価値あるもの。

本日二度目の更新です。

・・・

世の中に、105円で売られているものは多かれど、
こんなに幸せを与えられる105円のものは
滅多におめにかかれないと思うのです。

105円の幸せ。
この言葉がぴったりな
美味しいパンに出会いました。

いわゆる100均パンを購入するのは
人生で2度目。

初めての100均パンは、
大型ショッピングモールなどに入っている
某大手グループ名の付いたパン屋さんでした。

映画を見終えて帰ろうとしたら、子供たちが
パンが食べたいというので、目の前にあった
その100円パン屋さんでパンを買うことに。

全部105円?
うーん、確かに見た目からたいしたトキメキなく。
ドーナツや、子供たちのリクエスト通りお総菜パンを購入。

そりゃそうだよねー。
105円だもんねー。
というのが、食べてみての率直な感想。
生地はパサついているし、フィリングやトッピングの
チーズ、チョコ、くるみ、レーズン・・・。
すべて「105円のパンはこんなものだ。」という
ある種の諦めを感じながら食べた、そんな強烈な記憶。

たらこのフィリングの入ったパンを食べた長男が
「たらこめっちゃちょっとしかないし、パン、マズッ!」と言って
半分以上残したくらい。
子供は正直。

そして、今回105円パンとしては2度目になるのですが
この度は、学生時代憧れていたYお姉様のお店へ行ってきました。
堀川今出川にある「パンドブルー」という105円パン屋さん。
木のぬくもりが何とも可愛い小さなパン屋さんですが
中には焼きたてのパンと、それを求めてやってくる
たくさんのお客さんでにぎわっていました。

人があふれるパン屋さん。
幸せな光景。

店員さんはみんな活気があり、棚に並べられたたくさんのパンたちに
いろとりどりの元気なサンドイッチ。
お客さんが次から次へとやってきて、トレーにたくさんのパンを積んでいく。
(私も思わず13個買ってしまいました。)
パン屋さんとしては、理想の形だなぁと思わずほっこりしてしまうような。

これだけ買って1365円でした。
(あ、車の中で空腹に耐えきれずくるみパン食べちゃいまいた。)
b0052320_13452887.jpg


これがねー。
本当にどれも美味しくて♡

サンドイッチ一つとっても、まずパンがしっとり美味しい。
チーズもレーズンもくるみもたっぷり入ってる。
生地はもっちりしていて柔らかい。
ちゃんとバターの香りがする。

これで105円はすごいなぁ、という感想。
105円というお値段云々の前に、すごく「美味しい」んです。
まずそこですよね。
そこが一番大事なんですよね。

そこそこ美味しいけど、やっぱり105円かな。



こんなに美味しいのに、105円?

この違いは大きいです。
かなり大きいです。

この美味しさをお客さんたちに提供するために
パン職人たちがどれだけの努力をし
試行錯誤しているか

私にはいろんな思いが伝わって来て
なんだな熱くなってしまいました。
我流ながらパンを焼いて来たからこそ
なおさら。

そこの部分に共感せずにはいられない。

私用に買ったお豆のパン。
(うぐいす豆と金時豆だったかな。)
b0052320_13565570.jpg
ふた口ほど食べ終えた時に
ちょうど電話がなり、お皿の上にパンを置いて
喋っていたら、いつの間にか娘が手を伸ばして
パンを横取り!

彼女、本当にお豆には目がなくて。
待て待て~!というと、きゃ~!と逃げ回ります。( ;∀;)
このパンにも甘くて大きなお豆がたっぷり入ってました。

ドーナツも大きい♡
ドーナツにはうるさい息子たちも、ペロッと食べちゃいました。
b0052320_2133091.jpg

長男が、「オンマ、ミスドより安いし美味しいな!」ですって。
近頃、商品のお値段に興味津々な長男。
105円という価格とドーナツの美味しさから
自然と出た発言なんでしょうね。
そう、子供は正直ですからね。

人を幸せにする105円。
価値ある105円。

パン好きな私ですが、久々にいろいろな意味で
衝撃を受けました。

素敵な、夢のあるパン屋さん。
ぜひ行ってみて、そして食べてみて下さい。

私も、人を幸せにする
価値あるものを
生み出していかなくては。

そう思わされた
美味しい美味しいパン屋さんです。


パンドブルー

こちらも同じグループです。
Petit Blanc

[PR]
by yousil_kiki | 2014-03-10 21:39 | パン・おやつ


<< 鯖寿司。 幸せのおやつ。 >>