<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

このブログのトップに出ている写真。
允くんが、私の指をギュッと握りながら
スヤスヤ、幸せそうに寝んねしている写真。

先日、銀行のフォトコンテストに応募したら、
見事、入賞しました。
賞品をもらえたことより、允くんが生まれて初めての
「賞」をもらったことが、一番嬉しかったです、親として。
そして見ている違うお客さんに「すごくいい写真やね。」と
たくさん言ってもらえたことが、本当に嬉しかったです。
写真は大きく引き伸ばしてパネルにしてくださいました。

允くん、大きな記念を作ってくれてありがとう!

写真のタイトルは「絆」です。

b0052320_912443.jpg











できれば、できることならば、この写真のようにずっと、ずっとずっと
允くんの手を握っていたい、允くんに私の手を必要とされたい。

でもいつか、彼は大きくなって、私の手を必要としない時がくるだろうし
私ではない、他の誰かの手を必要とする日が必ず来るでしょう。

ふと、遠い未来のことを想像しては寂しくて、
心がきゅんと音をたててしまいそうです。

でも、この子を産んだ母として、私はそれだけで幸せで。
自分の手を、力を信じて、たくましく生きていける強い人間に育って欲しい。

だから私は母として、この上ない愛をたっくさん注いで育てて行こう。
世の中でもっとも強くて尊い関係は親子だから。

絶対になくならないものは、目に見えないものだと思います。
深くて、美しくて、絶対的。
「絆」。
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-30 09:32 | 允くん

美味しいブログ

君のブログは允くんか、食べ物しかないんか!と突っ込まれそうですが、
まぁ、そうですね。否定はいたしません。

近頃食べた美味しいものたち、忘れる前に残しておきます。
トップバッターは九十九堂のパンたち。

b0052320_2136164.jpgb0052320_21361286.jpg
















あ、申し遅れましたが、私仕事復帰したんです、韓国語のレッスン。
仕事復帰と言うととても大げさに聞こえますが、生徒さんに自宅まで
来てもらってるので、とーっても楽させてもらってるんです。
生徒さんがレッスンにこられる際、いつも手土産を持ってきてくれて。
だから我が家には定期的に美味しい物がやってくるんです。

このパンたちも生徒さんからの頂き物。たっくさん頂いて、旦那様の実家に
おすそ分けしました。クリームパンで有名な九十九堂のパン。
頂いたのは京都限定の栗クリームパン。あんぱんにはバターが一切れ乗っていて
中のあんこもご覧の通りです。ここのクリームパンのクリームは、
シュークリームのクリーム、と言ったらわかりやすいでしょうか。
バニラビーンズのきいた、やわらか~いクリームです。美味しい。
(後日、私はこのクリームパンで乳腺炎になったのでした!)
美味しすぎて止まらなかった…はぁ、学習能力ゼロ!!

お義母さんが、若かりし頃、授乳育児中はお腹が空くので、決まって
カステラと牛乳を買い置きしてあったよ、という話を聞いて。
何故か「カステラ」という言葉が頭から離れず…食べたくなっちゃって。
カステラだけをわざわざ買いに出かけちゃいました!という話を
お義母さんとお義姉さんに話したら。

b0052320_21414655.jpgお義姉さんがこんなに上等なカステラを
届けてくれました。
パティスリーオオマエの
カステラケーキです。

直径20センチ以上の大きさ。
リッチなカステラ!という感じ。

おっぱい詰まりませんように!と
お義姉さん。皆、なぜそんなに優しい!

