牛スジカレーと、そのお供。

近頃、我ながら更新のペースが優秀です。
明日は更新できそうもないので、今日中に。

今日はポリオの予防接種に行ってきました。
あー。
・・・予防接種って疲れる。
3種混合から始まって、風疹麻疹、そしてこのポリオも
2回目が終了。やれやれ。もう、しばらくないのかな?
明日も一日バタバタしそうです。
なんか10月入って、本当にせわしない!!

でも今日はキーン!と晴れた青空で、とっても
気持ち良かったので、無理矢理洗濯しなくていいものまで
引っ張り出してきて、洗濯機を何回も何回も回して、
ちょこっと空いてる時間に干しては取り込み・・・の繰り返しでした。

さて、本日の夕飯です。
牛スジのストックで、牛スジカレーを。
b0052320_1950426.jpg




























市販のカレールーはほとんど入れていません。
2カケくらいかな?
数種類ものスパイスやにんにく、生姜、ブイヨンなどなど、
いろーんな物が入ってます。梨も摩り下ろした物を入れてます。
あ、あとフードプロセッサーでペースト状にしたトマトも。
お肉を薄力粉でまぶしたので、思ったよりトロンとした感じに。
おイモも玉葱もほぼ溶けてるし。にんじんとお肉だけが残っています。
良い感じのピリッと感で私は非常に美味しかったのですが、、
旦那様が帰ってきたらこのカレーを食べて、きっと「辛い!」
と言うかな・・・と心配していたら。
呆気なく「うん♪美味しい♪♪」とご満悦。良かった~!
カレールーをちょっぴりしか入れていないと伝えると、驚いていました。
我ながら◎なカレーでした♪

カレーのお供は、白身魚のにんにくレモン〆。
b0052320_2257411.jpg




























有元葉子さんのレシピを参考にしました。
これはカレーの日に食べると最高に美味しいな~!
好みの白身魚(お刺身用)を塩で〆てしばらく寝かせたら
にんにくの摩り下ろしとたっぷりのレモン汁を合わせたものに
白身魚を浸して、白くなるまでマリネ。一口大のアボカドもレモン汁で色止めしたら
最後にレッドオニオンと混ぜ合わせて、レシピにはタバスコとありましたが
私はオリーブオイルで風味付けしました。
にんにく・塩・レモン。こんなにシンプルな調理法なのに
とてもお洒落な味付け&あっさりなのでカレーのお口直しになりました。大正解☆
この他、キムチも一緒に。

この日、允くんは全く別のメニュー。
刺身、カレー、キムチと来たら、彼の食べられるものはゼロ!
子供用のカレーも売っていますが、ちょっと・・・ね。
なんとなく・・・ね?
そこまでしてカレーを食べさせたいとは思わないし、大きくなってからちゃんとした
美味しいカレーを食べてもらえばそれでいいと思っています。
なので、納豆ご飯に、青菜とそぼろの豆腐あんかけや、かぼちゃの煮物や。
ザ、和食!な夕飯でした。





近頃、たまーにですが、夜泣きする允くん。
昨日も7時にはベッドに入ってスヤスヤ熟睡していたのですが
数時間後、火がついたように泣き出して。

夜泣き、愚図った時(彼は滅多に愚図りませんが。)、オンマから一切
離れようとしない允くん。
大好きなアッパもハルベもハンメもコモちゃんもダメ。
断固としてオンマから離れません。
もう、全部わかっているので、母親に対する執着心がちゃんとあるんです。

昨日もアッパの帰りと同時に夜泣きが始まったので、
ご飯の準備をしなくてはならない私は允くんを片方で抱っこしながら
カレーの鍋をまぜまぜ。でも危ない(重いし!)ので、アッパにバトンタッチ。
もう、足バタバタしながら、オンマオンマと手を差し伸べて、大泣き。

しばらくしてアッパが、小さなパジャマ姿の彼をひざに座らせて
オルゴールのねじを回し始めました。
「アッパとオンマの思い出の歌やで。」と優しく語りかけながら。

2人で行った思い出のイタリア。
真っ青なカプリ島の海。
ポストカードのような街並みの中で2人で選んだオルゴール。
あの頃、允くんはまだいなくて、アッパとオンマは2人
手をつないで、イタリアのあらゆる土地を歩いたよ。
「アイランド オブ カプリ」の優しく綺麗なメロディーが
オルゴールから流れると、さっきまで泣いていた允くんの顔に
こぼれんばかりの笑顔が。なんて可愛いんだろう。
しばらく2人は手を握り合って、オルゴールから流れ出る曲を
静かに聴いていました。
ご飯の準備をしながら、とてつもなく愛しい気持ちになって
ちらちらと2人の姿を見ていた妻なのでした。
私にはこんなにも大切な人たちがいる・・・改めて感じた夜でした。
b0052320_6592525.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2008-10-02 20:07 | 家ご飯


<< 浜名湖へ。 秋の食材で。 >>