<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

おやすみなさい

日曜日。

彼はゴルフに行っている。

私はルーブル美術展を観に行こうとしている。

雨。

美術館・雨・京都。

これは紛れもない‘幸せのカタチ’だということを

私は知っているのだけれど。

今日は、アボジの誘いを断りきれず、家族でドライブ。

夕方、京都で一週間ぶりに会う。

蹴上駅で、彼に拾われる。

雨上がりの蒸し暑い京都。

私は今日、彼の好きなスタイルで来た。

ゴールデンウィークに比叡山へ行った時と同じ服を着て。

バーバリー・サンダル・ポニーテール。

彼にとって、‘シアワセノカタチ’

夕食は、左京支部の皆さんと会食。

ムンチョン予備夫婦も一緒に、ぺちゃくちゃお喋り。

ただ、お料理がちょっとシアワセじゃなかったので

解散後、彼と2人車を飛ばし、大好物を食べに行った。

あちっあちっ、と言いながら。

京都から神戸に向かう車の中は、スペシャルな香がする。

運転している彼の邪魔にならないように、私は猫になる。

このままずっと猫になっていたいと思う。

短い日曜日。

「あ~、長かった!」って感じる日曜日は

果たして存在するのだろうか。

毎週毎週、日曜日が嫌がらせのように早く過ぎていく。

3倍速以上の速さで。

私たちは2人でいる時間が大好きで、大切にしたいと

いつもそう思っている。その為に日曜日があると思っている。

いずれにせよ。

頑張ったところで、時間は止まってはくれないし

私たちは手を離さなければならない。

私たちの手は、互いに温かすぎる。

眠すぎる。

強引に今日が終わろうとしているから、仕方なしに

オヤスミしなければならない。

3倍速の意地悪な今日に、同じ温度で温かい私たちの手に、

おやすみなさい。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-31 00:44

내 머리속의 지우개

午前中。
少し時間があったので、知り合いが貸してくれたDVDを思い出し
見ちゃえ~って感じで見ちゃった。

ふむ。
ナカナカ良かった。
っていうか、ちょっぴりウルっちゃった。
『내 머리속의 지우개』(私の頭の中の消しゴム)
손예진と정우성が贈る、甘く切ない純愛物語。
キャッチコピーやあらすじを見る限りでは、まあ
大よその想像はついた。

が。
意表をつかれた。
それは、愛は愛でも
『妻と夫』の『愛』だからだ。
それは『愛情』ではなく『愛』だから。

韓国映画によくある「病気」が全面にだされていて
(この映画内ではアルツハイマーがテーマ)
まーねー、それはそうだろうよ、って部分もあったけど
いつの間にか、胸が苦しくなっちゃってさ~。

近い将来結婚する私にとって『夫』という存在の
大きさや絶対感がすごく胸に響いて。
という意味で意表をつかれた作品でした。

정우성は、正直かっこよかったです。
キャラと役がうまくかみ合ってて、あのキャラに引き込まちゃぅ感じ。
손예진も役にぴったりだね。可愛い奥さんがよく似合ってた。

この映画、台詞がナカナカ素敵。
映像も綺麗。

あと、「土方」「手直し」「足場」という建築用語が
今でも日本語のままで使われているのには少し驚いた。
「ナワバリ」は知ってたけど。笑

いい映画だったと思います。
夫婦って美しいなって、思いました。
家族って温かいなって、思いました。
恋人の顔が何度も浮かんだ、そんな映画でした。

b0052320_21522744.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-30 21:54 | 感受性

花の金曜日

今日は、お昼から宝塚でレッスンをして、天王寺でまたレッスン。

…そういえば、先日宝塚でレッスンを終えてブラブラしていると
  宝塚音楽学校の生徒数人に、『お先に失礼します』と挨拶された事がある。
  『?!』と思って、ふと鏡に映った自分を見ると、何だか笑えた。
  髪の毛を高い位置でアップして、前髪もぜ~んぶアップして
  おまけに荷物がたくさん入った鞄を肩にかけてる。
  似すぎていた…。
  宝塚に行く時は注意しなきゃ。(笑
 
