<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2人のお弁当。

今日は美容院へ行ってきました。
バッサリ、ショートにしました。
ちょっと悲しいことがあって・・・。

嘘です。
ノリです、ノリ。笑

ちょっと嬉しいことがありました。
小谷田潤さんのHPを見ていると、‘京都 個展風景’の写真の中に
私が写っていました。後姿ですが。
今、気づきました。
一番最後の写真の、真ん中にいる人、私です。
黙々と、真剣に器を選んでいる私。

また、欲しいな、小谷田さんの器。

・・・

今日は、2人分のお弁当を用意しました。
夫の友人であり同僚でもある、Hくんの分も。

冬はアツアツを食べられるように、ランチジャーです。
しらす入り出汁巻き卵・ポテトサラダ・鶏の照り焼き。
今日はシチュー。
b0052320_22433662.jpg

























ランチジャーは1つしかないので、Hくんにはシチューがない代わりに
鶏の照り焼き多め+ミートボール入り。
これで平等かな。喧嘩しなかったみたいです。ウフフ。
b0052320_22462122.jpg

























赤色をプラスしたかったので、梅干しを入れましたが、さほど赤くなかった。汗
2人とも綺麗~!に食べてくれてました。空っぽのお弁当箱って最高!!

・・・

昨日の夕飯、お弁当から想像つきますね、クリームシチューでした。
コーンパンにも合うし。
今日はシチューだから、大きな海老を買うぞ!とスーパーへ行っといて、
銀鮭、帆立を買って、海老を買い忘れました。トホホ
冷凍庫にあったむきエビで代用しましたが、腑に落ちない感じです。
老化現象でしょうか。汗
b0052320_225185.jpg

























塩コショウ・にんにくのみでソテーしたチキンも一緒に。
チキンソテーって大好き!ちなみに、このチキンソテーを食べたのは
私だけです。笑  夫は遅く帰ってきたので、好物のコーンパンとシチューだけでいいよ、と。
夫の分は、お弁当の照り焼きチキンになったというわけですね、なるほどなるほど。

これは、一昨日の夕飯。
鯛の煮付けでした。
明石の天然鯛、身がフワフワ、牛蒡と白ネギに味がしゅんで美味~でした。
魚教の允くん、ウホウホ、でした。
b0052320_2323829.jpg


























夫の今朝の朝食。
ホシノのロールパンにスクランブルエッグ、夫はムッシャムシャと頬張りながら
「パン、オイヒイ!」と率直な感想を述べてくれて嬉しかったです。
b0052320_2374655.jpg



























ここ数日、我が家の朝食タイムは素敵です。
とても素敵なんです。

・・・

私は音楽が好き。
もっとも、音楽を贈ったり、贈られたりすることが、たまらなく好き。
音楽には形などないけど、だからこそ、一直線に、心の中へ突き刺さるものがある。
形がないから、いつまでも変わらない。

先日、頑張った允くんへのプレゼントにと、ご近所の仲良しHさんが
素敵な音楽を贈ってくれました。
愛らしいジャケットの中身は、子供たちが歌う可愛すぎるボサノバ。
毎朝、毎朝聴いてます。 允くんも大事そうにCDを抱えて
「允くんの、允くんの。」と言っています。Hさん、本当にありがとう。
贈られた音楽は、宝物。
b0052320_2323910.jpg





















「ブログ、見たよ。大変だったんだね。
允くん、偉かったね!ユシルお疲れ様!」

今も、この様なメールを毎日たくさんいただきます。
今日もまた、愛する皆様へありがとう。

優しい気持ち、ひとつ残らず
私と允くんの宝箱に、ちゃんと、しまっておきますね。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-28 23:28 | 家ご飯

ホシノでロール&コーンパン。

昨日、魔法のレストラン、100人の料理人で銀閣寺おめんの
創業者の特集してましたね。
おめんって群馬県の郷土料理なんですね~。
知らなかった。

おめん・・・。
結婚する前は何度か行きましたが、京都人になってからは
見事に一度も行ってない!近くなのに~。
地元の人は口を揃えて「観光客向け。」とか、「高い。」と言いますが
今じゃ、私もその一員・・・いつのまにか同じこと言ってました。汗

・・・

ホシノ天然酵母で、ロールパン。
b0052320_15511911.jpg

























ホシノのロールパンを作り始めてから、お店でロールパンは
買わなくなりました。全然違うから。ずっとフワフワもっちりだから。
成形がもう少し上手だったら、言うことないんだけど。
b0052320_15522032.jpg

























ホシノで焼いたコーンパン。
プレゼント用なので、エンゼル型で。
大きさを見なければ、ポンデリングみたい。実物はもっともっと大きいですよ。
b0052320_1623755.jpg

























ちょうど焼きたての時に、夫が用事で帰ってきたので、
一つ味見してもらうと、コーンパン教の彼は、「ん~♪」とご満悦。
家用にも焼いたので、今日の夕飯はパンに合うメニュー。
b0052320_1662179.jpg

























焼いたパンをラッピングすると、ちょっと特別な気分。
仲良しのお姉さんに。私たちは同じ一族のお嫁さん同士。
グルメなお姉さん、気に入ってもらえると嬉しいな。
b0052320_1671433.jpg

























昨日のおやつ。
夫から電話が来て、「和か、洋か。」と聞かれたので、
数秒悩んで、「和。」と答えると、「了解。」と、切られました。
夫が買ってきてくれたのは、美玉屋の黒蜜団子でした。
b0052320_16105544.jpg

























夫よ、あなたは実に、素敵である。
ステキで、デキタ夫である。
無難にふたばの豆餅あたりかな?と思ったら、美玉屋・・・。
ナカナカのチョイスですよ。ツボ、ツイテルヨ。

あ、私が自分のおやつを、わざわざ夫に「買わせている」と勘違いしないでくださいね!笑
決してそんなことはないですよ~。自主的に「今日おやつ買ってくるしね。」と言ってくれるので、
その日は、おやつを食べないで、私は雛鳥のように、口を縦に開けて、夫がおやつを
運んでくるのを待っているのです。
允くんも和菓子&餅好きなので、一緒にムシャムシャと頂きました。

