突発性発疹

前回の記事を書いてから、うちの王子様が、
また発熱しました。
しかも40度の熱。
一旦下がったのは、座薬のせいで、薬が切れたらまたすぐに
ものっすごい勢いで熱が出始めました。

日曜の夜から丸3日間。
夜通し、ワーワーギャーギャーと泣き続けた允くん。
布団に寝かせると「うんぎゃ~~!!」と怒って暴れるので
旦那様と交代で、ずっとずっと抱っこ。
私たちも寝不足で参りましたが、一番苦しかったのは允くんです。

40度の熱と必死で戦っていた允くん。
全身の力を振り絞って、泣き叫びながら、体の中の
ウイルスを追い出していました。
そんな我が子の姿を見ながら、一緒に泣いてしまいました。
允くん、頑張れ、頑張れ!!

3日間の戦いが終わり、4日目、見事に熱が下がりました。
熱が下がったと同時に、ほぼ丸一日、懇々と眠り続けた允くん。
一晩中熱と戦って、すごいエネルギーを使ったのでしょう。
お腹が空いても起きない、オムツが蒸れてても起きない、電話の音がしても起きない。
本当に疲れていたように見えました。
赤ちゃんは正直です。そして、強いです。

眠っている允くんのお腹をのぞいてみると。やっぱり出ていました。
赤いポツポツが。
病院で、「熱の勢いからして、突発性発疹の可能性が高いよ。」
と言われていました。以前初めてのお熱の時、ポツポツが出なかったので
きっと今回がそうかなーと思っていたので。

我が子も人並みの病気を体験したんだな。
そんな允くんがなんとなく、逞しく思えました。

今も、全身とお顔(頭皮も)に小さな赤いポツポツがたくさん。
見ているだけで可哀そうで切ないです。
機嫌も良くないし。いつもの允くんではありません。

あと2,3日もしたら笑顔が見られるのかな。
とりあえずは熱が下がって一安心です。
よく頑張ったね、強かったよ、偉かったよ、允くん。

そしてこの間、毎日通ってくれた、シアボニム、シオモニム、そしてシヌイ。
熱にうなされる孫の姿をみて、涙する家族の愛。
いつも近くで見守ってくださって、助けてくださって、ありがとうございます。
私は心から感謝しています。

允くんが、寝室で懇々と眠っている間。
リビングにいた旦那様と私。
ボーっとしながら「変な感じやな。」とお互い顔を見合わせました。
「允くん、起きひんかな。」と、旦那様。
「会いたいよね。」と、私。

生まれて今までの毎日、こんなに長い間、寝続けたのは初めてでした。
だから、允くんの姿を何時間も見ていないと、心にポカーンと穴が空いたような気分でした。
寂しがり屋のアッパとオンマは、眠っている允くんを、そーっと毛布にくるんで、
リビングに連れてきました。

そして二人で頬ずりして「允く~ん。」と、名を呼びながら、
彼の体温を幸せいっぱい感じました。迷惑そうに、「う~ん!」と
体をよじらせながら、小さなおててで目をこする我が子。
允くんによって生かされているということを、今回もまた
感じずにはいられない、私たち夫婦でした。

アッパとオンマ、そして允くん。
允くんのことになると、感傷的で、繊細で、もろくて。
そんなアッパとオンマだけど。
許してね、允くん。

3人の中で、一番強いのは、允くんなのかも知れません。

b0052320_10224764.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2008-01-18 10:23 | 允くん


<< 今年も。 自家製 >>