宝塚の生徒は私が個人的に教えている、可愛い愛弟子なのである。

現在、大学2カイセイ。
この子は、性格が明るくてお喋り大好きでミーハーで、
何でもピンクで固めてて、ヒップホップが好きな
所謂、今っぽい女子大生。でもでもこの子ったら
とっても頭がよろしい。勉強に関してはそれはそれは意欲的で
特に環境問題と語学が死ぬほど好きらしい。
彼女はこの夏、国連を訪れる。
メンバーに選ばれた喜びを真っ先に報告してきた。
今、プレゼンの準備で毎晩徹夜だとか。

もちろん英語が堪能で、次は韓国語100%マスターを狙っている
なんともアツイ、若干20歳なのだ。
恋人はいないけど、友達が多くて。
私のことを、本当のオンニみたいに思い込んでて。
関西では名の知れている、某大学。
そこで彼女はノビノビ勉強し、ノビノビ遊び。
私はそんな生き生きした彼女の姿を見るのが大好きだ。

とまあ、教え子自慢はこの辺にして、っと。
今日は、花金ですよね。
先日会ったばかりの、ヨンムとまたまた登場のアノルと。
3人でお食事会♪
結婚を控えた私たちと、私たちの『美』を任せている
ヨンムと。3人集まって話が止まらない止まらない。

今日は北新地のお洒落なダイニングでとにかく
たくさん食べ、笑い、喋り。
途中、ヨンムが喋りすぎて喉が枯れたくらい。
でも止まらない止まれない。笑

お店を移動する途中、なんと星野監督が目の前に!!
細い道を譲り合う状況だったので、ほんの1m弱の距離に監督が!!
うぅ~~、かっこいい!オーラが出ているってこのことね。
3人呆然で、握手や写真やサインをねだる間もなくタクシーに乗っちゃった。
あ~、でも良かったね☆得した気分♪さすが新地って感じでした。

私たちはE間にあるカフェで第二段座談会を繰り広げ。
とにかく電車がなくなる時間まで喋りまくって笑いまくって。
席を立った頃には頭がくらくらしてました。笑

今日はとっても楽しい一日でした。
ヨンムは明日もお仕事だね。
5時起きだとか。

アノルは今週荷入れだし。
みんな忙しいね。
私も明日は仕事ですぅ~。

次3人で会うのは、アノルの式当日かな。
ドキドキ、ドキドキ。

b0052320_21371150.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-29 21:02 | パン・おやつ

**火曜日**

この時期になると、ちょくちょく顔を見せ始める台風。
今日も朝から雨風が強く、外の景色がよく見えない。

今日はオモニと結婚式の衣装を見に行く日。
でもこの雨じゃね・・・。
と一旦諦めかけたが、雲間から少し射し始めている
太陽を見て、『行っちゃおっか』と母娘。

いざ、鶴橋へ。
チョゴリ屋さんに着くと、お店のメンバーが
みんな揃ってお出迎え♪
一番の笑顔で迎えてくれたのは、高校時代の同級生、ヨンム。

私が結婚式の衣装選びにこのお店を選んだ理由は
ヨンムに頼みたかったから以外、何の理由もない。
このヨンムという人は、魔法使い。

女性を最も美しい姿に変身させる、究極の魔法使い。
そしてこの人は、女性として、人間として
みんなに愛されている。綺麗な心と、優れた才能を
両方持ち合わせた、素敵な女性なのです。
人それぞれ好みがあるけど、私はヨンムのセンスが好き。
その柔軟性が好き、やり過ぎない控えめさが好き。

以前ここへ来た時は、これでもないあれでもないと
散々悩んだ挙句、アジュモニが両手を叩いて
『作ろう!、この際!』と決断した衣装、
今日はその衣装と、ドキドキのご対面だったのです。

私もオモニも、即!気に入っちゃって。
登場の衣装は、無事、決定しそうです♪(*^-^*)
ウェディングドレスは、まだもう少し勿体ぶって
あれこれ選りすぐってます。本当は『これ~!』ってのがあるんだけど。
今、この段階から決めちゃうとね、楽しみなくなっちゃうからね☆
とりあえずはキープ状態なのですぅ~。楽しいな楽しいな☆

