大忙しの土曜日

土曜日。
一般的にはOFFの人が多い日。
しかし私にとっては大忙しの土曜日。

日頃忙しくしている社会人は
週末を利用して、学びごとをする。
だから語学講師のわたしは忙しい訳だ。

ちなみに私の彼は今日、ゴルフのため
早朝から出掛けている。

朝一番、明石まで飛んで、ワンレッスン行う。
明石の生徒は、バリバリのキャリアウーマンで
女性のエンジニア。かっこいい。
頭も良ければセンスもいい。
私がお姉さんみたいに慕っている、そんな素敵な生徒さんだ。
レッスン中にもいろんな話が飛び交う。

笑いの中、あっという間に時間が来て、
生徒を送り出すとわたしは次のレッスン地、
芦屋へと向かう。
明石海峡大橋や須磨の海岸をすり抜ける新快速電車。
イヤホンから流れる曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第3番。
レッスン後には匹敵しないかもしれない程の重さ、濃さ。
でも好き。
たまらない。

次のレッスンまでに2時間空き時間がある。
でもわたしは急いでいる。
今日は、ここ最近時間がなくて行くに行けなかった
美容院へ行くのだ。
だからわたしはイソイソしている。

芦屋駅に着くや否や、重すぎる鞄と格闘しながら
遅い足をフルに回転させ、美容院へと向かう。
滑り込みで予約の時間に間に合った。

重すぎる鞄を受付のお兄さんに手渡し、
身軽なわたしはシャンプー台へ。
シャンプーしてもらいながら、次のレッスンの内容を
頭の中でまとめておく。(ヨ体と、過去形っと…。)

鏡の前に座る。
私の髪の毛がはさみにの動きと共に
舞っている。
いつの間にこんなに伸びたんだろう。

1時間半程いただろうか。
美容師さんにお礼を言って、教室へ。
途中、ビゴの店で大好きなパンを2つ買う。
髪を切った私を見て、マネージャーが喜ぶ。

パンを片手に、宿題の点検をしていると
ロビーから生徒の声がする。
あ~、早く行かなきゃ。

次の生徒は眼科の先生。お医者さん。
すっごく勉強熱心で、語学が好きな方。
授業が始まると同時に、1週間の間にまとめた
質問事項を次々と発表する。
わたしは的確に、理論的に謎を解明する。
納得した時の生徒の満足げな表情がわたしは好きだ。

ハングル能力検定の試験日が迫ってきているので
ここ最近は検定試験の指導が主である。
皆さん、必死だ。
特にこのお医者さんはすごい。
生徒の情熱に負けないよう、わたしはそれ以上の情熱を持って
生徒に接しないといけない。それは当たり前のこと。

はっと気が付くと終了時間。
笑顔で生徒を送り出し、次のレッスンの準備。
いつの間にかもう夕方である。
私の一日は冗談みたいに早く過ぎて行くのだ。
次の生徒には単語テストが必要だ。
コピーしてこようっと。
オフィスに行くと、カウンセリングルームに
一人の女性。
どうも韓国語のレッスンを希望されてるとか。
マネージャーに呼ばれて、いきなり顔合わせと
レッスンの説明をすることに。

この方もやはり、バリバリのキャリアウーマン。
ウーマンどころかウーメンの方がふさわしいくらいの。
アート関係のビジネスを展開されてるかたで、
韓国のアーティストと直接お仕事をされているとか。
ちっきりしたハングルを、ビシバシ教えていただきたいわ、
と、主張される。

わたしは自信たっぷりに『任せてください』と返事。
いろんなタイプの方がいらっしゃるんだな、と再認識。
また忙しくなりそう。

握手と挨拶を交わしていると、
次の生徒、(彼女は女子大生)が登場。
『先生、髪切ったん!!』
というキャピキャピ声で、ついさっき髪を切った事を
思い出す。

単語テストのプリントを持って生徒と共に教室へ。
私の腕にしがみつきながら女子大生は言う。
『今日の単語テスト100点の自信あるで!』

どの生徒も私に元気をくれる。
私に『やりがい』という概念を与えてくれる。

生徒がテストに集中している間、
髪に指を通してみる。
サラサラ気持ちいい。

明日、ごうたんびっくりするかな?
[PR]
by yousil_kiki | 2005-05-28 10:03


<< 5月29日  親友と >>