<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

甘い誘惑

前の日記でも書いたとおり、ここ数日
来客が続いたこと、それに今がお中元の季節だと言うこと。
その上、一気にご近所さんが引越して来たと言うこと。

 = 甘いものが溢れているということ。

b0052320_13304683.jpgb0052320_13305960.jpg















b0052320_1331398.jpgb0052320_1332418.jpg















b0052320_13333397.jpg












b0052320_13341477.jpgb0052320_13365850.jpg















ここに載せているのはほんの、極一部です。とにかく私、
賞味期限とにらめっこしながら、食べまくってます(>_<)
昨日は神戸の友人が持ってきてくれたチーズケーキ(しかも2ホール)
を旦那様と、シヌにも分けてやっと食べ終わったかと思うと、
今日さらに頂き物が…。ありがたくも恐ろしい誘惑です。

GOKAN北浜本店(建物がレトロで素敵ですよ~!)のケーキ、
奈良・千壽庵吉宗のわらびもち、京都・西陣の水無月、
岡山の甘~~~い桃、広島の蜂蜜、東京の銘菓、
もうカロリーなんて概念はとっくに捨てました。
甘いものはお菓子だけじゃなく調味料にまで。
もう、知ーらない。といった感じです。

そしてまだ、冷蔵庫の中には昨日ダーリンが新たに買い足した
ハーゲンダッツが6つと、モロゾフのお中元が山のように…。

恐ろしや・・・。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-31 13:47 | パン・おやつ

おもひでぽろぽろ。

前回の日記の日付を見て、
こんなにも更新を怠っていたのかと、
我ながらびっくりしました。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。
梅雨が明けた京都は、何故か過ごしやすく
きっと恐ろしく暑くなるであろうこれからに対する
せめてもの償い、と言った感じのこの頃です。

この間、日記を書けずにいたのにはいくつか理由があって
まずは来客が続いたということと、
もう1つはお庭作りに家族総出で専念していたということ。

京都に引越して2ヶ月が過ぎました。
生活も落ち着き、京都の事をそれなりにわかってきたので
やっと地元の友達を呼べるようになりました。
先週1週間で4組の来客。

私のお友達ばかり呼んで、ダーリンには申し訳ないけど
お盆にはダーリンのお友達も呼んでお庭で焼肉パーティーの計画。
妻ちゃんは腕をふるっておもてなし頑張ります♪

そして遊びに来てくれた文学部の友人たち。
京都に帰ってくると遊びに来てくれる友人。
神戸からお泊りに来てくれた友人たち。
またいつでも遊びに来てね、私はずっとここにいますよ(^^ゞ

さて。
ここ最近、シアボニムの指揮の下、我が家のガレージ作りが
行われており、昨日やっと完成いたしました。ほぼ。
業者に頼むと、うん十万円も取られる作業を
汗水垂らして、一生懸命、自らの手でやり遂げたシアボニム。
何故そこまで…?きっと人は思うことでしょう。
毎日毎日、重い重い石を運んで、セメントを流し泥だらけ、
いつもお洒落で綺麗なシアボニムばかり見てきた私は
そんなシアボニムの姿を見るのがはじめてでした。

小さな石や、軽いブロックならどんなに簡単だったでしょう。
ましてコンクリートで簡単にしちゃえば、1日で終わったことでしょう。
でも、シアボニムは1週間、10日という時間をかけました。
材料だって、簡単な既製品を使わず、希少価値の高い
昔の桂石や古い板石を使われました。
男性一人では到底持ち上げられない程の大きな石を、
アボニムは必死で運び、時に友人の力を借りながら、
丁寧にはめ込んで、形が合わなければ外し、またはめ込み。
しかも2台入るうちのガレージは縦の長さが6m以上もあり
設計図なしで石をはめ込む作業がどんなに難しかったでしょう。
それでもアボニムは芸術作品を創作するように、毎日毎日作業されました。
もちろん旦那様も仕事の合間にシアボニムを手伝い、
シオモニムはアボニムが敷かれた石の間に、綺麗な丸石をはめ込み
私は脇に竜の髭を植え、休憩時間にはアボニムの好きなスイカを切り、
こうして家族みんなでこのガレージを完成させたのです。

b0052320_1322060.jpgb0052320_1331310.jpg















お世話になっている造園やさんのご主人がこう言いました。
「既製品はお金さえあればいつでも買えます。
だけど、この古い石が持つ味と重みはお金では買えませんよ。
手作りが何よりの高級品です。」

