地のもの。

先週の夕飯。
メインは地元、京都の筍で、若竹煮。
b0052320_7395788.jpg

























サクサク、ホロホロ。
文句なしに、美味しかったです。
(允くんも「タクタク(サクサク)!」と言いながら、たくさん食べました。)

これは私の夕飯。
何となく胃の調子が良くなかったので、
軽く、さっぱり和食系に。
b0052320_7411215.jpg


























京都と言えば、ちりめん山椒とお漬け物。
ザ・地元のものです。ほぼ常備してあります。
食欲がない時には、この存在がありがたいのです。
b0052320_74054100.jpg

























夫には、もちろんこれをプラス。
b0052320_7444813.jpg

























豚の生姜焼き。

そしてある日は、海老フライ。
b0052320_7461424.jpg

























允くん2本、私3本、夫5本。
本当は海老チリの予定だったけど、チョジャン(ホタテのお刺身に)とかぶる
感じだったので、フライに。
b0052320_7464169.jpg

























そして昨日はハンバーグ。
男二人は気づいてないけど、玉ねぎに加え、人参・椎茸も入ってます。
b0052320_2231048.jpg

























夕飯に桜餅?!
まさか~ですよね。
豊橋からのお土産、桜蒲鉾です。
フワフワで、桜の優しい香りがとても美味しかったです。
わさび醤油で。
b0052320_22334225.jpg

























夫の好物、カツオのタタキには、ガーリックチップが必須。
タタキのタレより、ガーリック+ポン酢の方が美味しい。
b0052320_22353773.jpg


























やっと、夫の仕事が一段落ついたので、私たち家族にも
日常が戻って来ました。
向かい合って、同じ食卓を囲む。
允くんの起きている時間に、一緒に「アッパ、おかえり!」と夫を迎え入れる。
この当たり前のことが、今はとてつもなくありがたく思えます。

忙しいことは幸せなことだけど、家族はやっぱり一緒がいい。
平凡が素晴らしくありがたい。
ご飯を作るのが楽しいです。

大きな仕事を終えた夫。
ホッとした表情で、見覚えのある袋を提げて帰って来ました。
b0052320_22411672.jpg

























言葉ではあれこれ言わないけど、気持ちは全て伝わっています。
ふたばの豆餅数個に加え、季節の和菓子やおはぎまで。
夫らしい気の利いたチョイスで、妻へのご褒美をくれました。

ありがとう、そしてお疲れ様。




まだまだ書きたいことはたくさん。
今日も、大好きな人たちに囲まれて、素敵な一日でした。

続きはまた次回。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-03-31 07:47 | 家ご飯


<< 頑張ってね!の会。 徒然。 >>