カステラ話を熱弁していた私・・・
ただの食いしん坊な妹ですよね。
トホホ・・・。
牛乳との黄金コンビで頂きました。


b0052320_21515815.jpg実家に帰った際、お世話になっている
お向かいのおばあちゃまから頂いた
奈良・たなかの柿の葉寿司。

いつもとびっきり美味しいものだけを
届けてくれる、足長おばあちゃま。

柿の葉寿司の中ではたなかが一番。
鯖・鮭・鯛の3種類が入っていました。
やっぱり鯖が一番美味しいかな。

この食べやすいサイズは危険です。
パクパク・・・食べ終えた後の
柿の葉を見て驚いてしまいました。



b0052320_22233710.jpg先日、多治見に住む親戚が

手土産で持ってきてくれた

恵那寿やの栗きんとん。

すやよりもしっとり感が少なくて

結構しっかりした感じですが

美味しかったです。

またまたパクパク、パクパク

4つ、5つ軽く食べてしまいました。


b0052320_22555342.jpgこれは、お友達が遊びに来る

前日に焼いておいたスコーン。

スコーン、久々に焼きました。

簡単なのに美味しいですよね。

私は昔からスコーンが大好きです。

授乳中のママ達ばかりだったので

クリームやバターは省いて

ジャムを3種類用意して食べました。


b0052320_22583373.jpgある日の朝食。

朝からチキンと帆立の

グラタンと柳月堂の

くるみパン。ヤクルトも。

エミールアンリの一人用

グラタン皿は大活躍。

b0052320_2315230.jpg私は牛より豚より何より鶏肉が好き。
小さい頃から。どの部位も好き。
焼き鳥や、丸焼きチキンや、
とにかく何でも好き。

鶏ももはいつも冷凍庫にあります。
鶏が私ほど好きではない旦那様に
美味しく食べてもらう為に
味付けを工夫しました。

手作りマーマレードと
マイユの粒マスタードのソース。
好評でした。私も好きな味付けでした。
いつもと違った味に喜んでもらえると
ホッとする&よし!と思います。


b0052320_2375015.jpg一番美味しそうな

我が家の王子様☆

アッパオンマは

いつもあなたを

食べたくて食べたくて

仕方がありません。
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-27 23:10 | 家ご飯

秋の日の親子。

ふと空を見上げると、悲しいくらいに真っ青で、
芸術的なくらいきめ細やかな雲が広がっている
そんな、美しい季節です。

またまた実家に帰っていました。
実家の両親はこの日を指折り待っていて、それはもうお祭り騒ぎ。
短い滞在でしたが、終始目じりが下がりっぱなしで允くんとの貴重な
時間を、これでもかと言うほど楽しんでいたように見えました。
ご馳走を食べさせてもらって、またまたたっぷり食料を持たせてもらって
そして允くんの服も買ってもらって、10月の実家あらしが終了したのでした。
また来月、荒らしに行きます。笑

私と允くんは最近、お義母さんと、お義姉さんと4人で
よく、お昼にランチ&お散歩することが多くなりました。
グルメなお二人は、いろんな場所へ連れて行ってくれます。
先日はうちのすぐ近くにある、フレンチアラジャポネーゼ さかい
一番ボリュームのあるランチをご馳走になり(笑)
そして昨日はしょうざんで中華料理のランチを頂きました。
アラジャポネーゼ さかいはお昼はフレンチ、夜はなんと和食やさんに変身します。
そんなに堅苦しくない雰囲気が心地よいお店です。

これから紅葉の季節。京都は観光客でゴッタゴッタごった返す時です。
もし、京都に来られる予定がある人は、是非上で紹介したお店に
足を運んで見てください。特にしょうざんの紅葉は、おすすめです。
去年の秋、允くんがまだお腹にいる頃。
よくお義母さんがここへ連れて来てくれて、美味しいものを食べさせてくれました。
真っ赤な紅葉の道をゆっくり踏みながら、いろんなお話をして歩きました。
私は白のカーデガンを羽織って、ずっとお腹をさすりながら歩いていました。
しょうざんへ来ると、妊婦だった頃の自分に舞い戻った錯覚に陥ります。
あれからもう、1年が経とうとしています。

***********************************************************

先週の木曜日。
ベビーマッサージで知り合った友人2人が、うちへ遊びに来てくれました。
それぞれ、美味しい手土産を持ってきてくれて、物より、その気持ちが嬉しかったです。
一人は、「京都のパン」と言えば、絶対にはずせなくて、
パン特集の雑誌には必ず載っているたま木亭のパンを。
そしてもう一人は、私の乳腺炎を気遣って、「ママヘルプブレンド」と言う名の
綺麗なハーブティーを、それぞれお土産に持ってきてくれました。
どちらも私にはありがたすぎるお土産でした。後日、画像アップします。

この日、私たちママは、月齢の近い小さな3人の天使を見ながら、目を細め
前日に作っておいたスコーンとバナナケーキを食べながら、ぺちゃくちゃと
たくさんたくさんお喋りして笑って。
「母」としての時間の楽しみ方を味わった気がしました。