ちなみに、美玉屋は美味しいのですが、10本1パックでないと売ってくれません。
バラ売りしない主義。すぐ近所にある鳴海屋も同じ和菓子屋さんで黒蜜団子
売っていますが、味は美玉屋よりは少し劣るけど、バラ売りしてくれます。
微妙、実に微妙。
でも、我が家には10本なんて普通なので、問題なし、なのですが。はい。

この人も、元気なので、問題なし。
どんなにやんちゃしても、元気ならば、まったくもって、問題なし。
b0052320_16303457.jpg


























「おやちゅ、アッパ、かってきはった。」
完全なる京男です。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-27 16:35 | ホシノ天然酵母

春色ちらし寿司。

昨日の夕飯。

メインはテールスープ。
画像は夫の。テール、ゴロンゴロン入ってますね~。
b0052320_2330758.jpg

























その他、
・北海道の帆立。バターとお醤油で。
・蓮根のきんぴら。
・もずく
・新じゃがと豚バラの煮物。

新じゃがは皮つきのまんま、豚バラから出る脂でこんがり焼いて、
カツオと昆布で取ったたっぷりの出汁・醤油・みりん・お砂糖で煮ました。
夫の今日イチは、意外にもこれ、だそうです。
いいね~!と言いながらホクホク、食べていました。
b0052320_23322020.jpg

























新ものは何をしても美味しいですね。
でも、豚肉を入れなかったら、夫は、あんなに食べなかったかも、です。

そして今日の夕飯。
メインは ♪ 春色・ちらし寿司 ♪
なのに、ポトフ~♪
b0052320_23351718.jpg


























允くんのことを考えると、どうしても野菜~とか、肉~とか
タンパク質~とか魚~とか考えてしまって。
献立のバランスより、そっちを優先してしまうので、ちぐはぐなことが多いです。

明るい春色のちらし寿司。
お雛様、うちは無関係なので、3月3日じゃなくても食べちゃいました。
マグロが甘くて美味しかったです。中には、シイタケ・ニンジン・酢蓮根・おじゃこ・ゴマ入り。
錦糸卵を焼く作業が大好き。結婚してかなり上達したように思います。
b0052320_23402256.jpg


























美味しい~神戸の生ソーセージがあったので、
小カブ3つ、人参小3本、グリーンボール半玉、玉葱大1玉を入れて
ポトフを。ソーセージから、とーってもいい出汁が出て、おまけに
野菜からの甘い出汁も出て、シンプルイズベストな、ばっちり美味しいポトフに。
b0052320_23451920.jpg


























小松菜のナムルとキムチも一緒に。
允くんも、私たち夫婦も、お腹いーっぱい食べました。
お重2段分作ったので、あと1段分残りは明日のお昼御飯行き。

今日のおやつ。
夫からのお土産です。
伏見駿河屋のみかさ。どら焼きです。
b0052320_23493544.jpg

























どうも裏返しを撮ってしまったようです。
思いっきりボディに四角がくいこんでいますね。笑

しかし、このどら焼き、肉厚で美味しい!!
ふわふっわで、小豆も甘すぎない。食べ応えあるスイーツは大歓迎。プププ
夫をたくさん褒めました。

明日はどんなおやつがあるのかな~♪
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-25 23:52 | 家ご飯

パスタ+パスタ。

今日の記事をアップする前に、
まずは、この場を借りて皆さんにお礼を言いたいです、私。

前回の記事を書いてから、驚くほどたくさんの方から
コメントやメール、電話をいただきました。

皆さんの気持ちがあまりにも優しくて、温かくて、
それだけで私たち親子は、なんて幸せ者なんだ、と
とても心強く、そして感激し、何よりも感謝、感謝の嵐、でした。

入院中、何度も何度も電話をくれた友人たちの声、
皆さんが送ってくれたメールやコメントの文章。
その全てから、愛を感じずにはいられない私でした。
ごめんなさい、感受性が強くて。
これが私です、私なんです。

もう一度、皆さんにありがとう。
きちんとお返事させていただきますので、しばらくお待ちください。
まずはお礼が言いたくて。

・・・


月曜日、韓国語の生徒でもあり、可愛い妹のような存在でもある
薬剤師のJちゃんが我が家へ遊びに来てくれました。
とても嬉しいお土産と、報告を持って。

週末に退院したばかりで、冷蔵庫に何もない状態でしたが、
どうにか、ランチを用意できました。お粗末だけど。涙

女子はパスタが好きな生き物。
そしてキノコが好きな生き物。
b0052320_23261697.jpg

























3種キノコのクリームパスタ。
北海道のソーセージも入っています。
北山・ブリアンのパンとかぼちゃサラダ(常にある野菜がかぼちゃ!)。
b0052320_23272698.jpg


























パスタ100g、パン、かぼちゃ、とお腹にたまるものばかりで、
私は平気な量だけど、可愛い子には量多すぎたかな、とちょっと反省していたら
「全然大丈夫。」と言いながら、綺麗に食べてくれました。
大食い仲間、嬉しいです。笑
ブリアンのパンは枝豆チーズのパンと、ドライトマトとチーズのパン。
これ、大好きなんですよね。私は允くんに半分以上、奪われました。

しばらく会っていなかったので、本当に久々に会えて、そして嬉しい報告も聞けて
テンションあがりまくりました。食べすぎた上に、喋りすぎた~!!
楽しい楽しいランチタイム、退院後初の、お友達とおうちランチだったので、
ほっこりほっこり、和みました。
允くんも、Jちゃんに甘えていました。優しい人はちゃんとわかるんですね。

そして、Jちゃんが持ってきてくれたスイーツ。
私が独身時代、ジ〇スで韓国語講師をしていた頃、
週に2度通っていた天王寺。
レッスンの合間によくランチを食べに行っていたカフェ、sangmi