完成したガレージを背に、写真を撮りました。
そしてこの暑い中、毎日手伝いに来て下さった
アボニムの同級生アジョシたち。
京都中高時代からの友人なんですって。
それぞれ昔からのあだ名で呼び合う姿が
とても微笑ましく、カメラを向けたら3人並んで
少年のように笑って肩を組む光景はとても温かかったです。
皆さん、本当にありがとうございました。
そして何より、息子夫婦の為にここまでしてくださる
シアボニム・シオモニム、チョンマル カムサハムニダ。

夕方、アボニムが帰って行かれる時、
「アボジ、コマッスムニダ!」と私が言ったら
「思い出を作ってやりたかったんや。」と照れくさそうに
微笑み、手を振って帰っていかれたアボニム。
一瞬、胸が熱くなりました。

思い出は胸の中でぽろぽろと涙となり
やがて記憶の中で宝石になります。

いろんな形の思い出があります。
物・言葉・風景。
私たちがアボニムとオモニムから受け取った思い出は
本当に深く、尊く、温かいものでした。
ずっとずっと大事にします。
そして家族が増えたら、その時は
ハラボジ・ハルモニの愛を語り継いで行きます。

アボニムオモニムが建てて下さった家に
アボニムオモニムの手作りのガレージでがあり
私たち夫婦はその中で幸せに毎日を暮らしています。

この全ての事柄に心から感謝します。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-31 13:23 | 感受性

梅雨明け間近。

ご無沙汰してます。
足が自由になり、じっとしてることがなくなったので
日記の更新もつい、おろそかに・・・。

まずはじめはうちの前の蓮のお話。
私は蓮のお花が大好き。
蓮と言えば、お釈迦様。
仏教では蓮の花をとても大事にしますよね。

可愛い、綺麗、美しい。
どの言葉をとっても、少し違うような気がします。
とても高貴で、尊い。
心の中にポッと咲いてくれる、そんな花。

b0052320_21245097.jpgその蓮が今、
うちの目の前に咲いてくれてます。
大輪はもちろん、
なんて愛らしいつぼみなんでしょう。
蓮は咲くときに、
「パン」と、音がするんですって。
蛙くんは大きな蓮の葉の真ん中で
気持ち良さそうに休憩中。
葉っぱの中に溜まった雨水が
重さに耐え切れなくなった時、
スーッと綺麗なアーチを描いて
落ちていくのが、真に美しい。
毎日毎日、蓮を見るために
何度も外へでます。
幸せ気分です。

b0052320_21323311.jpgb0052320_2132586.jpg















b0052320_21344343.jpgb0052320_21353473.jpg















次にここ最近の私のお料理です。えへ。
左上は、旦那様のリクエストでペスカトーレ。
トマトソースにちょっぴり手間をかけたので、美味しくできました。(^^)
旦那様はディチェコのリングイーネ200gを「多い~!」
と言いながら、ぺろりとたいらげました♪

次に右上はチャプチェです。
私はタンミョンの方が好きですが、今日は緑豆春雨で。
余った野菜やお肉を何でも入れて、下味をしっかりつけたので
これまた美味しいと評判でした(^^)この日は旦那様の友人も
一緒に夕飯を食べたので男二人でちゅるちゅると美味しそうでした。

そして左下は私のお昼ご飯。
カレーです。ご飯はもちろん玄米です。
最後に残るカレーの風味と玄米のモチモチした歯ごたえが
本当に美味しい!!最近本当に食べまくっている私です。(^^;
右下は今朝の旦那様の朝食。久々に撮ってみました。
朝食の内容は毎日変えます、できるだけ。
パンとサラダとウィナーとたまごと・・・・。マンネリ化しやすい朝食ですが
何とか工夫して、旦那様に飽きられないよう頑張ってますよ(*^^*)

b0052320_21455296.jpg最後に。
私が今まで食べてきた
この世のたこ焼きの中で
もっとも美味しいと思っている
たこ焼きです。大袈裟ではありません。
私はこのたこ焼きを
おやつとして食べるのではなく、
食事として食べられるほど、
愛しています。
たこ焼きと言えば大阪、
と言いますが、京都に
美味しいたこ焼き、あります。
たこ焼き食べたい!と騒ぐ妻の為に
旦那様が連れて行ってくれた
ある日の夕飯です。笑
本当に美味しいですよ。