允くんも2人の赤ちゃんに会って、とっても嬉しそうで。
しかもその中には美女もいるし。笑
一人だけ縦向きにコロンしているのが、允くんで、ピンクのカワイ子ちゃんが
われ等がアイドル、ちかちゃん。そしてちかちゃんに髪の毛を触られているのが
最近、急成長を成し遂げている美男子、隼人くん。
みんな本当に大きくなった。お母ちゃんは泣けてくるよ!!

b0052320_9484339.jpg












きっと、ずっとつながっていくであろう、3人さん。楽しい時間をありがとう!
これからも私と允くんをよろしくね。また遊びに来てね!!

さて、允くんですが。離乳食を始めて以来、
「食」に対する興味が日に日に強くなります。
b0052320_955371.jpgテーブルから

旦那様が撮っています。

・・・

見てます。

グイっと腕を伸ばして

見てます。笑

b0052320_95757.jpg数分後、ちょっぴり

すねています。

そして考えます。

どうして僕だけ

もらえないのかと。

ふん、いいもん!

b0052320_9595392.jpgでもやっぱり

ちょっと気になっちゃう。

チラッ。

あ、撮られちゃった。

アッパ、僕にも

ちょうだいってば。


*******************************************************************************

b0052320_1015479.jpg顔も声も表情豊かに。
先日、法事があって、
大人たちがあやしているとケラケラ笑いながら自分でも止まらなくなって何も言わなくても一人でケラケラ笑っていました。そんな允くんを前に大人たちは、愛しさと面白さのあまり転がっていました。


b0052320_1091364.jpgアッパの絵本の時間。
すごい集中力。
まだ小さい彼は、読み終えた後の感想や反応がないので、終わった後、2人でしーんとしていました。その姿が、何とも切なく、可愛く、面白いこと!!旦那様はその後、絵本を反対から読み始めました。謎・・・です。笑

允くんがいる、全ての場面、全ての瞬間が本当に愛しくて楽しくて仕方がありません。
最近夜の寝つきが悪かったり、何でもお口に入れようとしたり、
どんどん手がかかってくる時期ですが、それ以上に允くんに
もっともっと近づきたい親心がどんどん大きく膨らんでいきます。
だから大変だなんて、全く思えないんですよね。


b0052320_10184557.jpg毎日毎日、允くんにまとわりついて

いろんな角度から写真ばかり撮って。

寝ている時も允くんの周りをウロウロ。

私はこんな風に、

「オンマ」を楽しんでいます。

允くん、允くんのおててのような

もみじたちが、真っ赤に紅葉したら

アッパと3人でたくさんお散歩しようね。
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-23 10:23 | 日々のこと

離乳食始めました。

5ヶ月を迎え、家族の喜びと期待を大いに背負って、
ついに允くん、離乳食をはじめました。

初めての「あーん」はもちろんハルベ(おじいちゃん)。
そして初めてのメニューは、美味しいお米でことこと炊いた、おもゆ。
お義姉さん、允くんのお伯母さんが作ってくれました。

b0052320_13442569.jpgはじめは、きらきら光る
小さな純銀スプーンを
じーっと見つめていた允くん。
ハルベが優しい声で「允く~ん。」と言うと
お口をあーんとあけて、ペロペロし出しました。
拍手と歓声とで、家族中大騒ぎです。
「これからいっぱい食べて大きくなるのよ。」
みんなが口を揃えてこう言いました。
允くん、嬉しいね、ありがたいね。
允くんの周りには、愛が溢れまくってるね。

b0052320_13503346.jpg離乳食をはじめてから
こうして食事中の
アッパオンマを
凝視するように。

食卓の椅子の隙間から
こちらを見ています。
あまりの可愛さに
こちらも允くんを見ています。そして撮っています。


***************************************************************************

先日、お義姉さん家族が子供たちを連れて、
インスタントラーメン発明記念館に行って来たそうです。
チキンラーメンやカップヌードルで有名な、「日清」の博物館。
実際にラーメンを作ったり、具を調合したり、すっごく楽しかったみたい。
そこで、お土産に子供たちが作ったカップヌードルと、允くんにはあのひよこちゃんの
お人形を買ってきてくれました。このひよこちゃん、允くんに似てる、とのことです。笑
よくよく見ると、なるほど、似てるかも。毛が少ないしとことか。

b0052320_13543035.jpg2人で仲良く相談中。

真剣な表情で

何をお話してるの?

