カテゴリ:家ご飯( 240 )

辛いものはお好き?

久々に食べ物のお話をしましょうか。

私、この日記で散々麺が好きだとか
甘いものが大好きだとか言ってきました。
でも私、韓国料理、大好きです。
辛いもの全然OKです。
余裕です。

脂っこくないし、野菜たっぷり。
にんにくもたくさん使われてて
体にもすごくいい。
おまけに真っ赤な唐辛子で脂肪燃焼。
完璧だと思います。
よくダイエットにもいいとか言いますけど。
まんざらでもないと思います。

韓国人は辛いものを食べるからお肌が綺麗。
なんてことをよく耳にしますが。
これもまた、間違った意見ではないと思います。

野菜の摂取量は世界一だとか。
そりゃ美容に良くない訳がない。

キムチ、いいですね。
ごはんが進みます。
オイギムチ(きゅうりのキムチ)も
カットゥギ(大根さんのキムチ)も
最高に美味しい。

ウチではオモニがキムチを漬けます。
何種類もの隠し味を入れて試行錯誤して味見して
とにかく手間ひまかけて漬けられたキムチは
まさしく絶品です。

ただ単に辛いだけじゃない。
甘さとまろやかさを伴ったコク。

和食のように繊細とは言えませんがとにかく奥が深いんです。
今夜はチゲ鍋を頂きました。
たくさんの具が入った辛い辛いスープ。
よく辛いものが大好きだと言うと意外だと言われます。
どういう意味かは知りませんが私はとにかく
辛いものはまったく大丈夫だし、むしろ好んで食べる方です。
豚キムチだって大好きだし、青唐辛子をお味噌につけて
バリバリ食べるのも好きです。
大学生の頃、食堂ではキムチ食べ放題だったし
キムチチャーハンだって良く作って食べてました。

日本で生まれ育っても、血は祖国の味を求めます。
不思議ですね。
きっと私にはキムチを漬ける事はできないでしょうが
ずっと食べ続けるでしょう、ずーっと。

今日はちょっと辛いお話してみました。
またの機会に美味しいお話しますね。
では。
b0052320_19174940.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-09-29 22:17 | 家ご飯

食べたい!! 

あれがムショ~に食べたい!って時、ありませんか?

昨日の私がまさしくそれで、とにかくムショ~に
あんみつが食べたかったのです。
出来るだけたっぷり且つ新鮮なフルーツが乗ってて
寒天はポロポロではなく、程よい固さでなくてはなりません。
白玉は結構噛みごたえのあるものが好きです。
もちろん、ピンクと緑の四角くやらかいお餅もなくてはならない存在です。
あんこはこしあんでお願いします。
こんな想像をし始めたらもう、歯止めが利かないのよね。
苺大福が美味しいと評判の近くの和菓子屋さんへ
あんみつ姫を買いに行った。
元々和菓子より、洋菓子派の私。
でも和菓子が嫌いってわけではなく、大まかに言っちゃうと
あんこより、生クリームが好きだって事です。
さすがに和菓子屋さんのあんみつはボリュームタップリで大満足

ところが・・・
思い出しちゃったのです。
いけないことを。
あんみつと言えば…
大学時代、通いに通い詰めた
「みはし」の”白玉クリームあんみつ抹茶アイスのせ”を!!!
そう、上野にある老舗、あの「みはし」です。
甘党の方ならご存知でしょう。

嗚呼。
食べたい…
でっかいあんみつ食べた今でも余裕で3杯いけちゃいそう。
濃厚なバニラのソフトクリームと抹茶アイスがのった、あれ。
もちもち白玉とプルプル寒天の…
あ~~!食べたい食べたい食べたい
食べたい!!!
パックで送られてくるやつじゃなくて
ソフトクリームと抹茶アイスがのって
ひんやり冷えた器に乗った状態のを食べたいの!!

素で言うけどマジでやばい。

上野に行った際はどんなにおなかいっぱいでも必ず行ってたな~。
下手したらみはしに行く為に上野に行ってたかもな~。
すっごく暑い日、どんなに行列長くても
気合で並んで食べてました。
もちろん寒い冬でも通い妻してました。

卒業式が終わって、それぞれ地方に帰る時最後にみんなで行こうか~!って
みはしに乗り込んだよね。
覚えてる人、結構いるはず。
どんだけすきなの。
食いしん坊。

ぁ・・・食べたい。
b0052320_2041058.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-08-04 20:40 | 家ご飯