さて。
ここ数日大雨が降りましたね。
今週いっぱい降るそうですが。
梅雨明け間近。
恐ろしい京都の夏をどう乗り切るか。
やっぱり美味しいものをもりもり食べて、
旦那様にたくさん甘えて、お洒落して。

皆さんも楽しい夏をお過ごしくださいね!!
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-19 21:51 | 日々のこと

お世話になりました。

あぁ、笑いが止まりません。
本当に。

思い立ったらすぐ、
の夫婦だから。

皆さん、怒らないでくださいね。
そして決して愛想を尽かさないでくださいね。

今日、夕飯の後
ソファーでまったりモードだった夫婦。

一日の疲れ(私は疲れてないですよ。笑)を
癒す至福の一時。

妻:『あ~、早く取りたいな~。』

夫:『でもまだ痛いやろ?』

そう言いながら夫くんは妻の左足の
ほんの少しでている5本の指先を
『これは?』とつまんでみたり、
『痛い?』と引っ張ってみたり。

夫くんの問いかけにも
『ううん』と首を横に振る妻。

夫:『切ったろか?』
妻:『うん!切ろう切ろう!!』

そして喜劇は始まりました。
建設業の夫君、うちには何故か
強いはさみや、「電気ノコギリ」があります!

私の左足を抱え、いざお庭へ。
夜も深まっているこの時間。
『ウィ~~~~~ン!』という音と共に
因縁のギブスへ刃が通されます。

したたる汗をぬぐいながら
必死の思いで妻のギブスを切断する夫くん!!
何だか笑えてきて、幾度か目を反らす妻!!

30分程かけて、遂に
ギブスから開放された左足。
感動!感激!!感無量!!!

そそくさとお風呂に行って
何度も何度もゴシゴシ洗いました。
最高です。

明日から、可愛い服を着られます。
可愛いサンダルだって履けます。両足で!
ショッピングも出来るし、フローリングを歩くとき
もうゴンゴンなりません!

健康第一。
ひしひしと感じさせられた2週間でした。
もう、こけませんよ!

皆さん、心配かけてごめんなさい。
そして頂いた、温かい言葉や気持ち
一生忘れません!!(^^ゞ

松葉杖、病院に返しに行かなくちゃ。
先生びっくりするだろな~。笑
っていうか怒られるだろな~!!

お風呂場にやってきた旦那様とバトンタッチで
リビングに戻った私は、ふと
カーテンを開け、お庭を見ました。

大嫌いだったあの子が、
変わり果てた姿でそこにいました。

皆さん、見てやってください。
決して笑っちゃ駄目ですよ。

b0052320_22545316.jpg本当におせわになりました!

あなたは2週間私を苦しめたけど

あなたのおかげで、

骨は元通りになりました。

感謝しています。

二度とあなたに会いませんように。

明日はゴミの日。

さようなら。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-12 22:57 | 日々のこと

梅雨とギブスと料理

左足には、相変わらずギブスがまとわり付いいます。
フローリングの上を歩く度に「ゴン、ゴン」といいます。
こんな足でも車に乗ってますし、自転車にも乗ってます。
友達には「やめて」と言われます。
後、1週間の辛抱。頑張って乗り切ります!!

