允くんとオンマのお弁当記念日。

今日は長男の幼稚園生活、最後のお弁当でした。
朝から私は、キッチンで泣いていました。
お弁当箱に、允くんの大好きなおかずを詰めながら、
込み上げる思いを一つ一つ噛みしめて。

幼かった彼が、もうすぐ卒園、
卒園だなんて。

允くんが生まれた日。
産院で小さなあなたを抱いて、
感動のあまり声を震わせ泣いた、あの時の私は
今日のこんな日を想像できただろうか。

3人兄妹の長男として、こんなにたくましく
そして凛々しく、心優しい男の子に育ってくれるなんて。
幼稚園、卒園だなんて。

今まで、一度もキャラ弁希望のなかった長男。
それよりも、食材やおかず自体の内容重視な
大人びた子供だったので、私もお弁当詰めるのが
毎日とても楽しみでした。

そんな長男の、最後のお弁当。
リクエストは、もっとも彼らしい
「焼肉弁当。」

今日このお弁当箱に入っているおかずは
全て、允くんが指定したおかずばかりです。
b0052320_2195925.jpg
焼肉
ひじきと蓮根のたらこ炒め
ブロッコリー
お花のゆで卵
ケチャップソーセージ
スナックえんどう
デザートにデコポン

彼の為に、お肉屋さんでいいお肉を買って
自家製の焼肉のタレで丁寧に焼きました。

たかが幼稚園児のお弁当。

でも彼は、允くんは
私が食べ物に込める思いや、その愛情の深さを
よーく知っている子供なので、
きっと、きっとこのお弁当を食べて
いろんなことを感じてくれたと思います。
そう信じてます。
b0052320_2110953.jpg


お迎えの時、
真っ先に走って来て、お弁当美味しかった!!
オンマありがとう!!最高やった!!
と私の手をギュッと握りしめながら
まっすぐに私の顔を見上げました。

そして、家に帰ってお弁当箱を開けると
ピカピカに洗われたお弁当箱の中に、小さなお手紙。
b0052320_21101993.jpg
いままでおいしいおべんとうありがとう ゆんより

こういう気持ちを大切にしていきたい。
この先、ずっとずっと。
たとえ小さなことでも。

ありがとう

だいすき

あいしてる

彼がこの先、もっともっと成長して
その過程でどんなことが起こっても
私は母親としてずっとずっと伝えていきたい

ありがとう

だいすき

あいしてる

と。

世の中のどんな立派な記念日より
私と長男にとって、今日はとびきりの記念日。
お弁当記念日。

数年後、また
「允くん、はい、お弁当。」と
という朝のやりとりが
当たり前のようにやってくるその日を
楽しみにしながら,
そしてその時は、今よりもっともっと大きな
お弁当箱を抱えて
「行ってきまーす!」と学校へ向かう
彼を想像しながら、今日はここに
焼肉弁当とオンマの気持ちを
大切に、大切に記録しておきます。

2013年 3月 17日
幼稚園最後のお弁当の日。

愛する允くんへ
オンマより。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by yousil_kiki | 2014-03-17 22:09 | お弁当


<< 春のおもてなし。 マフィン+JAM、そして神様リ... >>