ぴよぴよ~

あ~う~。




b0052320_1433863.jpg私がクリームパンを食べた日の夜。

允くんはこんな表情をして

おっぱいを飲むのを嫌がりました。

次の日の朝、的中。

またもやおっぱいが大変なことに。

せっかく頂いたし・・・と油断したのが

間違い。助産院へ駆け込みました。

彼はちゃんと「味」をわかっています。


マッサージを終えて帰ってきて、允くんはお昼寝。
目覚めたらこんなに可愛い表情で笑っていました。
そしておっぱいをぐびぐびたくさん飲みました。
またもや反省。オンマ、しばらくは本気で粗食頑張ります。
b0052320_14163767.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-17 14:18 | 允くん

食欲の秋~~~~!!!

べたなタイトルですが、文字通り、本当に食欲がブクブクと沸いています。
近頃の美味しいものをいくつか。

b0052320_09057.jpgまずは、レ・フレール・ムトウの明太子フランス。
ひつこいけど、本気で美味しいです。
ここの明太フランスは、予約しないと
ゲットできないほどの人気で。
ないやろうね、と諦めモードで店内へ。
ありました!焼きたてが!奇跡。
旦那様と、2人でバスケットにあった
すべてを買い占めました。笑
「冷凍、冷凍」とぶつぶついいながら。
食いしん坊夫婦、鼻息荒すぎ。
朝食タイム。允くんを見られるように
並んでモグモグ。最近、美味しい
ホットコーヒーにはまり中。(そして妻はエスプレッソマシーンをおねだり中。)

b0052320_0162163.jpg山菜栗おこわ。
栗は、お姉さんと子供たちが
栗拾いに行って採ってきた
大きな大きな栗。
とっても甘くてホクホクで。
旬の味を楽しめました。

旦那様は栗ご飯に興味なさげ。
こんなに美味しいのに~?
向こう側に見えるのは、
さつまいものはちみつバター煮。
とんかつ。
本当に秋って美味しいものが
たくさんありすぎる。


b0052320_0212817.jpgこの日、旦那様は
とんかつを普通に半分食べて
半分は前日のカレーで
カツカレーをして食べました。
美味しい和牛のすき焼き用肉を
ふんだんに使った甘口カレー。

元々私は辛口派ですが、
結婚してから旦那様用に甘口が
主流になりました。甘口も◎。
旦那様はとっても気に入った様子。
カレーのお肉は、かたまりよりも
すじ肉や、和牛の美味しい
すき焼き用を使うのが好きです。
2日目はお肉が溶けています。

b0052320_0272766.jpg寒くなってくると、食べたくなるのが
シチューです。私は絶対白。
ビーフシチューは、洋食屋さん以外で
食べることはまずありません。
家ではホワイトシチューに限ります。
彩りに、ブロッコリーを入れようとしたら
冷蔵庫になかったので、
代打のミニアスパラ。

鶏肉が見えないほど、コーンがたっぷり
入っています。旦那様が喜びます。
いわゆる、オコチャマ舌、なのです。
私は基本的に玄米ご飯。
最高に美味しい。


b0052320_0312966.jpgグランディールのベーグル。
グランディールは個人的に
とっても好きなパン屋さん。
店構えも可愛いし、パンの種類も多いし
サンドイッチも美味しし、
デニッシュ系も◎。

でも最近、ここのベーグルが
非常に美味しいことに気がつきました。
どの味も美味しいです。
これはチーズ。
くまちゃんのマグカップは
イギリスのハロッズで買ったもの。
カフェオレにしてたっぷり飲みたい時
このマグカップを出して飲みます。


b0052320_0423949.jpgある日のおやつ。

一応、チョコは避けてます。

・・・一応。

出町柳にある「ケーキハウス」の

抹茶ババロア。

頂き物です。

箱を空けたらひっくり返っていました。

お皿の上でどうにか耐えてます。笑


b0052320_0375222.jpg最近、手の動きが、
とても繊細で上手になってきた
允くん。おもちゃを摘む手も
「これをつかんで遊んでる」という
意識がちゃんと表れた動かし方を
しています。
抱っこすると、私の顔を「てんてん」と
小さな手ってで触ります。

