食せよ、乙女。

どうも。
今、最高に落ち着く場所、私の部屋で
チャイコフスキーの弦楽セレナード第2楽章のワルツを聴いております。
前髪を全てピンで留めて、旋律に身を任せてる状態です。
完全にうっとりしながらキーボードを叩いてます。

さて。
クラシックを聞きながら、今日は食べ物のお話。

仕事した後って、すっごくおなか空きますよね。
私の場合、お昼時間にイッジョ~におなかが空きます。
講師の仕事を始めてからは、
夜、帰宅する時間が遅いということもあって、
夕飯は早い時間に軽く食べるようになりました。

だから、お昼はなるべく栄養&ボリューム満点なものを食べるよう、
常日頃心がけてる次第であります。
食生活って補いが大切ですよね。
朝しっかり食べて元気いっぱい働いたら、
その分、お昼もすっかりグーグーおなかが空くわけです。
そして私はほぼ毎日、おやつを食べます。
たくさんは食べません。少しでいいんです。
少しでもいいから、3時ごろになるとおやつを欲する
そんな体になってしまっているようです。

甘さを体に補給して、また元気いっぱい仕事をするわけです。
そして夜は極めて軽めの食事を取ります。
あ、これ全部平日の話ね。
お休みの日には、好き放題食べますよ、食べたい時に。笑

b0052320_11221770.jpg一週間の中でも何故か
木曜日のお昼って一番
おなかが空くんですよね。
だからガツンと大きな丼で
栄養満点ピビンバッを食べました。何故か焼き鳥も付いてきました。美味しかったです。
スプーンで頬張っていると、
私ってkoreanだわ、
って思いません?
私は思います。


木曜日のお昼にこんなにおなかが空くのは
多分12時から13:30までレッスンが入ってるからでしょう。
普段は決まってこの時間帯に昼食をとるから、1時間遅れると
耐え難い空腹感が私を襲ってくるんです。

私は思います。
体は正直。
とことん正直。
特に女性の体は正直なのです。

体はいろんなことを私に訴えかけます。
おなかが空いていたら「食べさせて」と訴えます。
眠かったら「寝かせろ」と脅迫します。
悩んでいたら「もうイヤ」と、あらゆるイケズをします。
私の体は、私よりいろんなことを知ってるみたいです。

非常ベルを鳴らしたり、ストップをかけたり
沈黙を守ったり、海のようにひたすら深かったり。
神秘的です、この体は。
この体と仲良く付き合っていくことが、永遠の課題だし
私が人生を楽しめる、大切な鍵だと思ってます。

b0052320_11375671.jpg画像はオモニお手製の
キズシ。鯖ではなく
秋刀魚のキズシです。
脂がたっぷりノッた、
秋の秋刀魚だからこそ
キズシができるんですね。
これが最高なんです。
夜帰って来て、ついつい
2つ、3つとつまんじゃいました。これはお嫁に行く前に伝授してもらわなくちゃ。
[PR]
by yousil_kiki | 2005-09-29 10:46 | 家ご飯


<< 大きな人違い 目を見て話せ、そして時間を返せ。 >>