さて。
いよいよ夏本番。
京都は雨が降りそうで降らない日が続くかと思えば
恐ろしい程の大雨が降ったり。不安定な梅雨後半です。
とにかく暑い、蒸し暑い!!悲しくなっちゃいます。

足はこんなだわ、蒸し暑いわで、自然に行動範囲が
狭いこの頃は、家の中でチョコチョコチョコチョコ
お掃除・洗濯・お料理・お昼寝、頑張ってます。(^^)v

掃除においては、
掃除機も好きだけど、どちらかというと
床を真っ白な雑巾で拭くのが好きです。
素足で歩くととっても気持ちいい。
ガラス拭きなどの拭き掃除は、結構こまめにします。
気になったら、とことんやってしまう性格です。

近頃作ったお料理を載せてみます。
大したものは作ってませんよ。笑

b0052320_13142097.jpgb0052320_13143666.jpg















まず左はおなじみの、シオモニムの三度豆で胡麻和え。
胡麻和えは大好きです。風味もいいし体にもいい。(^^)
右は、タラモサラダです。マッシュポテト風にきめ細かく潰しました。

b0052320_13183053.jpgb0052320_13192574.jpg















これはある日の副菜。
左の画像、一番手前は実家のオモニお手製。
ミョンテを甘辛く炊いたもので、昔からこれが好きな私のために
送ってきてくれたのでした。(お菓子やハム、冷麺など…)
真ん中はじゃこと青唐辛子の炒め。これがあると、ご飯は何杯もいけます。
にんにくをきかせて、ちょっぴり辛目が好きです。
奥は冷蔵庫の残り物常連、ジャガイモとにんじんを薄味で炒めて。
右の画像はコリアンの食卓には欠かせない、ケンニプ。
味噌でつけたのも、どこかで食べたことあるけど、
私は醤油ベースが好きです。この香り!夏が来た!という感じ。
これまたご飯が何杯もいけちゃいます。

b0052320_14455766.jpgb0052320_1446836.jpg
















最近、めっきり玄米食な私。
旦那様はやっぱり白飯党。
ヨーグルトを入れて炊くと本当にふっくらもっちりして美味しいですね!
そして今日のメインはマーボーなす。
シオモニムの畑から毎日毎日野菜が届くので、
毎日毎日消費しないと、追いつきません!
でも夏のお野菜は美味しいので、好きなメニューにして
季節の味を楽しんでいます。マーボーなすは
こうしてご飯にかけても美味しいですね。
本来、茄子は油で揚げるべきなのでしょうが・・・
最近ダイエットを始めた夫くんのために、今日は揚げずに
少量の油で、水気が残った茄子を入れて、パチパチはねさせました。
揚げたのと何ら変わりなく、いい感じにしんなり(^^)
最後にお酢をかけて、味がまろやかになりました。

b0052320_14545385.jpgb0052320_1456559.jpg















最後に、左の食パンは「ユノディエール」のもの。
最近、よく雑誌に出ていますね。お仕事で近くまで行った旦那様が
パン好きの妻の為に買ってきてくれました。焼き立てです(*^^*)
時間的にハード系しかなかったらしく、この山食もハードです。
たまにはハードもね。食べるのが楽しみ♪
右もまた旦那様が買ってきた、いつものやつです。笑
前の2つは夏の新種らしいです。さっぱりソルベですって。
抹茶は、1つ減るたびに彼がマメに補充してくれますよ。笑
そんなに好きなのでしょうか。いや、私は好きですよ。

このまま行くと、私たち夫婦はフォアグラになりそうな気がしてます。
フォアグラ。大好きです。
ハーゲンダッツ。大好きです。
中国産のにんにく、嫌いです。

さて、今日はお肉にしようかな~。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-11 15:09 | 家ご飯

食べてます。

健康的に。
ここ最近、お見舞いに来てくれる方からの
手土産や、頂き物が多く、とにかく

食べてます。

b0052320_14141052.jpgこれは

北山のケーキ屋さん、
SUMINOのもの。
抹茶教の私には
とっても嬉しいお菓子☆
旦那様のウェスンモから
いただきました。
SUMINOといえばシュークリーム、
というだけあって、
生地が本当に美味しい♪
そしてこの抹茶クリーム!
濃厚~~(>_<)
濃ければ濃いほど好きです!笑
冷たいほうじ茶と一緒に食べました。

b0052320_14173134.jpg先日、旦那様が
昼食に連れてってくれた、
永観堂の近所の「日の出うどん」
という、カレーうどんで有名なお店。
私は京都らしく、おあげのカレーうどんに。
旦那様はそれにお肉がたっぷりはいった
特カレーうどんにごはん。
京都に来て、いろんなものを
美味しいと思いましたが、
何よりおあげが、ふっくらしていて
本当に美味しいです!
京風薄味に、ふっくらおあげ、
最高です。うどんでもおかずにも
たくさん使いたい気持ちがわかります。
私はいつも「とようけ屋山本」さんのを
買っています。美味しいですよ。