皆さんと楽しくお話したあと、帰路についた私たち。
その時、本社から電話が。
本日19:30~のプライベートレッスン、生徒さんお休みです。
『は~い!』と無意識に、気合たっぷりの返事(^^;)
直前のキャンセルって、嬉しいんだよね~。
ダメダメ、仕事に対して怠け心が出始めている…(--;

と、またまたタイミングがいい事に、アノルからのお誘いが。
いつも2人で良く行く、ウチの近所のカフェで夜ご飯♪
(実は既に晩御飯を食べていたけど、メニューを見るとまたついつい…)
二度食い+ケーキ+ドリンク3杯ってどんだけ食べるの!飲むの!ったく~。

アノルと2人こうしてひっきりなしにお喋りする時間。
心のそこから楽め、心から落ち着け、何にも変えがたい大切な時間。
彼女は先週、ポンチェ(結納)だった。
そして来週は、荷入れを控えている。
最近体調が優れない彼女だが、こうして私にだけは会いに来てくれる。
あ~、寂しいな。
お嫁に行っちゃうんだな、この人。

9月4日結婚する私の親友。
最近、本当に綺麗。
な~んにもしたことなかった彼女が、
お料理学校にも通っている。
まさに親心で感動しちゃってる私。

アノルももちろん、当日は
『ヨンムにお任せ』これは最近の流行です。
皆さん、結婚の際は是非、ヨンムへ。(笑)

19時頃に会って、ず~っとず~っと話していたら
いつの間にか12時をとっくに回ってて。
もうすぐ結婚式を控えている彼女をあわてて
タクシーに乗せて、今日一日が終わっていきました。

深い深い夜。
キラキラ光る道を1人歩きながら、いろんなことを考えていた。
ちょっとだけ時間が止まってくれればいいとも思った。
彼に電話をしたら、出なかった。
きっと疲れて寝ちゃってるんだろう。
これ以上はかけないで、私はもう少しいろいろ考えよう。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-26 09:20 | パン・おやつ

私。

私について。

私を形成する様々な事柄について。

音楽 - 大好き。
       というよりも、大切。
       ないと、ダメ。絶対に。
      
       ドビュッシー。  
       ベートーヴェン。 
       ラフマニノフ。
       ショパン。
       クラシックは私の哲学を創造する。
       だからここは私の‘Canonical hours’

       最近よく聴く曲はMaroon5の ‘Sunday Morning’
       楽しく、可愛い気持ちになれる。

美味しいもの - それには小さな幸せがある。
            強く生きる為に。
            毎日、元気いっぱい笑ってられるように。
            
            美味しいものを美味しいと言いながら、食べること。
            出来るだけ大切な人たちと食べること。
            さらに美味しさが増すという不思議。

            最近食べた美味しいもの。
            昨日、家族とフィアンセも一緒に食べた焼肉。
            最高。

映画 - 日常と非日常が作り出す芸術の極み。
       自身が人間だということを認識する瞬間。
       ‘感じる’を求めて、人は自らスクリーンへ向かってくる。
       私にとって映画は、生活と切り離すことの出来ない、‘経験’

       最近見た映画。
       マラソン。

旅行 - いつもとは違う方向へ足を運ぶこと。
       お気に入りの服やピアスを選んで、違う土地を訪れること。

      そこでしか食べられないもの。
       そこでしか見られない景色。
       写真、思い出。

       最近旅した街。
       小豆島。
       これから旅する場所。
       日本海。

お洒落 - 女として。
        女に生まれたからには。
        常に自分の内面を映し出して。
        服 靴 バッグ アクセサリー お化粧 
        小さな小さな要素は乙女心をよく知っている。