このカフェは豆乳プリンが有名らしく、Jちゃん、早朝から半分しか開いていない
シャッターを覗き込んで、このプリンを買ってきてくれました。しかもたくさん。
b0052320_2335538.jpg


























豆乳プリンって、いろいろ食べてきたけど、正直どれも
うん、まぁ、美味しいんちゃう?くらいのインパクトでした。
でもこの豆乳プリンは、一口食べて、「美味しい!」と率直に感動しました。
舌ざわりと、風味、無添加の黒蜜がまた程よい甘さ。(甘すぎない。)
黒豆きな粉もいい感じで。これはちょっと家庭では真似できないかも。
有名なだけあります。納得、納得。Jちゃん、ありがとう!
b0052320_23444268.jpg


























・・・

お昼にパスタを食べたのに、夜もパスタでした。
夫がパスタ、パスタ~と言っていたので。
いいのいいの、だって女子は、とにかくパスタが好きな生き物なんだから。

そして夫の要望は、「シソとベーコンのペペロンチーノ。」
なんか洒落たこと言ってるようですが、これは先日、入院中に
実家の両親が来てくれた時、2人でランチに出掛けた北白川・別当町の「セモリナ」で食べたんです。
それがナカナカ美味しくて。
b0052320_23475983.jpg

























これは私の。パスタ100gに青森産の小ぶりなニンニク3かけ。
鷹の爪2本。入れすぎました。超辛かった!!
でも全然OK。辛いに関しては、どんとこいの人間なので。
シソの風味とニンニク、ピリリがいい感じ。はまってます。
夫は150g+レ・フレール・ムトウの明太子フランスも一緒に食べました。

・・・

最後。
入院中に、親戚のお姉さんが優しいお手紙と一緒に持ってきてくれた
右京・常盤のTARO BAKERY(タロー ベーカリー)のパン。
いろいろ持ってきてくれたのですが、これは発芽玄米食パン。
カリカリ?シャリシャリ?この食感は、とても新鮮!
そしてモッチモチ、素敵な食パン。惚れこんじゃいました、本当に。
b0052320_011758.jpg


























あまりに美味しかったので、今週末実店舗にお出掛けしようかとタクラミ中。
もちろん夫と允くんも引き連れて。ここからはちょっと遠いので~。
太秦映画村にでも行って、允くんを時代劇デビューさせようかしら。
うふふ。

皆さん、私、この通り、元気も食欲も、モリモリですよ~♪ 
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-25 00:08 | 家ご飯

僕、頑張ったよ。

PCを開いて、このブログに来てみると、、
バレンタインから更新されていない記事。

そうか、あれはバレンタインの日だったな・・・。

ちょっと長くなりますが、記録としてこの記事を
残しておきたいので、興味のない方、どうかスルーしてください。


・・・

先週1週間、允くんが入院していました。
昨日、無事退院して、今はもうすっかり元気なので、
安心して記事を読んで頂けると幸いです。


前日からの発熱が続いていた
2月14日、バレンタインの日。
いつものように遊んでご飯モリモリ食べて
いつもの時間にネンネした允くん。
普段は朝まで一度も起きることなく熟睡するのですが、
その日は、ベッドの中であっちこっちに動きまわって、
寝苦しそうにしていました。寝るとき彼は、いつも私の手を握っているのですが
その日、允くんの手がとても熱いことに気が付きました。

おかしいな。
そう思うながらウトウトしていると、夫も同じく「允くん、熱くない?」と。
それでもベッドの中で、私と夫の顔を見ながらニコニコして
また眠りにつきました。


翌朝。
熱を計ると39度。
頭がカンカンに熱く、顔は真っ赤。
鼻水や咳は一切なく、食欲もいつも通り。
家の中では走り回っているし、とにかく元気。
風邪…? そう思いながら様子を見ていました。
いつもは熱が出ても一夜にして下がる彼なので、おかしいな・・・
と思いながら、一日を不安な気持ちで過ごしました。

1時間に1回のペースで体温を計るも、下がる気配全くなし。
お昼に38.5度まで下がったものの、夕方になると39.5度までまた上がり。
それでも允くんは元気。よく食べ、機嫌もいい。
唯一いつもと違うのはぐっすり寝ない、とこでした。
いつもお昼寝を3,4時間する彼が、1時間くらいで目を覚ますので
やっぱりおかしいな、と思い、救急をしている近所の総合病院へ。

問診の後、インフルエンザのテストをするがもちろん陰性。
若い女性の先生、対応の仕方が、正直とても不安でした。
「多分、風邪ですね。体に発疹などが出てきたらまた、来てください。」と
言われ、帰って来ました。

その夜でした。
夜中にまた目を覚まし、真っ赤な顔をした允くん。
熱を計ると、なんと40度。
2度目に計ると・・・41度。

体温計で41という数字を見たのは初めてでした。
翌朝、39度まで下がったものの、やっぱり心配だったので
夕方、近所では評判の小児科へ。
経過を話し、允くんの様子を見た先生はすぐに血液検査をしました。

数分後、診察室へ呼ばれて中へ入ると、
「お母さん、すぐに入院してください。紹介状書きますので。」と言われました。
びっくりして、声も出ませんでした。
血液検査の結果、白血球の数が恐ろしく高く、ものすごくきつい炎症反応が出ているとのこと。
おそらく、何らかの菌に感染している可能性が高いので、
すぐに入院して抗生剤の治療をしてもらってくださいと言われ、その足で
昨日受診した総合病院に再び戻り、今度はベテランの先生に診てもらい
その場で入院することになりました。
おでこの怪我以来、病院や白衣の人が大嫌いな允くん。
診察室へ入るだけで、ひきつけを起こすのではないかというくらい
大泣きしては反抗するのです。

血液検査での数値が異常に高いので、原因を調べるために
彼が受けたのは普通の採血ではなく、血液培養検査。それがかなり大変で。
允くんは処置室へ連れられ、4,5人の看護師や先生に全身を抑えられ、
小さなおててに針を何本も入れられ、包帯を巻かれ、レントゲンを撮られ・・・。
「オンマ~!オンマ~!!」という彼の悲鳴を外で聞きながら、本当につぶれそうでした。
何で?何で允くんがこんな目に?

