<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

兄弟。

先週、土曜日に退院し、自宅に戻ってきました。
大家族に祝福され、実家からも父と母が毎日来てくれ、
(母は泊まり込みで、世話をしてくれてます。感謝。)
私は愛する宝物に囲まれながら、超スーパー幸せボケ真っ最中。

相変わらず、写真オタクの我が家。
生まれてまだ9日しか経ってないのに、既に何百枚・・・。
パソコンがパンクしそうなので、昨日から早速整理始めました。

生後3日目の写真を見て、ビックリ。
允くんにそっくり!

これが允くんの生後3日目。カワイッ!             そして昂くん。うーん!カワイッ!
b0052320_12311753.jpgb0052320_12322470.jpg

























こんなにも似るもんなのね~、と感心してしまいます。
允くんよりも500g以上大きく生まれて、身長も5㎝高く、頭囲も、胸囲も
ヒョン(お兄ちゃんの韓国語です。)より3㎝ずつ大きい昂くん。

でも髪の毛は、ヒョンの方がちょっぴり多いです。
どちらかと言うと、ヒョンより顔立ちがはっきりした印象。
これからどんどん変わっていくので、楽しみです♪

さて、私の方ですが、允くんの時同様、出産したその日から
スタスタと歩いては助産師さんに注意されるくらい、元気です。
おっそろしい母乳の勢いと共に、おっそろしい食欲・・・。
私、誰?と思う程の食べっぷりです。
允くんの時も母乳が出すぎて、結果オデブな允くんが仕上がった訳ですが、
今回はさらにパワーアップしている気がする、この勢い。

揚げ物、もち米、ケーキはもちろん、フルーツも、牛乳も
極力抜いてね!と、退院時、念を押されたくらい。
もう、乳腺炎は懲り懲りなので、気をつけるようにはしていますが・・・。
甘いもの食べたーい!!のが本音です。

実家の母と義母がそれぞれ炊いてくれる、ミヨックッ。(ワカメのスープ。)
朝・昼・晩と3食、それぞれ2杯ずつオカワリする食べっぷり。
ミヨックッ、大好き☆

さて、お兄ちゃんになった允くんですが。
(親ばか発言爆発ですが、お許しを。)
本当に、賢い!

「アンく~ん♪」と言いながら、ほっぺやお口に熱いキスしまくり、
私が「あ、アンくん、おしっこしはったわ~。」と言うと、
どこからともなく現れて、オムツ替え用のマットと、オムツ、
おしりふきウォーマーを、さささ~!っと用意してくれます。

たまに、「アッパ、アン君抱っこして。」と言って
私にしがみついて「オンマ、抱っこ~。」と甘えてきます。
まだまだ2歳ですもの、甘えたい盛りです。
入院してる間、彼なりにたくさんたくさん我慢していたんだと思います。
家族曰く、私が入院している間、本当にお利口さんだったらしい允くん。
皆が驚くほどに、聞き分けよく、1週間よく頑張っていたそうです。

今はおうちに、オンマも、可愛いアン君もいる。
とってもとっても元気いっぱいな允くん。
お腹が大きくて、抱っこしてあげたくても出来なかった分、
今、たくさんたくさん抱っこしてあげてます。
産後の体で重たいの抱いちゃダメ!と家族に怒られながらも。

夜中の授乳ですが、今のところ4時間グッと寝てくれるので
寝不足感はそんなにありません。体が大きい分、飲む量も多い。
日中もほとんど、飲んで寝て、飲んで寝ての繰り返し。
今はまだ、ピッカピカの新生児ちゃんだけど。
あっ!という間に、允君見たいに、4段腕、ボンレス足になるんだろうな。
うふふ。うふふふふふ!!!!母は、ちょっと幸せボケ過ぎて、おかしなテンションです。

さて。
出産の記録をここに残しました。
興味のある方のみ、「出産記録」のカテゴリーから
1月8日~1月10日までを綴っているので、
日付順に読んでくだされば、と思います。
では☆

※アン君のお名前ですが~。
  【昴】ではなく、【昂】です!!
  よく似た漢字なのですが、スバルではないのです。
  二番目にピッタリな素敵な漢字、夫と二人で決めました♪
  