        それらは日々を潤してくれる。
        そして自分をもっと好きになれる。

         最近買ったお洒落道具。
         スワロフスキーのチョーカー。
         細いジーンズ。
         涼しい色のアイシャドウ。

恋人 -  言語道断。
       私が私であり続けるために。
       それ以外の安っぽい言葉をさがしてしまう前に。
       結婚という約束。


また気が向いたら、綴ってみようと思います。
私を形成する、大好きなものたち。
   
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-25 00:00 | 日々のこと

小豆島

いやいや、長い間ブログさぼっててすみませんでした。
何かと忙しくて。

今日は、連休行って来た旅行について
少々報告しようかと思います。

えぇと。
お相手はもちろん、フィアンセの剛君。
婚前旅行なんぞけしからん!と怒られますね。
だから秘密ですよ、皆さん。

以前から2人で楽しみにしていたこの旅行。
行く先はオリーブで名の知れている小豆島。

早朝彼がお迎えに来て、私たちはうっきうき気分で
いざ、姫路港へ~。
気のきく私の彼は、朝ご飯もちゃんと準備してくれてる。
スピッツを聴きながら、ベーグルサンドを頬張る2人。
気分は最高潮です☆

ドライブを楽しんでいる内に
あっという間に姫路港に到着。
ここからフェリーで小豆島へ向かうのだ♪
フェリーにはマイカーも一緒に連れて行ける。

1時間40分の船の旅。
デッキへ出て写真を撮り合ったり、
お喋りしたり、海を眺めたり、とにかくスイスイと進む
船は私たちを果てしなく自由な気分にさせてくれる。

あっという間に1時間40分は過ぎ、
目的地、小豆島に到着!
着くや否や、腹ペコな私たちは
四国だけに、讃岐うどんを食べて腹ごしらえをし、
第一の観光目的地である、寒霞渓へと向かった。

この小豆島という街は、都会に住む我々を
静かに感動させる、誠に美しい街だ。

全ての景色は海を中心に描かれ、
全ての人々は海と共に生きている。
優しく波寄せるこの海のように、
この島特有の穏かな時間が流れる。

圧倒的なオーシャンビューを眺めながら
小豆島の生温かい風を受け走る、フォルクスワーゲン。
「ジジ、見て。海の見える街よ!」
キキの声が聞こえてきそうなワンシーンである。

b0052320_2334556.jpgこちらが寒霞渓(かんかけい)。
とにかく絶景でした。
山の上なので、気温差は10度位でとっても涼しいし♪
ここでも写真を撮りまくって(私たちは写真撮影が大好き!)
私はもちろんオリーブソフトクリームを食べました。
これがナカナカ美味しかった!!
オリーブの実がバニラのアイスに粒状で入ってて
やわらかい風味で結構いけましたよ。

寒霞渓で、清々しい気分を味わった後、
次の目的地、オリーブ園へ。
ここにはオリーブの木がたくさんあって、
とにかく、小豆島を象徴する「オリーブ」を
全面的にアピールしているらしく。
よくわからないけど、やはり記念写真を撮って
本日お世話になるホテルへと向かったのでした。

このホテルにはプライベートビーチやプール、ゴルフ場まであって
ここにいるだけでも一日楽しめちゃう素敵なホテルでした☆
旅行の度に、いい宿を見つけては手配してくれる
段取り上手な彼に、またまた惚れ直したりしてね。

海が目の前にあるこのホテルは、どこを見ても海!
私たちは夕陽が綺麗なビーチで無邪気に遊んで
砂まみれになった体を露天風呂で洗い流し
小豆島の美しすぎるサンセットを見ながら
懐石料理を食べました。
彼は、お酒を飲んで気分がいいらしく
垂れ目で、終始微笑んでます。

一休みした後、私たちはこの旅行の第二の目標である
ゴルフをすることに。
私にとってははじめてのゴルフ。
ナイターなので陽にやける心配もなく、
彼に手取り足取り教えてもらいながら
とっても楽しく、初めてのゴルフを体験しました。

海の匂いを嗅ぎながら、夜風の中で楽しむゴルフ。
隣には大好きな彼。
素敵でしょう?