こうして允くんと私の入院生活が始まったのです。

允くんは24時間点滴をしてないとダメなので、動けない。
動きたい盛りの1歳児が、狭いベッドの上でジッとしてなくてはならないという苦痛。
本当に1週間も耐えられるのか、と本当に絶望的でした。

看護師さんが来る度に、泣きながら「オシマイ!オシマイ!」と私にしがみつき、
お餅のように真白で小さなおててに入れられた、点滴の針を一生懸命抜こうとする。
本当に本当に可哀想という言葉を1万回言っても足りないくらいでした。
抗生剤を丸2日間投与した後、再び採血をし検査をすると、驚くほど回復していました。
抗生剤を始めてからは熱も完全に下がっていたし、食欲も旺盛、相変わらず元気。
先生は、順調に菌が死んで行ってはいるものの、まだ原因がわからず、
どこからどのような菌が入ってきたのかも明確ではないため
まだ家には帰れないとのこと。

それからまたまる2日間、抗生剤の投与。
そして土曜日の採血の結果、
「完全に正常値に戻りましたよ、おめでとう!允くんよく頑張ったな!」と先生。
本当にホッとしました。

結局、今回の病は、原因不明。
入院した当初、先生は、おそらく菌血症(口や鼻から入った菌が
血液の中に入り込んでしまう症状。)ではないか、と予測していたのですが、
最終的に血液からは細菌は一つも見つからず、どんな菌がどこから侵入してきたのか
全く不明・・・。喉が腫れていたり、咳が出たり、鼻水が出たりという症状がなかったので
余計に謎、らしく。原因がわかる前に治ってしまったので、何となく
呆気ないというか、後味悪いというか。

允くんが頑張ったから、41度もの熱を出してまで必死に戦ったから。
何て強いんだろう、允くん。

入院している間、実家から駆け付けてくれた両親。
温かいごはんを届けてくれた夫の家族。
1日に何度も何度も来てくれたお義父さん。
そして毎日毎日仕事の前、合間、夜と通ってくれた夫。
本当にありがとう。

怖がる允くんに少しでも笑ってもらおうと、いつもいつも
一生懸命いろんな工夫をしてくれた看護師さん、そして先生。
b0052320_1712078.jpg



















心からありがとうございました。
お陰さまで、あれだけ拒否していた看護師さんや先生にも退院の時
笑顔で、「あっと~、バイバイ!」とあいさつしていました。

この1週間で允くんはものすごく成長したように思います。
普段から言葉が多く、文章でいろんな表現をしていた彼ですが、
1週間をベッドの上でオンマと2人過ごした彼は、もっともっと「伝えること」が上手になりました。

退院して家に帰ると、嬉しそうにいつものおもちゃで遊び、走り回っていましたが
おんぶすると、スーっと眠ってしまいました。

彼が眠っている間、不在の間に届いていた、念願のケメックスで珈琲を淹れ、
お義父さんが差し入れでくださった「むしやしない」のお菓子と一緒に
ひとりでボーっと珈琲タイムを楽しみました。
b0052320_1771167.jpg


























楽しむつもり・・・だったのですが。
一人でボーっとしていると、この間、少しずつ強くなって成長していく彼の姿や
私を求める彼の強烈な気持ちが、一気にこみ上げてきて、
お菓子の味も珈琲の味も、よくわからないくらいに(この私が)、
允くんが恋しくて恋しくて、涙が溢れてきました。

2階で眠っている彼の隣に潜り込んで
小さな小さな、まだ点滴のあとが痛々しい彼のおててをぎゅーっと握って
ずっと允くんの寝顔を見ていました。
そしていつの間にか一緒に眠ってしまいました。

いつもべったりな私たちだけど、この間、もっともっと狭い場所でべったりだったから
少しでも離れていると淋しくて不安で壊れてしまいそうでした。
そうです、私の方が、なのですが。
退院した日はさすがに疲れが出たのか、ひたすら眠り続けた允くん。
5時間近くお昼寝して、夜も勝手に寝てしまって。
彼なりに調節しているようでした。

文章にすると、とても大げさに聞こえてしまったかも知れませんが、
今、允くんはとても元気で、食欲旺盛、元気一杯やんちゃ君、
ちょっと甘えん坊がひどくなったけど、すっかり元の允くんです。
そして私も元気です。
そして家族の絆が、もっと、もっっっと深まった気がします。
多分それは、それぞれが感じていること。
元気が幸せ、それ以上もそれ以下も何もない。

そう痛感した1週間でした。

允くん、本当によく頑張ったね。
ありがとう、ありがとう允くん。
(退院するや否や、顔に傷・・・。この通り、僕は元気です!)
b0052320_2263093.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-22 17:15 | 允くん

最愛の人たちへ。

今日はバレンタイン053.gif
私には、愛する男性が二人。
夫、そして息子。

息子が生れて、男の子の可愛さにどっぷり酔いしれる毎日。
いつか息子が出来たら、手作りのバレンタインチョコを
食べさせてあげたい!
ずーっとそう思っていました。
そして、今日やっとその願いが叶いました。

允くんをお椅子に座らせて、「允く~ん、今日はバレンタインですよ~♪」と
允くんへのバレンタインデザートを贈りました。
允くんは、キョトン、としていました。

本当はチョコをあげれたらいいんだけど、まだまだ1歳児。
母親の立場からは、チョコ解禁はまだ早いかな、と。
なので、苺ミルクプリンを。
b0052320_20553921.jpg

























