12回目の。

2月5日。
一年で最も寒いこの時期。
12年前のこの日も雪がチラチラ降ってたな。

今ではそんなことを思い出す間もないくらい
慌ただしくも幸せな日々を過ごしています。

今日は、私達夫婦の12回目の結婚記念日。
仕事の合間に花束抱えて現れた主人の姿を見て
そのことを思い出したとは大きな声では言えませんが。

主人には完敗です。
b0052320_19230662.jpg
春のお花で気分もポカポカ。

出会ってから今までいろんなことがあったし
いろんな貴方を見て、知って、感じてきたけど
b0052320_19230785.jpg
あなたのことが大好きな気持ちや
ありがとうの感謝の気持ちは
今も日々更新中です。

子供が何人いようと
私の中でのあなたの位置付けは何も変わってません。子供がたくさんいるからこそ、2人でいたい、2人だけでお出掛けしたい、映画見たい、美味しいもん食べたい、旅行行きたい…。あなたと一緒にいたいという欲求は私達夫婦の永遠のテーマなのです。

残りの人生、その目標を一つでも多く達成できるように一生懸命子育てして、私は私を磨いていたい。
そして、素晴らしい人生だったとあなたの腕の中で穏やかに笑っていたい。

好きな食べ物
服や靴の好み
一緒に過ごした時間の中で
価値観はとても似てきた気がする
b0052320_19230897.jpg
でも全く違う部分もあって
それはそれで互いを尊重し
それも含め大好きなんだと思う。

当たり前の毎日が
とてつもなく幸福なこと
その全てがあなたの努力と誠意の賜物
そのことを私も子供達もよぉぉぉく知っている。

僕たちのアッパは世界一
私の旦那様は世界一
b0052320_19230908.jpg
13年目もどうぞよろしく。
死ぬまでたーくさんケーキ食べよう、一緒にね。

[PR]
by yousil_kiki | 2018-02-05 19:22 | 感受性


<< オンマ、死んだらな。 お菓子作り。 >>