b0052320_14295583.jpgそしてこちらは先日旦那様が、再び

「一緒に食べよう♪」と買ってきた

浄土寺にあるパティシエール オオマエの

ヨーグルトチーズケーキ。

オオマエさんはアップルケーキで有名ですが

チーズケーキも◎でした☆

あっさりしているので、

パクパク、ついつい食べ過ぎてしまう味。

b0052320_14372640.jpgここからは手作りです。

またまた、新たにとった

昆布とかつおの出汁で

切り干し大根の煮込みを作りました。

シオモニムの畑に

三度豆がたくさん出来てて

最近何かと料理によく登場します。

旦那様は大変美味しそうに食べました。

b0052320_14431923.jpgやはりここにも

三度豆が。

シオモニムの三度豆は

太くて本当に美味しい!

肉巻きや天ぷら。

素材がよければ

全てよし♪

ご飯の進む一品です。

パクパク食べる旦那様

(^^)

見ているだけで

おなかいっぱい☆

b0052320_14473177.jpg
大きい(^^;あはは。
大好きな冷やし中華は餃子と一緒に。
旦那様はおにぎりやおかずやあれこれ一緒に食べました。

b0052320_14495268.jpg最後は食べ物ではありませんが
今日は7月7日、七夕です。
うちにも笹がありますよ。
この絵はシオモニムが韓国の
国立博物館で買ってきてくれた
昔々の絵です。
この絵に合わせて
額をあつらえていただきました。
うちの玄関にやっと絵が飾れて嬉しいです☆
短冊に願い事を書くような年でもないので
こうして絵と一緒に笹を置いて
この雰囲気を味わっています。
その季節その季節、美味しいものもいいけど
感じることがまず、大事かな、
そう思っている7月7日、雨の京都です。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-07 14:56 | 家ご飯

パンのおつかい

先日、旦那様と買出しに行ったとき、

妻:「最近魚食べてないね。」
旦那様:「そやな~。」
妻:「何の魚が食べたい?」
旦那様:「うーん。ぶりとかやったら食べたい。」

という会話の末、ぶりのかわりにはまちを購入。
普段は魚の煮つけが好きではない旦那様ですが
何故かぶり大根は別なようで、希望に答え昨夜は
ぶり大根ならぬ、はまち大根を作りました。
b0052320_1233222.jpg

米のとぎ汁で煮た後、お昼にとっておいたお出汁でゆっくりじっくり煮込みました。
お出汁は正直ですね。丁寧にとったお出汁で作ると
本当に程よく「いい味」になってくれる。そして感動する!
細かく面取りした甲斐あって、柔らかくもしっかり綺麗な大根に仕上がりました。
(旦那様はもっともっと柔らかいのが良かったそうですが。)

b0052320_1239498.jpg

メインはたぶん、とんかつです。
私は野菜にとんかつの油が染むのがあまり好きではないので
別のお皿に盛って、それぞれ取りながら食べるようにしていますが
それぞれは、見た目に寂しいですね。なんとなく。
トッピングを綺麗に盛っていた冷奴を旦那様が運ぶ際に崩しました!
トッピングはじゃことしし唐を炒めたものに、大好きな大葉、そして
最近私の中で勝手に流行っている、しば漬けを細かく刻んだもの。
ポン酢をかけて食べます。最高ですね!
東山豆腐はゆず風味のものがあったり、どれも美味しいので好きです♪

今日の朝食は昨日の残りとんかつでカツサンドに。
旦那様はそれを持って仕事に出かけて行きました。
(今日は私が寝坊をしたため、食べていく時間がなかったのです!>_<)
とんかつソースとウスターソースにケチャップを混ぜて、
そこにとんかつを浸して、キャベツと共にサンド!