正直、夫へのバレンタインチョコよりお金がかかっています。汗
一番上等な苺をふんだんに使った苺ピューレと、
允くんの大好きな牛乳。練乳も入っています。
そして下には、フェルベールのジャムを。
チップトリーにするか、フェルベールにするか、迷いに迷って、バレンタインなので、
フェルベールにしました。いいないいな、允くん。
ふるふるのクリーミーな苺ミルクプリン。

b0052320_2184318.jpg

























甥っ子&お義父さんにも同じものを。

允くん、「プッディン、プッディン!」と喜んで完食でした☆
しばらくスプーンを放してくれませんでした。

允くん。
いつか、違う誰かの手作りチョコをもらってくるのかな。
きゃ~!!嫌だ嫌だ!!
b0052320_21102547.jpg


























夫へのチョコ。
今年は、ウィーンの伝統菓子、ザッハトルテ。
(全て家にあった材料でできたので、材料費0円!)
b0052320_21124942.jpg


























無駄なデコレーションは一切不要。
それが、音楽と芸術の都、ウィーンのお菓子、ザッハ・トルテ。
最後にガナッシュを、ドバー!っとかける作業が快感。
b0052320_2114458.jpg


























一晩寝かせて、しっとりしっとり。
半生のガナッシュが最高でした。
b0052320_21151257.jpg

























モーツアルトを聴きながら頂きました。
嘘です。普通に世間話をしながら楽しく食べました。
甘くない生クリームと一緒に頂きましょう。これ基本。
b0052320_21173434.jpg


























デメルのザッハトルテに近づけたかな。
いやいや、まだまだ。
でも、我ながら満足のいく出来でした。夫も喜んでいました。

允くん、昨日の夜からお熱です。
本人はとても元気なのですが、39度の熱が一日さがりません。
お昼寝もたくさんしたのに、7時過ぎに寝てしまったのをみると、
やっぱりしんどいのかな、可愛そうに。

明日は、お熱下がっていますように。
最愛の息子、最愛の夫。
あなたたちがいて、私、本当に幸せ。
b0052320_21224478.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-14 21:24 | パン・おやつ

和風ハンバーグ・きのこソース。

先日、身内の用事で、豊橋へ行ってきました。
車で、夫の従妹といろいろ話している中で、
「オンニ、苦手なもの何?」と聞かれました。

苦手なもの。
あらためて聞かれると、あらためて考えてしまう。

でも、昔からあまり変わっていないのかも知れない。
私の苦手なもの。

食べ物ではもう、ダントツ、セロリとメロン。
これだけはどう頑張っても無理。
セロリは、おもてなし料理が煮込み料理だった場合にのみ、
目一杯我慢して鼻つまんでパパパっと入れちゃうことは出来ますが、
自分の為や家族の為には絶対に入れたりしません。
今でも本当にセロリを入れることによって、美味しくなるんだろうかと疑っているくらい。

サラダやカルパッチョに入っている生のものなんて、もう・・・です。
中華料理なんかでたまにある、炒め物なんかも、ダメ。
本当にセロリだけは、何故か私、絶望的なんです。

メロンも。
高級な果物に対して非常に失礼な対応ですが、
頂いても、すぐに誰かにおすそわけ。
私とは反対に、実家の父と母はメロンが大好物。
よく「安上がりな子やね。」と言われたものです。

食べ物以外では、造花も苦手。
あ、お花だ♪と思って近づいてみて、造花だった時のあのガッカリした気持ち。
造花は何故か、私の気持ちをとても寂しくさせる。

お酒も得意ではないし、運動も苦手分野。
挙げるとキリがない・・・。
はい、次、いきましょうか。

・・・


昨日の夕飯、メインは冷凍保存しておいた、ハンバーグ。
なので、冷蔵庫にある残り材料で副菜を作っただけ。

b0052320_1524083.jpg


























春雨サラダは、ベトナム風。
大根の千切りはめんたいことマヨネーズで和えて、小松菜はナムルに。

ハンバーグが見えないくらい、きのこたっぷりのソース。
大葉もたっぷり乗せましょう。
もう、新玉ねぎが出てますね。せっかくの新ものなので、炒めずそのまま。
レッドオニオンを少し混ぜると色も綺麗。
b0052320_1541665.jpg


























私と允くんはこのハンバーグで、夫にはもちろん大大、NG!!なので、
普通に洋風のソースでお出ししました。

・・・

ほんの少し容器に残っていたホシノの酵母を、早く使わなくちゃ~と思いながら
数日が過ぎ。捨てるかどうかとても微妙なところで(量も時期的にも。)
迷いに迷った挙句、使ってしまうことに。

ミルキーブレッドを焼きました。
ホシノ+はるゆたか。1.5斤。
b0052320_1595673.jpg

























うーん、やっぱり酵母の力がだいぶ弱っていたのか、
発酵の勢いがとても弱く、1次発酵に15時間くらいかかって
(それでもいつもに比べるとしっかり発酵してくれなかった。)
2時発酵も元気がなく、焼成の窯伸びもいまいち。
ま、でも今朝食べたら、いつもよりちょっぴり締まった感じではありましたが
普通に美味しかったです。
いい教訓になりました。

もう少しでホシノ天然酵母500gの袋が終わります。
終わったらいよいよホシノ丹沢天然酵母だ~♪
待ってました、丹沢くん。私、こっちの方が好き。

こちらは、少しのイーストでゆっくり発酵ベーグル。
b0052320_23402375.jpg



























いつもは「もちもち」のレシピで一晩を冷蔵庫で過ごさせる工程。
今回は「ふかふか」レシピで、1次発酵なし、2次発酵1時間半の工程。
粉は「ふかふか」なので、最強力粉を使用。500g→8個。

フィリングは、先日、残り2つになった林檎を使って、アップルプレザーブを
作っておいたものがあったので、くるみと一緒に入れました。
リンゴとくるみのベーグル。林檎ちゃんから甘ーい蜜がタラリ~。
b0052320_23444865.jpg

























今日の夕飯はうちで食べる予定ではなかったのですが、
急遽、家で食べることに。困った時のカレー。
今日は久々の市販ルーで。市販はやっぱり美味しいですね。
b0052320_2352206.jpg


























市販のルーを使った罪滅ぼし?で、具は豪勢に。
たっぷりの牛すじを圧力鍋で一気にトロトロ調理し、
大きな海老と、大粒な牡蠣をソテーしてドボン。
牡蠣の出汁がとっても美味しかったです。
ちなみに私はさつま芋ご飯です。

新玉ねぎのサラダに、夫が買ってきた餃子。
今日はとても久々に「市販もの」に助けられました。


・・・

今日は午前中、隅々までいろいろ掃除し、そして允くんの幼児教室へ。
お友達と先生と楽しく遊んで、学んでお昼寝もぐっすりしました。

オンマはその間、允くんへのバレンタインを作って、
上のベーグルを焼いて、夕飯の支度して、そしてさっき夫へのバレンタインを
作り終えたところです。
ふぅ、楽しかった。
家にいる時間のほとんどをキッチンで過ごして、充実しました。

さ~、明日はバレンタイン♪
(あ、もう、今日だ!早く寝なくては!!)

