水無月とお仕事。

b0052320_11104031.jpg6月がやってきました。

毎年、6月になると京都では無病感謝という意味で

この水無月というお菓子を食べる仕来りがあります。

お茶の街、京都は、お菓子と深い関係があって、

その月毎に、食べるお菓子が違います。

和菓子屋さんの前に立っている旗にも

毎月違うお菓子の名前があげられてます。

京都に住んで、和菓子の歴史を知り、

あぁ、そろそろあのお菓子が並ぶ頃だな、なんて

思ったりして、この街の風情を楽しんでいます。


結婚して初めての6月に、シオモニムからいただいた水無月。
その水無月があまりにも美味しかった記憶が鮮明で。
それから毎年6月が来ると、白・黒・緑(黒は黒糖、緑は抹茶)の
水無月を買って、シガチプに持って行っているんです。

先日、また水無月を持ってシガチプに行ったら、
シオモニムから「毎年ありがとう。」と言われました。
その言葉がなんとなく嬉しくて。シオモニムは日頃から「ありがとう。」と
いう言葉を惜しみなくくださる方ですが。「毎年」という言葉に、
自分の位置みたいなものを感じて、ちょっぴり嬉しかったんです。

また来年も、その先も、ずっとずっと6月になったら水無月持って来よう、
そう思ったお嫁さんなのでした。
(そしてお嫁さんは、6月だから!という言い訳をしながら水無月を3日連続
食べては喜んでいるのでした。)


***************************************************

話は変わって。
産後、子育てをしながら、自宅で韓国語を教えています。
定期的ではなく、本当にきまぐれで生徒さんと予定があった日、限定なので
月1回の時もあれば、2週連続になる時もあり、それはそれはマイペースに
レッスンを行っています。

そんな中、この度大きな仕事を任されました。
かれこれ4年以上のお付き合いになる生徒さんから通訳の依頼。
相手は40人以上のお医者さんと(しかも皆さん病院の院長先生達。)
製薬会社の役員さん7名。計50人近い韓国人の通訳。

・・・

私の生徒さんには何故か医療関係の方が多く、使っているテキストにも
医療書や臨床会話集などの専門的なものが加わります。
なので、少しは免疫があるのですが、50人の大部隊を一人で通訳。

しかも2日間。
できるのか!自分!!

彼らは神戸で開かれる学会に出席するのと、その生徒さんのクリニックを
見学しにくる目的で日本へ来られます。
私からすると生徒さんなのですが、実はその人、すごい人で。
テレビにも出た事も。
その業界ではすごい肩書きを持っている人なんです。

そしてこの私。
この仕事を引き受けるべきか、断ろうか。
悩みました。100%の自信なく引き受けていいんだろうか…。

引き受けました。
だって私、允くんのオンマですもの。

出来る限りやってみようと思いました。
2日間、頑張ってきます。

失敗するかも知れないけど、ドキドキしてタジタジだろうけど
久々に、底力を振り絞って、楽しんでこようと思います。

b0052320_11493870.jpgそんなかっこいいことを言いながら

そんなに幸せ気分で朝食を

食べているオンマ、大丈夫ですか。

大丈夫、大丈夫。

多分。笑

傍らには医療書もありますよ。

腎臓・肝臓・白血球・超音波・甲状腺・・・



頑張りまーす♪
[PR]
by yousil_kiki | 2008-06-05 11:55 | 日々のこと


<< ビフォー・アフター。 梅雨入り。 >>