アイドル

今日、美味しい桃を頂いた。
本当にほっぺが落ちるくらい甘く香ばしい桃だった。
かなりたくさんの量を頂いたので、果肉たっぷりの桃ゼリーを作った。

桃・ゼラチン・水・お砂糖・レモン。
ちょっと大人な味にしたかったのでワインを用意。
本来ならばロゼワインがあれば一番良かったのだが、
あいにく普通の料理用白ワインしかなかったのでこちらを代用。
これだけの材料で出来ちゃう上、電子レンジも登場するという、何とも簡単お菓子。

桃は熱湯に入れて湯むきし、氷水に丸ごと入れると
綺麗に皮がむけちゃいます。
あっという間に素っ裸です。いや~ん。

チャッチャッチャと手際よくすると
ほんの20分で出来ちゃうよ。

個人的にジュレはやわらかい方が好きなのでゼラチンは少なめに。

冷蔵庫で冷え冷えになったゼリーを一口味見。
う~ん!!オ・ト・ナ・ノ・ア・ジ
なんと言ってもこ素材の旨みが存分にでている。

いい素材を使えば味にも差が出るんだね、やっぱり。

桃ってとことんにくい果物だと思いませんか?

姿かたち、色、産毛、食感、味、香り
そして「モモ」という響き。

桃が苦手な人っているのでしょうか。
いるのかな、やっぱり。
私にとっては永遠のアイドルフルーツ。
b0052320_20502383.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-07-22 20:49 | 家ご飯

夏のデザート 

京都へと向かう電車の中は
色とりどりの浴衣を着た人たちでにぎわっている。



そうか。
祇園祭だ。

京都へ向かう目的は違えど、こちらまで
楽しくなってくる。
夏は好きじゃないけど、日本の夏って
花火とかお祭りがあるから素敵だよね。

私はと言うと、冷えた夏のお菓子が入った紙袋を
ひざの上に乗っけて大切そうに抱えている。

美味しいという一言が聞きたくて
丹精込めて作ったオレンジムース。

夏のデザートは味覚ではもちろん、
見た目で涼しさを感じられるものがいいよね。

生クリーム・牛乳・オレンジ・卵

幸せの形。

昨日買い込んだ材料でせっせと作る。
冷蔵庫で寝かせてしばらくして見ると
ゼリーとムースが二層になって、うん、いい感じ。

ちょっと揺すってみるとぷるぷる、いや、
ぷるんぷるん揺れて、とてもかわいい。

味の感想を聞く瞬間って結構緊張します。
幸い、美味しいといいながら
ペロっとたいらげてくれました。

小さなココットみたいなの4つあげたから
残りのは、今現在彼のオウチの冷蔵庫で
冷え冷えのはずです。

ぷるんぷるんです
b0052320_20552093.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-07-15 20:54 | 家ご飯

京都を食す

昨日中騒がしく降った雨もすっかり上がり、
久々にカラッと気持ちのいいお天気となった。

私にとっては雨だろが、ジメジメした日であろうが
霧だろうが、雪であろうが。
全ての日はデート日和と言いたいところだけど、
今日みたいな日を、所謂「絶好のデート日和」と言うのかも知れない。

珍しく朝ごはん抜きで京都へ向かっている。

以前から数々の『京都好きな知人』から是非と薦められていた
銀閣寺近くの『おめん』といううどん屋さんに連れてってもらうのだ。

地元・京都人である恋人曰く、
観光客向けのお店にしては悪くないということで期待はより膨らむ。

お昼時より、ちょっと早めに到着。
座敷に向かい合って座り「おめん定食」温・冷を一つずつ注文した。
待っている間、お喋りしたり恋人の顔をじーっと見たり
熱いお茶をゆっくりすする。
大皿に盛られたたくさんの薬味!や白胡麻。
次々と運び込まれる。
あっと言う間にテーブルはいっぱいになり
気が付くとお店の中、お店の外までお客さんが並んでいる。