b0052320_12551390.jpg

これは妻の朝食。卵は怠けて電子レンジでチンしたら分離しました。
でも私はこの食感好きです(^^ゞ残り野菜に残りベーコン、マヨネーズケチャップに
大好きなマイユのデュジョネーズをたっぷり塗って。
ちなみにマスタード類はマイユと決めています。
美味しいし、瓶も可愛い!(私は瓶が大好き☆)
パンは、旦那様にパン買ってきて~とお願いしたら
サンドイッチ用に、このグラハム食パンを買ってきました。
5枚ぎりの食パンには380円もする生クリームの食パンを買ってきました。
普段は、もう1ランク下のパンを買うのですが、そのお店のはそれでも
十分にふわふわで美味しいから生クリームの食パンには
手を出さなかったのに~。やはり男の人のチョイスですね。あはは。
このサンドイッチ用のグラハム食パン、風味高くふわっふわで美味しかった!

b0052320_139088.jpg最後に。
旦那様は頼まれたパン以外に
こんなものを買ってきました。
チョコつきドーナツ!!(>_<)
「美味しそうやったから
一緒に食べようと思って。」
と嬉しそうにニコニコしてました!!
おい、夫。
可愛いじゃないか!!
ドーナツにはミルクでしょ?
美味しいパン屋さんのドーナツは
やっぱり美味しい。
旦那様のおかげで、本当に久々に
ドーナツを食べた日でした。
ご馳走様(*^^*)
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-03 12:34 | 家ご飯

李朝の間

ギブスも板についてきた今日この頃。
痛みもだいぶおさまり、どうにかゆっくり歩いてます。
外出時や階段の上り下りは旦那様の力を借りて
それなりに、生活できるようになりました。
でもはじめは抱っこだったのも、今は「かつがれてる」状態で
荷物のように肩に乗っけられて、移動させられています。
この調子であと2週間少しを平和に過ごしたいものです。

さて、今日はお部屋のお話。
うちにはリビングを出て廊下を渡ると和室があります。
この和室にはシオモニムの意向で、床の間と縁側が設けられ
6畳の部屋と合わせると8~9畳の和の空間が広がっています。
畳は縁がなくすっきりした琉球畳で、香りもいいです。
そして畳の真ん中には、結婚前に実家のオモニと
探しに探した、お気に入りの座卓があります。
いわゆる、普通の和室ですね、ここまでは。

しかし、ここは何故か「和」の感じがしません。
実家では、昔から和室ではくつろがない、
フローリングの方が居心地が良かったように思います。

でもここに座っていると、何故か穏やかな気持ちになり
ずっとここにいたいような気持ちになります。
それには訳があるんです。

b0052320_16114868.jpg
















これは縁側へと続く、大きな障子です。
通常の単調な升目の障子に比べ升目が細かく、木自体が細い。
これは李朝家具や李朝の陶磁器が好きなシオモニムのデザイン。
建具屋さんに何度も何度も手直しをさせて作ってもらったオリジナルです。
この細かい升目から入る繊細な光が、本当に素敵で朝、昼、夕、
時間ごとに違った表情を見せてくれるのです。

b0052320_1612374.jpg














窓の障子も同じように作ってもらいました。
シオモニムの感性と職人さんの手により創られた逸品です。
いずれ、この和紙が駄目になったら、「韓紙」を買ってきて
貼り直してもらうそうです。また違った風合いになるでしょうね。
これは夕方に撮影した窓。オレンジの光が優しく温かい。
リビングのソファーに座って扉を開けると、廊下の向こうの
真っ直ぐな線上に、この障子が見えます。
私はその「絵」が本当に好きです。

b0052320_161215100.jpg

















そして床の間です。
これらもシオモニムから頂いた、昔の李朝ものです。
赤や青、緑の使い方から民族を感じずにはいられない、そんな掛け軸。
これは「悌」と書かれてあります。
この悌という文字には「兄や年長者によく従うこと。兄弟の仲が良いこと。」という
意味が込められてあります。シオモニムがこのお軸をうちに下さった意味を
かみ締め、そしてずっとずっと大切にしていきたいと思います。

このようにうちには、和室ながら李朝の香りが漂う
「李朝の間」があり、ここに座っている高貴な時間を
毎日の生活の中で、静かに味わっているのです。
[PR]
by yousil_kiki | 2006-07-02 11:09 | 感受性