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-19 12:48 | 天使たち。

昂くん、お披露目♪

b0052320_23503178.jpg

メールや電話、ブログのコメントにたくさんのお祝いのメッセージを頂きました事、心からお礼申し上げます。

皆さんが下さった温かいメッセージ、全て大切に大切に心の中に閉まっておきますね。

さて、生後2日目の昂くんです。
まだ眩しそうにしかおめめを開けてくれないので
とりあえず、おっぱい後の至福の表情で
皆様にお披露目です。

私のハートを鷲掴みにする、薄毛ちゃんです(*^o^*)

允くんにそっくりなようで、やっぱり違う。
兄弟って不思議です。
(ウスゲちゃんなとこは二人ともおんなじ!)

さてさて幸福のミヨックッ生活始まりました〜。
産後2日目から早速おっぱい工場フル活動!
昨日は痛くて眠れませんでしたが、
幸いアンくんが体が大きい分、
吸う力も飲む量もすごいので、
お互い良いペースでおっぱい生活楽しめてます♪

退院して落ち着いたら、出産の記録を
ここにしっかり残しておきたいと思います。

それでは♪
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-13 11:12 | 昂くん

天使が舞い降りた。

愛する皆様へ。
やっと、やっとの報告です。

本日、1月10日午後16時44分。

私のもとへ小さな天使が舞い降りました。

あまりにも可愛くて愛しくて
今は彼を“天使”と表現する事で精一杯です。

3610グラムのちょっと大きな天使ちゃん。

我が家の次男。
名前は“昂”(アン)君です。


この上ない幸せと喜びを噛み締めながら
この素晴らしき世界、
愛する家族、友人、
そして温かい想いを惜しみなく送って下さる皆様へ
心から、心からありったけの感謝を贈ります。

ありがとう。

ユシル
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-10 20:30 | 感受性

昂くん出産記録。

以下は昂くん出産の記録です。

少しでも細やかに、鮮明に記憶しておきたいため、
とても長文になっています。

出産に興味のない方や、リアルな表現が苦手な方は
どうかスルーされるようお願い致します。

二度目の出産を終えた今思うこと。

允くんの出産は、全てが初めてで、
目の前に訪れる痛みや苦しみに、
ただただ立ち向かって行くしかなかったお産だった。

今回、昂くんのお産は頭の中で允くんのお産の記憶を
一つ一つ辿りながら、次はこうだ、そしてあれがこうなるんだと、
妙に冷静な自分がいたように思う。
(実際には想像を超える全く別のお産だったが)

いずれにせよ、今、大声で、世界で一番美しい声で、言いたい。

あなた達を授かれた奇跡に
女に生まれてきたことに

永遠に感謝し続ける
私であると言うこと。

そしてもっともっと、子供が生みたいと言うこと!

これは世界一欲張りなオンマの出産の記録です。
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-10 11:23 | 出産記録

昂くん出産記録。1月10日。

1月10日。

早朝、目が覚めて自分が病院にいることが
一瞬理解出来なかった。

そうだ。
昨日入院したんだった。
允くんは泣かずに眠ったのか、夜中起きて私を探さなかったか、
離れていると気になって気になって仕方がない。

幸い今日と明日は連休で夫がいるので、
允くんも安心している様子。

とりあえず朝食を取って、検温、血圧、ベビーの心音、
お腹の張りなど、助産師や医師が入れ替わり立ち替わり来ては、
忙しくしている。

お腹の張りは10分間隔だったり30分来なかったりと、
不規則だし痛みはまだ全くない。

お昼を回った頃、実家の両親が到着。

しばらくあれこれ話をして父は允くんに会いに我が家へ。

母だけ病院に残って私と過ごす事に。

小腹が空いたねぇ、なんて言いながら、
母と一緒に地下の売店に行って
飲み物やおやつなどを買って来た。

ぺちゃくちゃお話しをしながら
買って来たおやつを食べていたのが午後2時過ぎ。
満腹になって、母が座ってると冷えるから
ベッドに入って横になりなさいと言うので、言うとおりにしてみた。