「いっただきま~す!」の前にデジカメでパチリ。
モタモタしている私のおつゆに、薬味を
手際よくあれこれどんどん入れてくれる彼。

そこへ麺をつけて食べるつけ麺方式。

おだしの風味が上品でありながらしっかりした味だ。
私好み。

私は熱いほうを(熱いおうどんを食べたのは久しぶりだな…)
いただいたが、喉越しも良くとても美味しかった。

私たちは食べることが大好き。
昼食を食べ終わった瞬間から「今日の夜、ナニ食べる?」
と、どちらともなく言い出す事もよくある事だ。

来週のアボジのお誕生日プレゼントを見に行ったり
私の化粧品を見に行ったり。

今日は「食べる」事以外、特別予定はない。

夜は「濃い」ものが食べたいと言う私のリクエストどおり
有名洋食店へ。
私はハンバーグステーキを、彼はオムライスとポタージュスープを注文。

美味しいものに目がない私と彼。

ここは私たちがまだ付き合ったばかりの頃、
二人できた思い出の洋食屋さん。
半端じゃなく大きく美味しいオムライスが看板メニューらしい。

ジューシーなハンバーグにたっぷりかかったドミグラスソース。
苦すぎず甘すぎない、この味が私好み。
大大大満足だ。

満足気分でぶ~んと神戸へ。

今日がいつもより涼しい事や、今日食べたものが全て大満足であっても
数分後にバイバイする私たちには
何の慰めにもならない事を私たちは知ってる。
そして
次いつ会えるかを考える事、その小さな相談を一緒に行うことが
今の二人にとって唯一の慰めであることを知っている。
b0052320_20574672.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-07-11 20:56 | 家ご飯

夏の美味しい食べ物

今日、お昼に冷やしうどんを食べた。
夏に最も弱い私は、冬に比べ食に対する欲望も減少し
何を食べても秋や冬程「おいすぃ~~!」と、思えない。

しかし!
麺類はまったく別問題である。
私は麺類なら本当に何杯でも食べてしまえそうな勢いだ。
朝・昼・晩麺でもいいくらい。

なんって美味しいのかしら。
そう思いながらずずずずーっと麺をすする。
幸せの形。
パスタなら温いのも冷たいのもとにかく好きだ。
冷やし中華…好き。
素麺…まーまー好き。

夏の美味しい食べ物、王様と言えば冷麺。最高である。
神戸には有名な冷麺屋さんが結構あって、
そこには夏場、よく私が登場する。

勿論「大盛り」で。
友人K・Sと行くときは「特盛り」を注文させられることも少なくない。
お酢を多めに入れるのが私の好み。
正直、韓国で食べたどの冷麺よりも
日本の在日の方が営むお店で食べる冷麺の方が数十倍美味しい。
あ~~、食べた~い!

話はおそばの方へ戻る。
私のコモちゃんは長野に住む。
毎年夏は長野へ旅行へ出かけ、軽井沢あたりをうろうろしている。
もちろん信州そばももりもり食べる。

今年の夏は家族ではなく彼氏と友達カップル4人での旅行だ。
楽しみだな~。
おそらく、
大好きな信州そば、ずずずず~っとしちゃうだろうけど。
ひかないでね。
お願いね。
b0052320_2354828.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-06-22 23:01 | 家ご飯

紅茶について 

私は珈琲が嫌いじゃない。

神戸では「にしむら珈琲」が最も有名で、しっかり確かな味を見せる。
クラシックが流れる店内はモダンで、優雅な気分で香りを楽しむことが出来る。

でもはっきり言って私は紅茶派である。
紅茶という飲み物は非常によろしい。

こだわり始めたらトコトン入り込んじゃうこの性格。
うちのキッチンには紅茶の箱や缶やビンでいっぱいである。
家族はたまったもんじゃないだろう。

春夏秋冬楽しめる紅茶。
香りだけで幸せになれる紅茶。

この季節、アイスティーがとても美味しい。
まずストレートにはやはりアールグレイ。
柑橘系の香りが遠慮程度に漂う。上品。
ぐっと甘い香りのカラメルも好きだ。
ホットティーをストレートで楽しむ時は、
ベーシックにダージリンを頼むことが多い。

そして私は何より、ミルクティーが大好きで、
特に冬は毎日毎日ミルクティーな日々を送る。
必然的(?)にチャイも好きだ。

ミルクティーには、ニルギリ・アッサム・ウバが良く合う。
中でもニルギリの風味が一番好みだ。
夏でもアイスミルクティーはちゃんと美味しく作れば、絶対に美味しい。

ファミレスや変なカフェで出されるアイスティー+珈琲フレッシュなんかじゃなくて。
ちゃんと作れば絶対に美味しいのだ。

冬の朝を思う。
お気に入りの口の広い紅茶のカップでバニラのフレーバーティーを一口飲む。
幸せな一日の始まり。

今から夏が始まろうとしているのに何の話だ、まったくぅ。

今朝、ギャルという名の紅茶をアイスにして飲んだ。
花の香りがして結構美味しかった。
名前に合わず、上品な香りがした。

ギャルのお伴はくるみパン。
悪くない。

この夏、美味しいレモンティーを研究してみよう。
b0052320_2317548.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-06-17 23:11 | 家ご飯