夫く~ん、允く~ん、お楽しみに!!

最後に。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-13 15:20 | 家ご飯

どっぷり石岡ワールド。

先日、anjicoさんでやっと手に入れることができた
石岡信之さんの花シリーズ。

以前から可愛いな、と思っていましたが、
ナカナカ欲しいものが手に入らなくて。

今回は運良くも入荷の時期と、実家に帰る時期がちょうど重なり
お目当ての器をゲットできました。

お茶までご馳走になって・・・。anjicoさん、今回も、ありがとうございました。

一日かけて、ゆっくりゆっくり、丁寧に煮沸処理をして。
ようこそ、我が家へ。
と、待ち焦がれた器たちへの思いを深めました。

花大皿は、一目見た時に最初に思い浮かんだお料理が
何故だか、天津飯!
こんなに可愛いのに・・・もっとお洒落なお料理を初めに盛ってほしかったろうに・・・。
すみません、石岡さん。
でも、白の花びらには明るい黄色とグリーンが
きっと良く似合うと思って。
カニ身入りです。
b0052320_2222151.jpg

























花びら模様に広がった甘酢あん。
これこれ、と、嬉しくなっちゃいました。
允くんも、夫も、そして私もとてもよく食べました。
(夫のには、調子に乗ってあんをかけすぎました。)

その他、豚肉の野菜巻き(人参・ほうれん草入り。)
ほうれん草と大根おろし。
イカ豆腐。
b0052320_2216154.jpg



















イカ豆腐は、「おかずのクッキング」(2008年・10/11月号)に掲載されていた
土井善晴さんのレシピを参考にしています。
イカの風味がよーく染みた焼き豆腐、とってもとっても美味しかったです。

有名シェフや人気料理研究家のレシピ本も、いいとは思うし、
実際私も何冊か持っていますが、飽きてくるんですよね。
私は「おかずのクッキング」をよく買います。(と、言ってもたまーにですが。)
その方が、バリエーション豊かで柔軟性があり、いろんな方の様々な食材の
使い方が載っているため、とても面白いし、重宝しています。
この豆腐特集も、とっても面白かったです。

花大皿には天津飯が思い浮かんで、天津飯にはこの真鍮スプーンが
似合うな、と嬉しくなっちゃって。
作家さんの命名は「リゾットスプーン」。だけど、天津飯。
真鍮、大好き。
b0052320_22353457.jpg

























今日は一日、石岡ワールド。
カップはずっと前にanjicoで買った、石岡さんのもの。
チョコレートのような深いブラウンが素敵。
花小皿には、友人から「バレンタインだから♪」ともらった、美味しいマドレーヌ。
珈琲ではなく、抹茶葛湯と。美味しかった。
b0052320_22415994.jpg

























今日もたくさん遊んで、たくさん食べて、たっくさん愛し合って。
平凡過ぎて、平凡すぎるから、素敵な一日でした。
b0052320_22492783.jpg

























今日は、レゴのブロックを使って、빨강(パルガン・赤) 파랑(パラン・青)を
覚えました。発音も、認識も完璧です。
あと、「ゆっくり、ゆっくり。」という言葉も覚えて言えるようになりました。
その発音が面白すぎて。
次回、動画アップします。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-10 22:58 | 家ご飯

言葉にできない。

土日と、家族で実家に帰っていました。

両親の大歓迎を受けて、允くんはそのまま
ハルベとお風呂、ハンメの特性ディナー。

ゆーっくりしておいで!!
と、允くんさえいればOK!!の両親の言葉に甘えて
2人で、本当にゆっくり美味しいものを食べさせてもらいました。

記念日だし、2人だし。
普段、允くんを連れていけないところに行くのはもちろん。
でも、それより大事なのは、今私たちが何を食べたいのか。

私たちの出した結論。
中華 or 焼き肉!!
現実的~!!

どちらにしようか散々迷った結果、
彼の「焼き肉かな。」、という言葉に、内心嬉しかった私、
いいね~♪と早速お決まりの「味楽園」へ。

阪神間で焼き肉と言えば、味楽園。
お肉はもちろん、冷麺が有名。
二人とも紙エプロンをつけて、食べる気満々!

いや~、最高でした。
やっぱり焼き肉はいい。
夫婦でゆったりと語らいながら、最高のお肉を頬張る。
フレンチもイタリアンもいいけど、焼き肉は気分がハイになりますね。
(本当は鮨でも良かったのですが、夫は先日食べたばかりで。)
冷麺、最高でした。今もまた食べたい。
ご馳走てくれた実家のアボジオモニ、ありがとう。

満腹、上機嫌で帰ったら、記念日のお祝いに、と
大好きなラ・バニーユのケーキがたくさん。
紅茶を入れて、皆で楽しくケーキタイムを楽しみました。
允くんは周りでウロウロしながらケーキを狙っていました。
母は昔っからケーキを1度に2個食べる人。
あれも食べ、これも食べ、と夫と私のお皿に、
いくつもケーキを並べていました。
(↓ これ、ほんの一部。汗)
b0052320_13333424.jpg
















父がおやすみ~と寝室へ行って、允くんもオンミ~と寝室へ消え。
母と、私と、夫で2時近くまで楽しくお話していました。
途中、夫が母の肩をもんだり、仕事の話、パンの話、何故か餃子の話で盛り上がったり。
こういう時間は本当に好き。素敵な夜でした。