横になった途端、
ん?なんか張りが強くなって来た?
張ってる時間も長いような…。

でもまだまだ話せる 余裕あり。
でもちょっと痛いかも…。

『オモニ、なんか痛くなって来た。』

それから、本格的な陣痛が訪れ始めた事に気付く。
間隔を計ってみると5分、4分といつの間にか激しい波。
NSTに記録されていく張りの強さも恐ろしい数字にまで上っている。

母の質問も耳に入ってこないくらいの、激しい波が一気に押し寄せてくる。

母がモニターを見ながら陣痛の間隔をチェックしている。

『3分…2分…。』
この時、時計は3前頃。

子宮収縮の痛みが、腰へと移り始めた。
母に腰をさすって欲しいと訴える。

と、その時義母が到着。
実母と義母が話をしている最中、
(この時点で二人の母はまだまだ生まれないだろうと、結構楽しそうに話していた。)
私の痛みはものすごいスピードで加速。
一度助産師さんを呼んで欲しいと頼む。

助産師さんが来てすぐに内診するので
母たちは外で待機するように言われる。

内診の結果、ほんの数十分前まで4センチだった子宮口が
いきなり8センチ強開いてるので、チョンさん分娩台に行きましょう!
と、母たちの顔も見れずに分娩室へ。

今回、夫も立ち合う事になっていたため、
義母が急いで夫へ連絡。

『もう分娩室入ったから早よおいで!』
この頃、夫は允君を連れて家の近所を散歩していたらしく、
連絡を受けて、允君をかついでダッシュで家に戻り車を走らせたそうな。

分娩室に入ると、助産師3人と医師が分娩の用意でバタバタしている。
私が呼吸法で数回いきみを逃しているその時、夫が飛び込んで来た。

良かった、間に合った。
安堵感とは裏腹に、我慢出来ない程の痛みへ。
夫が私の両手をギュッと握って『頑張れ、もうちょっとや。』とずっと励ましてくれる。

『全開です!』と助産師さん。

それから数回いきんだが、ベビーが大きいので頭がなかなか出ない様子。

呼吸も詰まってくる。
分娩室に響くベビーの心音。
もうすぐ、もうすぐに会える…
出ておいで、出ておいで…
私の可愛いベビー、昂君。

『チョンさん、目開いて見て!もう出てきはるよ!』
助産師さんの声とほぼ同時に

『出て来た!生まれた!』と夫の歓声。

真っ白なアン君が、立派な臍の緒を付けて
両手を万歳しながら
大きな産声を上げた。

午後4時44分。
陣痛開始から2時間のお産だった。

さっきの痛みが嘘のように、体内に静けさが訪れる。
同時に目の前にいるアン君、こんなにも会いたかったアン君を
この目でしっかり見ようと、必死で努めるが涙が溢れ、溢れて止まらない。

泣きながら、『可愛い!』と叫んでいる様子が
夫が撮影した映像にしっかり記録されている。

やっと、やっと会えたね、アン君。
生まれたてのあなたは、本当に本当に可愛いく綺麗だった。

允君同様、会陰切開なし、
母の体に傷一つ付けず、上手に降りてきた息子。

生まれてきてくれて、ありがとう。
心の中で何度も何度も繰り返しながら
しばらく涙がとめどなく流れ落ちた。

助産師さんが驚いて私に言う。『チョンさん!胎盤大きいよ!』

本当に大きな胎盤だった。
計ってみると、標準の軽く1.5倍の重さだったらしい。

一人目だろうが、二人目だろうが、この感動は全く同じで、
喜びや感謝は計り知れない。

この度、出産に立ち会ってくれた夫。
私の両手を握り締めながら、そしてずっとずっと励ましながら
出産の瞬間をしっかりビデオに収めてくれた。

カンガルーケアや分娩台での初めての授乳。

ビデオと共に、二人の我が子の為に買った、
真新しいデジタル一眼レフカメラで目一杯撮影をする夫。

世の中には、これ以上の幸福なんて存在しないだろうな。
こんな事を頭の中で冷静に思っていた。

息子が二人。
こんなにも可愛い息子が二人。

私はこの子たちに会うために生まれてきたんだ。
この子たちの為に存在し生きているんだ。

私の人生で、忘れられない日がまた一つ増えた。

家族達が帰って、病室に一人になった時。
あらゆる感情が一気に込み上げてまた涙が溢れた。

そして夫に一通のメールを送った。
あなたが私の夫で、この子たちのアッパで本当に良かったと。

しばらくして夫から返事が返って来た。
二人の宝物をしっかり守って行くからと。
そして私が妻で、この子たちのオンマで本当に良かったと。

神様、こんなにも素晴らしい家族を、
人生をありがとう。

1月10日、次男 昂君誕生の日に。
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-10 11:21 | 出産記録