むちむちですべすべで真っ白で。
允くんのおてて、
ずっとずっと握っていたいな。

「てんてんてん」オンマを呼ぶ
その感触、一生忘れたくないな。

b0052320_047367.jpg


允くん、おいで。

オンマ、抱っこしよう。
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-12 00:49 | 家ご飯

秋旅行

先週末の連休。
私家族はずーっと一緒にいました。

私ももちろん嬉しかったけど、何より允くんとずっとずっと過ごせたアッパが、
アッパとずっとずっと過ごせた允くんが、とても幸せそうに見えました。

連休の間、またまたゴルフへ行ったり、美味しいものを食べたり。
この季節はどこで何をしても、本当に気持ちが良くて、たくさんたくさん
深呼吸したくなります。そして今から京都がもっとも美しい季節を迎えるのです。

b0052320_11145261.jpgアッパが大好きなゴルフ。

僕も大きくなったら、

アッパと一緒に

ゴルフするんだ。

今はオンマと見てるだけだけど。

アッパ、僕のゴルフセット、

かっこいいの買ってよね!

僕、ちょっとあんよがスリムになったよ。


b0052320_11171355.jpgそして5月7日。
この日は旦那様が
長浜まで小旅行に
連れてってくれました。
その前に、家の前で
記念撮影。私たち家族は
毎月7日に、こうして
家族写真を撮ります。
この日で允くん、
生後5ヶ月を迎えました。
おめでとう、允ちゃん。

b0052320_11213985.jpgオンマ~、

どこ行くの?

アッパ~、

安全運転ね~。

そしてちょっと

おなかが空きました~。


この日はまさに、抜けるほどの秋晴れで、長浜は大勢の観光客でにぎわっていました。
元々この地域は城下町で風情があり、主にガラス工芸が有名で、いろんなお店があって
歩くだけでも楽しいのですが、この連休はいろんな作家さん(陶芸家や画家など)の
大きな展示イベントが街中で行われていて、特にたくさんの人が訪れていたのでした。

駐車場に車を停めて、ベビーカーを出すのかと思いきや、何やら違う様子の旦那様。
「今日は俺が一日中抱っこする。」と抱っこ紐を装着しているのです。
離れたくないんです、允くんと。
「重いよ?肩痛くなるよ?」と私が言っても、「いいねん。」とせっせと抱っこ紐を調整中。
なんだか可愛らしくて、笑ってしまいました。

真っ青な空の下、爽やかな風の中。
小さな小さな我が子を胸にぎゅっと抱く旦那様と、
その旦那様の腕にぎゅっとつかまる私。
違う街でも、私たちはこんなにも幸せで、「何にもいらない」と思いました。

ぶらぶら観光し、ちょこちょこ食べ歩き、ビデオを撮り、写真を撮り。
この地域の名物、鯖寿司を旦那様の実家のお土産に買いました。
ちなみに旦那様は、必ずと言って良いほど、みたらし団子を食べます。
私はみたらし団子があまり好きではないので、違うものを。
允くんは、むしゃむしゃ食べるアッパオンマをじーっと見つめながら
自分の指をちゅっちゅちゅっちゅと美味しそうに吸っていました。

ある作家のブース前で、旦那様が足取りを止めました。
逆さまから筆で字を書くという、変わった作家さん。
ブースには、たくさんのいい言葉たちが、それぞれ葉書になって
個性的なタッチで書かれてありました。
「好きな文章があれば、書きますよ。」

普段、文章なんてあんまり考えない旦那様。
允くんのために、残してあげたいと言いました。
じっくり、一生懸命考えていました。
そして照れくさそうに、私の耳元で言いました。
書いてもらった文章は、今、我が家の玄関に飾ってあります。

b0052320_11402737.jpg私にも抱かせてよ!

