小谷田 de ピビムパプ。

ビビンバ、でもピビンバでもありません。
正確な発音は「ピビムパプ」です。
よろしくお願いいたします。

昨日は、私がただ食べたかっただけのメニュー。
文字どおり、ピビムパプでした。
この度、妊娠してからというもの、つわりの最中も無性に
食べたかったのが、ピビムパプ。
実家でも2日連続作ってもらったり。

つわりの終わった今でも何故か食べたい。
まぁ、元々激辛大歓迎の人間なので
常に韓国料理は食べていたい性質なんですけどね。

これは私の分。
おかずを作っておいても、ピビムパプ以外食べる気にもならず。
そして、この日は小谷田さんの器で統一してみました。
(わかめスープの入っているカップのみ違います。)
b0052320_13554288.jpg

























白の「コロン」(と私が勝手に読んでます。)は、とても出番が多く大活躍。
何を盛っても、いい塩梅。
瑠璃色の豆皿には、コチュジャンがあまりにもよく似合いました。
キムチの盛られている器は、子供用飯茶碗。
だから小谷田 de ピビムパプ。
うぅん、いいなぁ。

・・・

昨日アップするのを諦めた、最近の夕飯たち。
ある日は和風ロールキャベツ。
玉ねぎの甘みがスープに溶けて、GOOD,GOODな仕上がりでした。
b0052320_1424590.jpg

























産直で買った淡路産玉ねぎとトマトは、そのままサラダに。
この食べ方が一番美味しい。梅肉のドレッシングで。

新鮮なするめいかは、にんにく・バター・醤油のシンプルな味付け。
イカ王国の王様である夫と、その2世にあたる允くんは、2人で
一生懸命にむさぼっていました。

後ろに見えるのは、これまた産直で買ったゴボウと、人参、胡瓜で
ごぼうサラダ♪ しゃきしゃきの食感、止まりませんでした。
マヨネーズ・レモン汁・お味噌・お醤油の味付けで。
b0052320_1443512.jpg

























暑すぎる日、バテた体に酢飯。
ちらし寿司でした。ネタはホタテ、カニ、甘エビ。
どれも、新鮮なモノばかり。特に甘エビは尾頭付きでちらし寿司のネタにするには
もったいないくらい甘くていいものでした。色的に、いくらがあれば良かったのですが、
ちょっと入って1500円だったので(ちょっと高級なスーパーだったので。)
貧乏性主婦は、すぐさまその場から立ち去りました。
中には酢蓮根・人参・酢ジャコ・椎茸入り。
b0052320_1482180.jpg



























先ほど、夫からの電話で
(※私の夫は、一日に何度も電話をかけてくる人です。)
今日は外食に行こう♪(しかも夫のおごりで。)と提案があったので、夕飯の準備はなし。
定期的に外食に連れ出してくれる夫が好き☆
妻もいい勉強になるし。

允くんは幼児教室ではしゃぎすぎて、お昼寝中。
私は昨日のピビムパプの残りを食べ過ぎて満腹中。
でも今から甘夏を食べる予定。フルーツならいくらでも。

ではでは皆様、よい週末を。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-06-26 14:18 | 家ご飯


<< うちゴハン。 四国―淡路島の旅。 >>