翌朝。
彼は和風で、私は洋風で朝食をとった後
私たちは、最後の観光目的地へと向かった。
ここ小豆島はオリーブと共に、映画「二十四の瞳」が
実際に撮影された地としても有名である。
二十四の瞳映画村は、実に実に素敵だった。

撮影に使われた小学校は、窓の外が一面の海で
真っ白な光が教室を照らし、作品のワンシーンが蘇るかのよう。

これは彼が撮影した一枚の写真。
教室に置いてあった、古いカメラをのぞいている私の姿。
b0052320_2331854.jpg















白い光の向こうは、広い広い海。

小豆島。
私たちの忘れられない思い出がたくさん詰まった小さな島。
この島を後にする時、彼が言った。
「今度はいつ来るかな。」
私が答える。
「子供が出来たら連れてきたいね。」
手をつなぎながら、そんな事を話していた。

あぁ、幸せな旅だった。
幸せな私たちだ。
幸せな未来だ。

私はこの島での思い出を永遠に忘れる事はないだろう。
そして、私たちに子供が出来てまたここへ来たら
素敵だったこの旅を、子供にお話するだろう。

またね、小豆島。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-17 22:20

月曜から今日まで


-月曜日-

レッスン、以上。

-火曜日-

オモニと買い物。
可愛い下着を買った。
最新の3サイズが判明した。
教えない。

新しいクラスの生徒との初レッスン。

-水曜日-

再びオモニと買い物。
服を買った。
これはお嫁入りにしちゃお。
本屋さんで新種のテキストブックを購入。

美容院へ行った。
髪の色を少し変えてみた。

西梅田でレッスン。
レッスン後、本社オフィスにお呼ばれ。
多言語マネージャーと長話。

彼と夜中の1時半まで長電話。

-木曜日、今日-

オモニと喫茶店でモーニング。

天王寺で朝一レッスン。

空き時間、大阪へ来ていたオモニと合流。

美味しい天ぷら屋さんで、ご馳走ランチ。

再び天王寺で、レッスン、そしてレッスン。

ついさっき帰宅。

お風呂に入って、ルビーのグレープフルーツを食べた。

明日は久々に夜のレッスンがない!

今まさに、その喜びを噛み締めている。

一週間が過ぎる、この猛烈なスピードへの恐怖。

明日はもう、金曜日。

待って、私、今週まだ、

何も、

感じてない…。

こんなんじゃダメ、

ダメだよ、私。

b0052320_0133975.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-14 23:37 | 感受性

女4人の夜

今日は金曜日。
地元の友人、4人でお食事会♪
1人はもちろん、アノルちゃん。
もう1人は中学からの同級生で、仲良しのみえっつん
こと、ユン・ミエちゃん。
で、もう1人は幼稚園から、しかも
보육반時代!(笑)から、高校までず~っと一緒の
モハテンこと、リ・ミファちゃん。


はっきり言って、みんなものっすごいキャラ濃いです!
ちなみに濃いみえっつんと、濃いモハテンは2人とも保母さんです(*^-^*)
アノルはもっと濃いけどね。

みえっつんのお迎えが来て、いざゴーゴゴー♪
今日は私の住む、甲子園で集まる事に。
甲子園という街は、美味しいお店や小さくて可愛いカフェが
街の大きさに比べて意外と多く、地元の友人と
集まる時は、こちらへきてもらう事が多いのです。

今日行ったお店は『一生懸命』という、
お造りが美味しい、創作料理屋さん。
ごうたんとも、何回か来たお店。

入り口が低いこのお店で、しっかり
頭をぶつけてくれたみえっつん。
もう、キャラどうりですから!

まずは2ヵ月後に結婚するアノルへ
おめでとうの乾杯☆
そして来年2月に結婚する私への乾杯。
残りの2名は、いい人紹介お願いしますの乾杯!(笑)

食べたい物を手当たり次第注文し、
とにかく喋る喋る、そしてまた喋る!
ボケる、笑う、食べる、毒舌る、突っ込む、
飲む、爆る、語る、抱きつく。
とにかく、みんな熱いんです。
本当に、熱い子たちなんです。
誰かいい人、いませんか?(笑)