取り合いした結果

駐車場までだけ

抱かせてもらうことに。

やったね♪

本人は迷惑そう。


b0052320_11432711.jpg人気のお蕎麦屋さんの前で空席待ち。

允くんは疲れたのか

眠ってしまいました。

寝顔を2人で眺めながら

「やばいね。」と、親バカな

会話を楽しんでいたのでした。

アッパ、ありがとう。

とっても楽しい旅でした。


b0052320_11455947.jpg

[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-10 11:47 | 日々のこと

もういいかい。

近頃、私たちが食事中、またはティータイムを楽しんでいると
それをじーっと見つめながら「たら~」っとよだれを垂らしたり、
一緒になって、小さなお口をモグモグ、舌をペロペロさせている允くん。

「僕も、食べたい」のサイン。
離乳食GO!!のサインです。

b0052320_9495952.jpg











「もう限界~。ちょうだ~い。」

産院や保健所では、半年間は母乳オンリーでOKと言われています。
OKどころか、母乳だけにして下さい!と断言されています。
ベビーマッサージの先生も同じく。私もできれば半年が過ぎるまでは
母乳だけにしよう、そう決めてあったのですが…。

允くんが生まれてから、旦那様の実家に行く度に、允くんを抱きながら
「お茶はあかん?白湯もあかん?」と小さなスプーンを持って
私に聞きに来られるシアボニム(お義父さん)。
その度に、シオモニム(お義母さん)が、「今は昔と違うんやから、
母乳だけでいいの!」と私の代わりに答えてくださるのでした。

シアボニムは自分の手で、允くんに与えたいんです。
允くんを抱きながら、スプーンで「あ~ん」してあげたいんです。
あげたくても、悲しかな母乳は母親だけしか出ないし…笑
シアボニムの気持ち、とってもとってもよくわかるのですが
今は、「白湯」という言葉すら出ない時代で、何よりも
母乳が一番の栄養であり、水分補給とされている、そんな方針。

允くんは私たちの子供だけど、母親の私が全部決めます!!とは
やっぱり言えませんよね。だってこんなに愛されて、愛されすぎているんですもの。
シアボニムの気持ちも、大切に尊重したいなって思うんです。

本当に、シガチプへ行く度に「お茶は?果汁は?」と私の目をまっすぐ見ながら
聞いてくるんです。毎回!!あまりにも熱烈なので、私は本当に胸が温かくなって、
(そしてちょっと面白くて)いつも自然に笑みがこぼれてしまうのです。

b0052320_9304513.jpgそんなある日。

シオモニムが「これアボジからよ。」と
ニコニコしながら紙袋を下さいました。

中にはウェッジウッドの可愛い箱が

2つ。ベビー用のディッシュとカップです。

もちろんちゃんと、陶器です。

アボニム~~!!!!!(><)
声が出ないくらい愛しい気持ちになりました。



b0052320_938643.jpgそしてこれは、以前、シオモニムと
2番目のシヌ(お義姉さん)が
オランダへ旅行した際、

允くんにと買ってきてくれた、
純銀製のファーストスプーン。

オランダはミッフィーちゃんの
生まれ故郷ですね。

ディック・ブルーナ博物館で
買ってきてくれました。

日本人だらけだったそうです。
・・・笑


b0052320_943194.jpg允くん、
家族みんなが
早く、允くんに
「あ~ん」
したいんだって。

ポチャポチャ允くんを
ぎゅっと抱いて
「あ~ん」
したいんだって。
幸せだね、允くん。


昨日、シガチプでまたご馳走になりました。
地鶏のすき焼きです。(牛じゃなくて良かった…。まだちょっと怖い。笑)
すき焼きを囲みながら、シアボニムに言いました。
「10月7日、允くんの5ヶ月が来たら、離乳食始めますね!」
アボニム。
「・・・来週か!!」と嬉しそうに允くんにスリスリしてらっしゃいました。