日曜日。
朝から皆で、美味しい珈琲店へ出かけ、モーニング。
その後、両親は允くんを連れて、王子動物へ。
私と夫は、神戸へ。

動物の中でも允くんが一番好きなのは、パンダさん。
いつか允くんが大きくなったら、パンダ見に王子動物園へ行く!!
允くんが生まれた時から、その時をずっと楽しみにしていた両親。
それがやっと実現する!という喜びを心から噛みしめているように見えました。
「ユシリを連れてった以来や!!何年振りやろ?!」と嬉しそうな父。
心に温かいものが灯った瞬間でした。

私と夫は、車で神戸に向かう途中、anjicoへ寄ってもらいました。
取り置きしてもらっている器をいただきに。
器に関してはまた後日、ゆっくり語りたいと思います。
この時点でホカホカに満たされていたのは事実。

まだ少し時間があったので、六甲山から行こう!とはりきる夫。
山道をドライブしながら、私たちが幾度とデートを重ねてきた夜景スポットを通り
三ノ宮へ到着。夫は私を降ろしてホテルへと向かいました。

今日会う約束をしていた、友人2人。
大学に入学して、初めて同じ部屋で1年間一緒に生活したSと、S。
住んでいる場所は皆バラバラだけど、偶然、この日に3人が神戸にいることが判明し。
ものすごく、ワクワクした気持で待ち合わせの場所に向かいました。
この再会が嬉しすぎて、涙がでそうでした。

一人のSは、私が実家へ帰ってくるとちょくちょくあっているのですが
もう一人のSは本当に本当に久しぶり過ぎて。
ずーっと顔を見つめてしまいました。そしてホッとしました。

さんちかを歩きながら、お腹空いたね~!と、ランチは行きついた国際会館、
最上階のトゥーストゥース・ガーデンレストランへ。

募る話が多すぎて、話があちこちへ飛びまくり。
それでも、大学の4年間、衣食住を共にしてきた彼女たちとの時間は
本当にキラキラ、ギラギラしていました。
ブラブラと、可愛い神戸の街を歩きながら、
ティータイムはイグレックプリュスへ。
b0052320_13593854.jpg

















実はランチのコースにデザートがついていたんだけど、
何の迷いもなく、3人はそれぞれケーキを注文して。
私は珍しくミルフィーユを。
サクッサクッ・・・。美味、実に、美味。

・・・

大学卒業後もずっとずっと仲良しの私たち。
「親友」と呼べるラインはどこだろう、と考える余地もなく、
彼女たちは私の大切な大切な親友で。

「またすぐに会える気がして、悲しくないよね。」

「同じ家に帰る気がするよね。」

歩きながらそれぞれ、こう口にしていたけど、
帰り際、手を振るのが寂しすぎて、私は振り返らずに帰りました。

繊細だけど明るくて、どこまでも文系で、個性的で。
感受性が強くて、だからこそもろくて。
そんな私たちの所謂、共通点を、いつまでも大切にしていたいとそれぞれに思っている。
大好きな彼女たち、言葉にできないくらい大切な友。

別れた後、彼女たちからのメールがその気持ちを深めさせるのです。

・・・

結婚式帰りの夫と、合流して允くんと両親が待つ実家へと帰りました。
動物園で初の生パンダを見た允くん、大興奮だったそうです。
自分の言葉で「パンダさーん、ゆった。」「ゆんくんでーす、ゆった。」「はい!ゆった。」と
その日の出来事を報告する息子の愛らしい姿。
そして、パンだとは無関係の「おまちゅり、いった。」という、彼にしては
難しいこの文章を、僕、ちゃんと言えたという誇らしい表情で何度も繰り返す息子。

友人たちとのランチで、夫は結婚式で、たらふく食べてきたにも関わらず、
母の用意していた、美味しいご馳走を、パクパクと食べる夫婦。
もう、どうにでもなってくれ、という感じです。汗

どうにでもなれついでに、食べ物画像。
久々にコムシノワでパンを買って来ました。
独身時代はよーく買って食べたな。

さすがに胃が重かったので、朝食は、バタールを。
(あ、朝食抜きってのはあり得ません。)
b0052320_14182571.jpg



























コムシノワのバタール、ひっさびさに食べたかも!!
バリバリ!!っと豪快に行きましょう。
ハード系が美味しいパン屋は間違いなし!
やっぱり美味しい~。

そして棒のクロワッサン。
b0052320_1422012.jpg

























素敵な断面。私もこんなのが焼きたい。
b0052320_14221612.jpg



















これは夫が今日のランチにぺろりと1本食べました。
b0052320_1423152.jpg




























妻は允くんを寝かせて一人でゆっくりデニッシュタイム。
コムシノワと言えば、デニッシュ。
美しいし、美味しいし。
中には桃も入っていました。カスタードが口に入ってきた瞬間、
その程よい甘さに、「んもう。」とつぶやいてしまいました。
※皆さん、私を嫌いにならないでね。笑
b0052320_1427279.jpg

























普段、パンやさんでデニッシュ系を買うことは滅多いにないけど、
コムシノワに限り、店内に入ると、まっさきに向かうのがデニッシュ系の置いてある場所。

素敵なパン、それがコムシノワ。
やっぱり、神戸が好き。

いつものことながら手土産をたくさんもらって、京都に帰って来ました。
この2日間、満たされすぎて、両親の愛がありがたすぎて、何も言葉に出来ないんです。

「パンダさんいった、ハルベと、オモニと。」允くんは、今朝から何度もこう言っています。
完全にハンメからオモニに変わってしまったようです。
b0052320_142937100.jpg

























ハルベ・オモニが買ってくれたパンダ親子のお人形。
「あかちゃ~ん。」と言いながら「チュ」っとします。

宝物がまた一つ、増えたね、允くん。
b0052320_14351978.jpg

































最後まで読んでくれてありがとう。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-09 14:38 | パン・おやつ