小さな幸せ

実は私はジャムが大好きです。





日記というか告白みたいになってるけど。
中でも、苺ジャムが大好きです。
好きなジャムをもう一つ言ってと言われれば、
ブルーベリージャムをあげる。
オレンジマーマレードやアプリコットはあまり好みではない。


とにかく私は苺ジャムが大好きです。
なんでもかんでも好きと言うわけではなく
苺ジャムに限っては TIPTREEのストロベリージャムがダントツ一番だ。
ボンヌママン(蓋が赤いギンガムチェックの…有名ですね)
のも個人的には悪くないと思うけど、チップトリーのストロベリージャムにはかなわない。


ちなみにチップトリーはイギリス産でボンヌママンの方はフランス産。


ジャムをいただく時は、ハードトーストとの相性が抜群なので
そのようにして食べる。


また私はスコーンやガレットといったサクサク系が大好きで
特にスコーンとブルーベリージャムの相性はグ~ですね。


ブルーベリージャムもやはりいろんなものを試したけど、
チップトリーのワイルドブルーベリージャムが一番口にあった。


私がジャムを好きな理由の一つに、ビンや蓋のデザイン、
即ち見た目が可愛くて幸せになれるという点を上げられる。


余談ですが、うちの近所にあるイカリスーパーには
とにかくいいものがあって、というかいいものしかおいてなくて
全ての商品に「本物」を感じる。
輸入食材も豊富で、主に芦屋・甲子園・三宮などに店舗を構える。


そのイカリスーパーのオリジナル商品として作っているものが私は好きで
中でも「蜂蜜バター」は絶品。
甘すぎず、上品な味と舌触りで、
昔からオウチの冷蔵庫には常備している。
バゲットやトーストには勿論、
ホットケーキに乗せて食べるのがグ~。


このように。
小さなことにも喜びを感じる瞬間を
「幸せ」と言うのだと、私は思う。



いくつになってもこういう自分でいられるだろうか。
あっちのジャムが美味しいだの、こっちのバターが美味しいだの…
そういうゆとりと余裕を持てる自分でいられるだろうか。


うん。
きっとそうだろう。


いつまでも小さな幸せを感じられる自分であり続けたい。

b0052320_23293330.gif
[PR]
by yousil_kiki | 2004-06-04 23:28 | 家ご飯

カルボナーラ 

今日は昼食にカルボナーラを作った。
卵・チーズ・生クリーム。
幸せの形。

どこかでも言ったとおり私はパスタが大好きだ。
その上チーズはも~っと好きときたら
やはりカルボナーラが正解ではないだろうか。

普段、外でパスタを食べる時は和風やトマトソースを注文したりもする。
だって基本的にパスタ何でも大好きなんだもん。

今回使った物。
チーズは勿論パルメザンのレッジャーノを。
パンチェッタがなかったので普通のベーコンで。
パスタはDE CECCOという青い袋のもので
麺はやや平たいもの。
殆どオウチでパスタを作る際はDE CECCOを使うくらい、好きな麺。
生クリームはどこのか忘れたけど、普通のもの。
ナカナカ美味しく出来て、オモニにも褒められた。
アボジにも食べさせてあげたかった。

ほんの2,3年前までは作るより食べる方が好きだった。
勿論今でも食べるのは大好き。

でも作るって楽しい。
作って食べる事って楽しい。
美味しいって言われたら尚更嬉しい。

この前スコーンを焼いたら時間を間違え
煎餅になって、かなり落ち込んだけど。

カルボナーラの成功を力にして、リベンジスコーン作ることに。
決ーめたっ。
b0052320_23345032.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-05-27 23:34 | 家ご飯

ケーキ

今日は大切な人の誕生日で。
手作りケーキを作った。

真っ白の生クリームに真っ赤なイチゴちゃんをいっぱいのせて。
誰かの誕生日に手作りケーキでお祝いしてあげると、
必然的に大学時代を思い出す。

ヘンテコリンな形の、あり得ない具がたくさん入った、あのケーキ。
でも何故か、無性に美味しかった記憶。

出来上がるまで待ちきれなくて材料をこっそりつまみ食いした記憶。
缶詰の蓋を缶切りで空けるしか役割をもらえなかった記憶。

全てが愛しい記憶。

今はこうして全てを一人でこなしてる。
勿論味見を兼ねたつまみ食いは欠かせない。
大切な人のために作るケーキ。

それだけで幸せな光景。
もうみんなで作ることはないんだろうな…

b0052320_23541443.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-05-19 23:43 | 家ご飯