昂くん出産記録。1月9日。

1月9日。

早朝目が覚めて、今日も普通に朝が来たことに
何となくがっかりしながら、それでも冷凍庫から美味しい食パンを出して
冷蔵庫からは最近はまっているブルーベリージャムを出すときは
もうウキウキしちゃっている自分。

こんなオンマだからベビーも呆れて出て来ないのか、
なんて思いながらお腹撫で撫でトースターを覗き込む。

緊急から帰って来た夫と
朝から超ご機嫌さんの允くんにハムタマゴサンドを作った。
近頃もうすぐ誕生する赤ちゃんを察してか、
赤ちゃん返りがひどい允くん。

年末大晦日にノロウイルスにかかって以来、
食欲も元気もなくなって、更に精神的な面で
私に対する執着心が半端ではなくとにかく心配な状態だったが、
やっと数日前から食欲も復帰し
いつも以上に元気な允くんに戻ってくれたので
ホッとした気持ちでいっぱいだった。

サンドイッチを頬張る度に『美味しっ!』を連発する彼を見ながら、
本当に嬉しくてたまらなかった。

夫を送り出した後、允くんが最近どっぷりハマっているボーリングに熱中している間、
私は身支度をしながら今日は允くんとどこにお出掛けしようかとぐるぐる考えていた。

何となく、何となくトイレに行こうかと思って行ってみた。

明らかに水っぽい形跡が。

ん?おしるし?
まさか破水じゃないよね?ぐらいの量。

允くんの時は明らかに『今破水した!』とわかるくらいだったが今回、
自覚は全くなく量も微妙だった為、病院へ連絡すべきか迷ったくらいだったが、
念の為電話を入れると来るように言われたので夫に電話をして迎えにきてもらうことに。

夫が家に向かっている間、夫の実家へ連絡を入れ、
允くんを預かってもらう手配。
夫、到着。
予めまとめてあった入院グッズと
允くんのお泊まりセットを積んでいざ出発。

車の中で私のほっぺを触ったりチュウしたりしながら
『オンマ〜どこ行くの?』と不思議そうな允くん。

夫の実家到着。
門の外まで出てきてくれて
『気付けて行くんやで。あとでオモニも行くしな。頑張りや。』と
優しく静かに微笑んでくれる義母。

そしてその義母に抱かれた允くんが大きな声で
『オンマ頑張って!ばいばい!ばいばい!』と
車が見えなくなるまで叫んでいた光景が、今も目に焼き付いている。
ドラマのような出来過ぎたシナリオだけど、
現実的にそんなシーンの中私は病院へ向かったのだった。

病院へ着くとまさにお産中の人がいて助産師や医者たちがバタバタしていた。

とりあえずNSTを40分程つけた後に、当直の先生が現れてやっと内診。

『チョンさん、今検査しましたが、破水してますね。』

『えっ?!』

あまりにも予想外だったので、ついついマヌケな返事をしてしまう自分。

さっき車の中で夫と、診察終わったら何食べに行く〜?
なんてウキウキ話してたのに(そんな自分に半ば呆れながら)。

破水=入院と言う事はわかっていたけど念の為、恐る恐る先生に聞いてみた。

『あの〜、ご飯だけ食べてきていいでしょうか…』

先生『…。』

先生『破水してるのでね〜外へ出て感染したら大変なので、
院内で済ませて下さい。』

はい、と返事して診察室を出た私たち。
陣痛室に荷物を置いて、
結局こっそり中華を食べに行ったのは言うまでもない。


病院へ着くと数人の助産師さんが迎えてくれた。
(允くんもここで生まれているし、先日のテレビ撮影の件もあるし、
第一名前が珍しいからか、とにかく馴染みの助産師さんが多い。)

『チョンさん!クリスマスからずっと待ってたよ!
チョンさんから電話あったって聞いてみんなやっと来はる〜!って喜んでたのよ!』

何なんだ、この熱いチームは。
有り難すぎる、心強すぎる!

