ケーキ

今日は大切な人の誕生日で。
手作りケーキを作った。

真っ白の生クリームに真っ赤なイチゴちゃんをいっぱいのせて。
誰かの誕生日に手作りケーキでお祝いしてあげると、
必然的に大学時代を思い出す。

ヘンテコリンな形の、あり得ない具がたくさん入った、あのケーキ。
でも何故か、無性に美味しかった記憶。

出来上がるまで待ちきれなくて材料をこっそりつまみ食いした記憶。
缶詰の蓋を缶切りで空けるしか役割をもらえなかった記憶。

全てが愛しい記憶。

今はこうして全てを一人でこなしてる。
勿論味見を兼ねたつまみ食いは欠かせない。
大切な人のために作るケーキ。

それだけで幸せな光景。
もうみんなで作ることはないんだろうな…

b0052320_23541443.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-05-19 23:43 | 家ご飯


<< 「カルメン」 雨の日のショッピング  >>