幼児教室へ。

木曜日、結婚記念日の当日は、夫が
また可愛らしい仕掛けをしつつ、ケーキをプレゼントしてくれました。

あぁ・・・マールブランシュのモンブランに勝るものなし。
とため息をはきながら食べました。美味しすぎました。
紅茶はマリアージュの、フルーツ・ルージュ。
b0052320_13543166.jpg


























そして昨日は、允くんの幼児教室、初日。
最近ブームの「おかばん」を何度も何度も繰り返し言いながら、
本人も超張り切りモード。まぁ、どこへ連れて行かれるのかわかっていないんだけど。笑
ポカポカと温かい縁側は、彼の大好きなポジション。
今日、僕、頑張るよ。
b0052320_13564227.jpg

























彼にとっては初めての先生。「チェンチェイ!」と嬉しそうに見上げる姿が
とても印象的でした。
ここはマラソン教室か?!というくらい、教室内を走り回る允くん。
でもうさぎさんにお布団をかけて、トントンしてあげたり、シールを上手に貼れたり。
初日にしては自然に馴染んで、楽しんでいるように見えました。
(顔のパーツを言うとき、お鼻とお耳はハングルで言っていました。
確かにハングルの方が短くて言いやすいものね。)
帰りには、幼児教室の教材が入った大きなおかばんを、
一生懸命小さい背中に背負って、嬉しそうに、先生に深々とお辞儀していました。
母はウルウル・・・。

また来週も頑張ろうね、允くん。


節分前日、夫と允くんと3人で吉田神社に節分祭に行ってきました。
吉田神社の節分は、何しろ規模が大きいので、出店の数も半端じゃなく
人も多いこと!!去年は允くんが風邪気味だったので、彼にとっては初の節分祭。

アッパとオンマもお祭り(というか食べ物。)大好きですが、今回は
允くんが、きょろきょろしながら「肉!肉!!」と食べ物を催促しては
お好み焼きや、焼き鳥、とにかく何でもかんでもアッパとオンマの手を掴んで
自分の口に運びいれようと必死でした。笑
おもちゃやお面を欲しがる様子もなく、ひたすら食べ物に集中していました。
やっぱり私たちの子だわ。笑

・・・

話が飛びますが、夕方になると,我が家のお庭では、
こういう光景がよく見られます。
b0052320_14103217.jpg



















お義母さんが置いて行ってくれる、採れたてのお野菜。
この日は大根、小松菜、ラディッシュ、ブロッコリー、白菜、おねぎ、でした。
この他にも、ホウレンソウ、水菜、レタス、サニーレタス、ベビーリーフなどなど。
近頃、野菜なんて本当に買っていません。
本当に柔らかくて、美味しいんです。新鮮、新鮮と言う言葉を今まで何度も聞いてきましたが
どんなに高いお野菜を買っても、お義母さんのお野菜には、全くかなわない。
いつまでたっても元気だし、ブロッコリーやほうれん草、水菜なんかは特に。
売ってるものとは明らかに違います。究極の贅沢かも。

こんなに美味しいお野菜を作っているお義母さんですが、どっからどう見ても
畑仕事をしている女性には見えません。綺麗だし、驚くほど色白だし、お洒落だし。
「畑の帰り。」というお義母さん、素敵なブーツに、綺麗なスカート、そして革のコート。
・・・
オモニ、その恰好で?と、いつも驚かされます。
いいな~、こんな歳のとりかた。
とてもとても魅力的な女性です、お義母さんは。

・・・

明日、夫は神戸での結婚式に出席するので、私も允くんも
便乗して、今日から3人で実家へ。
そして今日の夜は、允くんを実家の両親に預かってもらって、
私たちは夫婦で、結婚記念日のディナーへ♪

明日、私は夫を式場まで送って行き、結婚式の間は、神戸で友人たちとランチの約束♪
允くんはハルベハンメとラブラブな時間。
それぞれにとって有意義な一日となりそうです。

午前中遊びまわって車の中で寝てしまった允くん。
オンマは一人でゆーっくりランチタイム。
冷凍庫にあった小さい貝柱を使って、クリームソースを作りました。
何となく、クリーム系のパスタが食べたかったので。
イカリライクスのミルクハニーパンと一緒に。
b0052320_14184010.jpg

























夜、ご馳走なのに、パスタ130gも茹でてしまいました。
(ま、確信犯ですが。汗)
朝ごはんを6時台に食べるので、11時の時点でペッコペコなんですよね、私。
あー、お腹いっぱい!

もうすぐ彼が帰ってきたら、允くんを起こして神戸へ出発です。
それまで運動して(何の?!)お腹空かせなくっちゃ。

あ、先日、京都へ来ていた母を京都駅まで送った帰り。
雨がザーザーと降っていたので、何となく行きたくなった草星へ。
このお店には余計な物がない。
器たちと古時計だけが、ただ静かに息をしている。
だからそんなお店に敢えて雨の日に足を運びたくなった。
通り道だったから、というのもあるけど。
ふらっと入ったときに限って出逢うものだ。

ちょうどいい大きさのミルクピッチャーに出逢えた。
形もコロンと好きなライン。色もいい。
田谷直子さん作。b0052320_1451140.jpg




























このカップとソーサーにとても馴染んでいる。
近頃、こういう色合いがとても落ち着く。

濃いコーヒーのブラックを3口程楽しんだ後に
熱々のミルクを入れてカフェオレにする。
きなこドーナツと、とてもよく、合う。

今日は話があちこちに飛んで・・・まとまりないなぁ、と思いつつ。
書き留めておきたいことは書いとかなくちゃ、そう思ってあれこれ
思い出すがままに綴っています。

車を洗車に出してる間、夫の実家で遊んできました。
いつの間にか、玄関までのこの階段も一人でヒョイヒョイ。
上っている間は「ハルベ、ハンメ。」と何度もブツブツつぶやいています。
b0052320_14273083.jpg




























皆様、素敵な週末を。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-07 14:33 | 允くん