。これだけ。あとは少しの期待と興味と。
今の自分には、結構染みる物語でした。
子育てしながら小説読むの、案外簡単。

と、いうより、素敵。

・・・

先日の夕飯。
旦那様のリクエストで、あんかけかた焼きそば。
大好評で3人前分(2人ですが、私は基本的に何でも3人分作っちゃいます。汗)のうち
2.5人前は彼が食べました。何度も「おいしい、おいしい!」と言いながら。よしよし。
允くんは、ご飯に乗せて中華丼に。男性諸君、よく食べました。◎

b0052320_9491871.jpgb0052320_9494610.jpg




















昨日の夕飯。
これまた旦那様のリクエスト(基本的に食べたいものがいつも多い人です。)で帆立フライとイカフライ。
タルタルソースも手作り。野菜をたーっぷり入れたヘルシータルタル。好評でした☆

b0052320_957733.jpgb0052320_9584954.jpg




















b0052320_1003495.jpg自家製のトマトには、

くるみ入りの手作りドレッシング。

この日、珍しく夜はパンがいいな、と言うので

白川通りのヤマダベーカリーのソフトフランスを。

ヤマダベーカリーは京都では老舗のパン屋さんで

フレンチやイタリアンのお店でもこのパン屋さんのパンを

出しているお店が多いそうです。

久々に食べると美味しいな。

玉葱(大)を1個半使ったかぼちゃスープも

甘くて美味しかったです。


允くんの今朝の朝食です。
かぼちゃスープと、枝豆、お弁当の残りの卵焼き、パン。
そしてバナナ半分。
一生懸命小さな手でつまんで、美味しそうに食べました。
この朝食をキレーイに食べ尽くしても、尚
私の朝食時には、隣に来て、「パンパン!」とパンを要求。
毎朝の習慣です。

b0052320_1012894.jpg





















レゴのトーマスを走らせるのが大好き。
しゅっっぽっしゅっぽっといってあげると、必ず笑います。
やっぱり男の子の遊び方、ですね。


by yousil_kiki | 2008-08-05 10:21 | 感受性


<< テンジャンチゲ 嗚呼、成長。 >>