思い出話や、恋の話。
何しろ보육반から一緒の友人と私は
知らぬ間に、こうして大人になって
お酒を飲みながら、恋愛について
本気トークをし、結婚について語っている。
「나ら、いつの間に大人になったんやろ。」
誰が言ったか知らないそのセリフを、
それぞれ、切なさと一緒に飲み込んだ。

散々食べて喋った私たち。
このまま帰るなんて、誰一人思ってない。
女だから。
甘いもの食べなきゃ、帰れないから。
JR西ノ宮のすぐ近くにある果物屋さんが営むカフェ。
ここでは、フルーツをと~っても贅沢に使った
絶品のケーキが頂ける。

モハテンがデッカい声で、店員さんに聞く。
『あの~!閉店って何時ですか!』
『11時半ラストオーダーの、12時閉店でございます。』
不服そうなモハテンを強引に引っ張り、
ソソクサ、テーブルに着く私たち。
閉店まで、40分しかないけど、とにかくケーキ食べよう♪
みえっつんが注文した、マンゴーのケーキ。
マンゴーだらけでケーキの部分が見えない。笑
アノルがケーキを注文しないことを、私は知っている。

彼女はケーキを好きではない。
甘ったるいものは嫌い。
生クリームなんてモッテノホカ。
せいぜいチーズケーキ一口くらい。
ていうか、ケーキよりもご飯が好き。
これがアノル。
はい、まるで男です。笑!

昔からそうなんだよね。
いつも食後にケーキを頼むのは私だけ。
生クリームた~っぷりのケーキを頬張る私を
いつも正面から不思議そうに見ている役目。

今日も彼女は1人、『ミックスジュース』を注文した。

素敵な一日だった。
子供の頃から知っている私たちの、大人な夜。
でもやっぱりどこか大人になりきれてない、
女4人の素直な夜。

また、また絶対集まろうね、
そして2ヶ月後のアノルの結婚式では、
みんなで泣こうね。
今日みたいに楽しく泣こうね。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-11 23:37 | パン・おやつ

雨の日の幸せ。

最近、何かと日曜デートは予定が入ってて
丸一日を2人っきりでゆっくり過ごせる日がなかったのね。

だから久しぶりに一日中2人っきりで
デートを楽しめる今日を、私たちは一週間
ず~っと楽しみにしてたのですぅ~。

何するってわけじゃないけど、ただ2人で
美味しいもの食べたり、ドライブしたり、
う~ん、こんな普通のデートがすごく楽しい♪

今日は彼の希望でお弁当を作ることに。
土曜日は一日中、レッスンに追われているだけに
買い物をする時間がなく、今回は諦めてもらおうとしたら
『おにぎりだけでもいいから手作りが食べたい』という彼の言葉に
乙女心は打ちぬかれ、冷蔵庫に何があるかも知らないまま
OKを出してしまった私。

冷蔵庫にあるもので、彼が好きなおかずを作れるかな~。
とにかく、いろいろ出してどうにかこうにか形にはなったかな?
唐揚げが食べたいと言っていた彼。
ちょうど鶏ももがあった~(>_<)
彼の大好きなマカロニも。しかもリボンのマカロニかわいいし☆
ステーキ用の和牛も入れちゃえ~。後は玉子焼きを作って
彼の好きなおかかのおにぎりでどうだ!!

b0052320_2330625.jpg












ブロッコリーとツナとマカロニをマヨネーズで和えたサラダに
にんにくをきかせた鶏の唐揚げ。
牛肉とピーマンの甘辛炒めに昆布だしをきかせただし巻き卵。
おかずは決して多くないけど、一生懸命作りました。

彼は美味しい美味しいといいながら残さずきれいに食べてくれました。
パクパク食べる彼の姿がすっごく好きです。
今度は準備万端でもっともっと豪華なお弁当作るからね!!