b0052320_9492619.jpg允くん、

ハルベに、一番最初に

「あ~ん♪」

してもらおうね。

ハルベの喜ぶ顔、

早く見たいね。
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-05 09:55 | 允くん

不思議で素敵な出来事

私、乳腺炎になりました。
ついに、なってしまいました。

允くんを産んでから今まで、おっぱいや母乳のトラブルなんて
1度もありませんでした。食生活もそれなりに気をつけてきたつもりでした。

しかし、私は乳腺炎になってしまったんです。
何事にも原因があるんです。
私には思う節がありました。

日曜日。
家族で允くんの秋服を買いに高島屋へお出かけに行きました。
外出するとどうしても甘いデザートが食べたい。

私も甘いものが好きで、旦那様も好き。
旦那様が「ベルギーチョコレートパフェ」という文字を見つけ出し
私に報告にしに来ました。甘いものの中でもチョコは母乳の天敵。

わかっていたけど、わかってはいたけれども、食欲の秋・・・。
誘惑に負けて、食べてしまいました。家に帰って、自分で焼いた
バニラシフォンケーキも食べました。
その日の夜は旦那様の実家でホルモン鍋をご馳走になりました。

・・・。

頭では「絶対よくない。」とわかってはいたけど、
「今まで何を食べても平気だった。」という傲慢な気持ちが
心のどこかにあったんだと思います。

そしてタタリは、しっぺ返しはちゃんと、やって来ました。
日曜の夜から、胸がちくちくするな~と気になっていたのですが
痛みを感じるまではいかなかったので、そのまま眠りました。

次の日の朝。
朝、パジャマを脱いで着替える時、鏡に移った自分のおっぱいを見て、
一瞬目を疑いました。「・・・え?」

左胸が、右胸の倍の大きさに腫れ上がり、乳腺がまるで
でこぼこ道のように、ボッコボコに盛り上がり、赤みを帯び、
触れると熱くなっていたのです。

昨日ちくちくだったのが、時間が経つにつれ、ズキズキへと変わり、
耐え切れず、允くんを産んだ大学病院へ電話を入れ、すぐに診てもらうことに。
触れると痛すぎて、允くんを抱くことすらできませんでしたが、どうにか病院へ
たどり着けました。

助産師さんも私のおっぱいを見て、びっくり仰天。
「チョンさん、すんごいことなってるやん!!大変や!!」
数十分間、マッサージをしてもらいながら、「これは頑固やで~長引くよ~。」
2日に1回くらいのペースで来てもらわないとね。」と助産師さん。
いくらマッサージをして、詰まった母乳を出せど出せど、なお良くならず。
とりあえず、炎症止めの薬を処方してもらい、家に帰ってきました。

痛みは一向に引かず。
允くんはいつもと変わらず、おっぱいをぐびぐびたくさん飲みました。
痛い・・・痛~い!!でも頑張らなくちゃ。そう思えば思うほど、
悲しくなって半分泣いていた私。心配する旦那様の隣で
痛いのを堪えて、1時間も2時間も搾乳していたのでした。
「治れ、治れ、允くんのおっぱい・・・」とつぶやきながら。

ところが。

普段、夜中は3時か4時ごろに1回だけ起きる允くん。
今日は、何故か1時間に1回くらいのペースでチョコチョコ、チョコチョコ起きては
おっぱいをせがむのです。起きておっぱいを吸って、また寝ておっぱい吸って。
本当にこんな事は、今まで1度もありませんでした。
何でやろ~と思いながら頭がボーっとしたまま、朝が来ました。

すると。

私の左のおっぱいは、フワッフワになっていたのです。
昨日のぼこぼこおっぱいが嘘のように。
まだ眠っている旦那様を起こして、「治ってる!」というと
旦那様も「ほんまに?!」とびっくり。

允くんのおかげです。
允くんが、一晩中眠らずに、オンマのおっぱいを治してくれたんです。
こんな事は初めてでした。

なんとも、私の乳腺炎は、あっけなく1日で治ってしまったのです。
不思議だけど、とっても、とっっっても素敵な出来事。

允くん。
オンマが痛いのをちゃんとわかっていたの?
僕が治さなきゃ、って頑張って吸ってくれたの?

親子って不思議です。
つながっているんです。

絆です。

たった1日の乳腺炎だったけど、この出来事はいろんなことを
私に教えてくれた気がします。
あの痛みも、すべて意味のあることだったと。

子育て。
どこまでも、絶対、真剣に。
b0052320_1638324.jpg











允くん、ごめんね。
オンマ、ちゃんと考えて食べるからね。

そして、心からありがとう。
オンマはあなたに救われました。

不思議で、素敵な、出来事。

b0052320_16383251.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2007-10-02 16:23 | 允くん