それだけで。

3日前より、長男・允くんが高熱を出し、
3日間、私と子供たちは家に缶詰め状態でした。
外出したのは、2度の病院往復と、夫が帰って来ている間の
スーパーへの買い出し、のみ。

我が家でのパーティーも、お呼ばれしていたお友達の
お誕生日パーティーも、全てキャンセル。涙
本人も私も、かなり凹み気味でした。

何より、39.7度の高熱でハーハーと苦しそうな彼、
食べること大好きな彼が、丸2日間ほとんど何も口にしないという
痛々しい姿、いつも家で踊ったり歌ったりしながら、
元気いっぱいなはずの彼が、ずっとベットに横になったまま、
うつろな目で苦しそうにしている姿、時折、痙攣しながら
顔を真っ赤にしているその姿は、本当に胸が締め付けれる思いで
久々に、参りました。

それに加え、次男も熱こそ出なかったけれど、ものすごい下痢で
(風邪のウィルスのせい。)ずっとずっとおしりを洗っている始末。
鼻水も咳も出て。かわいそうな子供たち。
こんな時、代わってあげられるものならオンマが全て受けてあげたい!と
何度も何度も心の中で叫んでみるのです。

今日は長男の顔に蕁麻疹のようなものが見られた為、朝一で病院へ。
熱が3日間と長引いている為、念の為血液検査を、ということで
長男の小さな掌に、結構太い針が。
目にいっぱい涙をためて、声を震わせて泣いていました。
かわいそうに、かわいそうに!!

診察を終えて、病棟から駐車場へ戻る道中、
允くんが、私に、「オンマ、抱っこして。」と小さな声で言いました。
私は背中に次男をおんぶしていたけれど、小さな声で申し訳なさそうに
「抱っこして。」と求める彼の姿が、あまりにもけなげで
笑顔で彼を抱き上げ、そしてギュッと抱きしめました。
允くんを抱っこして、アンくんをおんぶして。

この暑さ、あわてて家を出てきたので、帽子も日傘もなく
汗だくになりながら、二人に挟まれて、それでも私は平気でした。
途中、ガードマンのおじさんが、「お母さん、大丈夫?」と心配していたけれど、
不思議と腕も肩も痛くないのです。
この子たちの健康が、笑顔がどれだけ尊いことか。
彼らの重みや温もりが、どれだけありがたいことか。

病院から帰ってきたのが、11時。
それから午後4時までこんこんと眠り続けた允くん。
4時過ぎに2階から降りてきて、第一声「オンマ!お腹すいた!!」と
私に飛びついてきました。
熱も微熱にまで下がって、大好きなカルメン熱唱しながら
「昆布のおにぎりとね~ひじきとね~味見作って!(←鶏のから揚げのこと。)」と催促。

允くん、やっぱりあなたはこうでなくっちゃ!
元気な息子の姿を見ながら、嬉しい気持ちいっぱいで
彼の大好きな物ばかりを並べました。
(あ、トマトは嫌いだけどね。彩り、彩り。)
b0052320_21181160.jpg






























これをぺロッとたいらげて、私のトウモロコシと枝豆を横取りして、
おまけに、夫の唐揚げをあげている最中に、また2個、つまみ食い。
ふ~。やっと元の允くんに戻ってくれたね!!

大人たちは、ちょこっとアレンジ唐揚げ。
巷で大流行している(え?もう終わった?まだ大丈夫、ですよね?)
食べるラー油(有名な中華料理店のものらしいのですが、店名忘れました。汗)を
かけて、小口ネギ、糸唐辛子でお洒落を。
b0052320_21184888.jpg






























茄子とモロッコ豆の揚げ浸し、ひじき煮(大豆もきぬさやもなしですが~。)、キムチ。
私はご飯抜き。(←茄子食べすぎた。)夫はガッツリ白米も。
b0052320_21192175.jpg
































子供たちの健康。
それだけが、私たちの喜び、幸せ。

そう。
彼らが元気に笑ってくれるだけで、
それだけで、
あらゆる小さな事柄は
一瞬にして全て、感謝へと変わるのです。

さぁ、明日からは忙しい毎日。
明日は我が家で総勢13人集まってパーティー、
明後日は子供たちとコンサート、その次は幼稚園の夏祭り!!

そしてそして、来週から允くんはサマースクールが始まり、
(幼稚園で専任の先生が、絵画や英語空手などを教えてくれます。)
オンマはパン教室がスタート♪

暑い夏、更にパワーアップして楽しみたいと思います☆
[PR]
by yousil_kiki | 2010-07-28 22:05 | 家ご飯


<< ちらっとピザと、パン・オ・セーグル。 離乳食始めました。 >>