ん~。今日は一日お天気がパッとせず、
朝から雨が降ったり止んだりしてるけど、正直そんなことは
どうでもいいと思えます、彼と一緒なら。えへへ。
大粒の雨の中、彼と相合傘で歩くのがどんなに幸せな事か。
晴れの日も、雨の日も、雪の日も、変わらず隣にいる人が
彼だという事が、どんなに素敵な事か。

それを私が一番良く知っているから、
だから私は雨の日もこんなに幸せ者なのです。

今日、私、彼に言いました。
結婚するまでやりたいことが1つあるって。

平日の夕方、京阪電車に乗って
あなたの好きなケーキを持って
出町柳まで会いに行くこと。

それが、私の小さな願い。

あなたと出会った瞬間から今までの、
その全ての素敵な記憶を失わないように。

そしてそのキラキラした思い出を
もう一度あなたに届けたくて。

いつか、この小さな願いを叶えるのを
私はひそかにたくらんでいます。

今日も愛しい一日をありがとう、ごうたん。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-10 23:19 | 家ご飯

白馬からの贈り物

長野県、白馬に住む私のコモちゃん。
コモちゃんちは焼肉やさん。
地元の人に愛され、最近リニューアルオープンした。

季節毎に美味しい物を送ってくれるコモちゃん。
夏には풋고추や茄子、きゅうり、깻잎、삼추など
コモちゃんの広い畑で育った、自慢の野菜が。
冬には蜜がたっぷり入ったりんごが。
自家製のワインが。
秋には、コモブが自分の山で採ってくるあらゆる山菜が。
お米が、豚足が、信州蕎麦が…
とにかく水と空気が綺麗な長野の美味しいモノが
年に何回も届くのです。
しかもどれも本当に新鮮で美味しいの!
スーパーなんかで売っているのとは全然違うの!
純粋で清潔で水水しい。

今回もた~っぷり届きました。
b0052320_2213625.jpg풋고추です。
夏はこれに限ります。
고추가루の辛さよりも、私はこの青い풋고추の辛さが好き。
これがあると、お料理にもすっごく役立つ!
약념に入れたり、지짐に入れたり
된장찌개に入れたり。
とにかく、夏の香がぷ~んとして、最高♪
そして、これはウチのオリジナルなんだけど
この풋고추を細かく刻んで、ごま油と
少量の調味料で炒めます。
炒めたものを、조선된장に漬け込むと
すっごく美味しい쌈장になるんです!
普通に売っている쌈장よりピリッとしてて
コクがあって。
もちろん쌈장のみならず、いろんなおかずの
うまみの素になったりします。大活躍☆
お味噌に漬け込むので、かなり保存も出来るし
本当に万能な調味料なんですよ。


b0052320_22394080.jpgそして。
むふふ。
なんとグロテスクな~!
これ、豚足です。
しかしただの豚足ではございません!!
コモちゃんちの豚足は私が今まで食べた豚足の中で
一番美味しいの~!!
ぷるんぷるんしてて、身がやわらかく、なおかつ
歯ごたえがすっごく絶妙なのです(>_<)
コラーゲンたっぷりの豚足は私とオモニの
大大大好物♪
粗塩を付けて食べたり、초장で食べたり。
私はお塩派だけどね。
新鮮なままを食べるのもいいけど、
食べ切れなかったものは次の日に甘辛く
ことこと炊くのも美味しいんだよ♪
とろんとろんになって、白米にとっても合う~。

b0052320_22445875.jpgあとは、막걸리とワサビ関連のおかず。
막걸리はお店でも大人気だとか。
最近日本の人もよく好んで飲むらしいよ。
で、信州と言えば、ワサビですよね。
水と空気が本当に綺麗で。
お蕎麦屋さんで出してくれる本ワサビも
絶品だよ♪
コモちゃんちに行けば蛍が普通に見られるんだよ。
ワサビが出来るところには蛍も出るんだって。

そうそう。以前、軽井沢へ行った際、
ソフトクリーム狂の私は『ワサビソフト』にチャレンジして
結構美味しかったことを覚えてるな~。

丹波で食べた『黒豆ソフト』にはショックだったけど。笑

この他にも夏野菜がい~っぱい送られてきて
私は今から、明日の朝食のサラダやいろんなおかずを
想像してウキウキしているのでした(*^-^*)
[PR]
by yousil_kiki | 2005-07-06 22:00 | 家ご飯