クレープの女王様

本日、3日ぶりに外の世界へ飛び出した。
火曜日以来の出勤である。
しかしインフルエンザを患っていた私には今日のお天気は優しくない。
雪である、しかも吹雪。
芦屋から新快速電車に乗って明石へ向かうのだが
芦屋駅のホームで電車を待っている間、ボーっとしていると
いきなり無性にアレが食べたくなった。
芦屋といえば、アレ。
アレしかない。

最近ではどのデパートでもよく見かけるので
その店名を聞くと知らない人はいない、と思われる。

‘アンリ・シャルパンティエ’

ここのケーキは見た目も繊細で上品なお味がするから
私の中では好きな洋菓子ベスト10には入る。
フィナンシェなどの焼き菓子も文句なしに水準が高いと思う。

でも私が無性に食べたかった、大好物はケーキやフィナンシェではなく、アレだ。
芦屋本店、イートインで食べられる‘クレープシュゼット’である。

私が生まれて今まで、食べて感動した洋菓子ベスト3のウチ、1位2位を争うお菓子
‘クレープシュゼット’。
まあ、ほぼ最高を誇ると言っても過言ではありません。
アンリのお菓子が好きという方には、是非是非是~~非食べて頂きたい。
ちょっと偉そうに言えば、これを食べずして、アンリは語れません!

では私の好きなクレープシュゼットについて少し、勝手に語ります。
クレープシュゼットはクレープをオレンジソースで煮込んだお菓子で
「クレープの女王様」と言われているそうです。

その昔、アンリ・シャルパンティエがモナコで働いていた際に
英国皇太子に「クレーププリンス」という名前で出したのですが、
その場にいたシュゼットのために「クレープシュゼット」がいいよねと皇太子が言った為、
そう命名されたらしいです。
ふむふむ、なるほど。

アンリ・シャルパンティエ芦屋本店では、これを注文すると、
クレープシュゼット関連の調理器具を台車に乗せ、
席の真横にそれを持って来て、私たちの目の前で調をしてくれます。

その手順は下記の通り。
(ちなみにここ芦屋本店では食器はすべてリモージュです。)

1. オレンジソースの入ったなべを用意
2. アルコールを染み込ませたコットン二つに火をつける
3. パイ生地を二つ、じっくりと浸す
4. オレンジを3切れパイ生地の上に乗せる
5. 軽くソースを振り掛けて温める
6. Cointreauというスイート系のオレンジ皮のリキュール(40度)と
  グランマニエというビター系のオレンジ皮のリキュールを適量入れる。
7. 引火(フランペ)させ、アルコールを飛ばす。
8. まんべんなくソースをかけつづける。この作業は結構延々と続いたような…
9. 皿に綺麗に並べて出来あがり。

ただし、調理してくれる方に因って多少味が違ってきますが、
今のとこ、私は外れた事ありません。

どちらかというと酸っぱい系のお菓子より生クリーム系のお菓子が好きな私も
このクレープシュゼットだけはまったく別の概念に属すると判断します。

ああ・・・食べたい。
近々絶対食べに行こうっと。
こんなことを思いながら芦屋を後にし、現実の世界、明石へと向かうのであった。
b0052320_18431389.jpg
[PR]
by yousil_kiki | 2005-02-26 18:11 | 家ご飯


<< 女の子の節句 私としたことが。 >>