検査に因ると、破水は破水でも前期破水と言って、
子宮の入り口で膜が破れたのではなく、
もっと上の方で何らかの小さな摩擦が起こって、
極めて微量の羊水が出てきただけで、
内診でもまだ膜はしっかりあると言う。

なのでその後も羊水が流れ出る事はなく、もちろん陣痛もこない。

允くんの時同様、とりあえず入院して様子を見ましょうと言う結果に。

允くんの時はこっからが長かったんだ、と思いながら、
一瞬不安がよぎったが、余計な事は考えずに、
ベビーの意志を尊重して私は大きく受け止めるべきだ、
そう決心して眠りについた。
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-09 11:28 | 出産記録

昂くん出産記録。1月8日。

1月8日。
朝一番で健診へ。
子宮口は3センチ開と言われ、胎児の推定体重もぐんぐん伸びているので、
来週15日まで生まれなければ入院しましょうと告げられる。

允くんを迎えに夫の実家へ。
今日は今年初めての幼児教室の日。
年末に『1月はおばあちゃんが連れてくると思います。』
と言って年越しの挨拶をしたのに、
結局また大きなお腹で新年の挨拶をすることに。

久々に会った友人親子とワイワイお昼をたべた後帰宅。

允くんと2時間ぐっすりお昼寝をした。
昼寝から目が覚めると、この日健診が早朝からだった為、
朝掃除を出来ずにいたことがどうしても気になって、
夕方から思い立って1階2階の掃除機、トイレ掃除、拭き掃除、洗濯を済ませる。

夕飯は腰の痛さ(内診でおまじないをしてもらったので)で
何も用意する気にもなれず外食へ。

この日、とにかく1日お腹の張りが強く、
更に腰がミシミシビンビン痛んだ。

何か不思議な胸騒ぎを感じつつ、
いつものように右手は允くんの背中をトントン、
左手で允くんのおててを握りながら
シャボン玉を歌い1月8日が静かに過ぎて行った。
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-08 11:27 | 出産記録

祝 ♪♪ 2010 ♪♪

皆さま、明けましておめでとうございます!
年末に更新して以来、年明け、初めての更新になります。

今年も何卒よろしくお願いいたします。
皆さまにも、幸せと喜びだけが舞いおりますように。

・・・

ここ数日のアクセス数を見ていると、どうしても
放っておくことが出来なくて。

皆さま、たくさんのご心配してくださってるんですね。涙
何だかジーンと来ちゃいます。

クリスマスから毎日毎日、たくさんの「生まれた?」
メールや電話をもらい、年が明けてからも、引き続き周りを
ドキドキさせているベビ様。

はい、まだ生まれていません。笑
お腹の中で超マイペースにしたはります。

早い、早いからね!と言われ続け、気がつけばもう
予定日!!40週に入っちゃいました。笑

年末年始は、夫がいてくれたのでいつ陣痛がきても大丈夫、という
安心感があったし、夫は夫で、せっかくのまとまったお休みなのに
ゴルフにも行かず、ずっとそばにいてくれました。
なのに、なのに。

ベビ様は、出てきませんでした~。あはは。
そんなにオンマのお腹がいいんか~、と、今朝お腹をナデナデしながら
出勤していった夫。まさしく、そのようです。
いつ、生まれてくるかは、ベビちゃんだけが知っていること。
そわそわドキドキヒヤヒヤしているのは、大人たちだけ。

お腹の中で、ちゃーんと出てくる日を数えながら待っていることでしょう。
いずれにせよ、もう少し、もう少しで会える。
甘えん坊のあなたに、今から首ったけです。

そういう今も、お腹がカチンコチンに張っています。
允くんもお昼寝したので、試しに時間計って見まーす。

ではでは、また♪
[PR]
by yousil_kiki | 2010-01-05 13:52 | 妊婦な私