紅茶について 

私は珈琲が嫌いじゃない。

神戸では「にしむら珈琲」が最も有名で、しっかり確かな味を見せる。
クラシックが流れる店内はモダンで、優雅な気分で香りを楽しむことが出来る。

でもはっきり言って私は紅茶派である。
紅茶という飲み物は非常によろしい。

こだわり始めたらトコトン入り込んじゃうこの性格。
うちのキッチンには紅茶の箱や缶やビンでいっぱいである。
家族はたまったもんじゃないだろう。

春夏秋冬楽しめる紅茶。
香りだけで幸せになれる紅茶。

この季節、アイスティーがとても美味しい。
まずストレートにはやはりアールグレイ。
柑橘系の香りが遠慮程度に漂う。上品。
ぐっと甘い香りのカラメルも好きだ。
ホットティーをストレートで楽しむ時は、
ベーシックにダージリンを頼むことが多い。

そして私は何より、ミルクティーが大好きで、
特に冬は毎日毎日ミルクティーな日々を送る。
必然的(?)にチャイも好きだ。

ミルクティーには、ニルギリ・アッサム・ウバが良く合う。
中でもニルギリの風味が一番好みだ。
夏でもアイスミルクティーはちゃんと美味しく作れば、絶対に美味しい。

ファミレスや変なカフェで出されるアイスティー+珈琲フレッシュなんかじゃなくて。
ちゃんと作れば絶対に美味しいのだ。

冬の朝を思う。
お気に入りの口の広い紅茶のカップでバニラのフレーバーティーを一口飲む。
幸せな一日の始まり。

今から夏が始まろうとしているのに何の話だ、まったくぅ。

今朝、ギャルという名の紅茶をアイスにして飲んだ。
花の香りがして結構美味しかった。
名前に合わず、上品な香りがした。

ギャルのお伴はくるみパン。
悪くない。

この夏、美味しいレモンティーを研究してみよう。
b0052320_2317548.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2004-06-17 23:11 | 家ご飯


<< さくらんぼ  「久しぶり」 >>