どっぷり石岡ワールド。

先日、anjicoさんでやっと手に入れることができた
石岡信之さんの花シリーズ。

以前から可愛いな、と思っていましたが、
ナカナカ欲しいものが手に入らなくて。

今回は運良くも入荷の時期と、実家に帰る時期がちょうど重なり
お目当ての器をゲットできました。

お茶までご馳走になって・・・。anjicoさん、今回も、ありがとうございました。

一日かけて、ゆっくりゆっくり、丁寧に煮沸処理をして。
ようこそ、我が家へ。
と、待ち焦がれた器たちへの思いを深めました。

花大皿は、一目見た時に最初に思い浮かんだお料理が
何故だか、天津飯!
こんなに可愛いのに・・・もっとお洒落なお料理を初めに盛ってほしかったろうに・・・。
すみません、石岡さん。
でも、白の花びらには明るい黄色とグリーンが
きっと良く似合うと思って。
カニ身入りです。
b0052320_2222151.jpg

























花びら模様に広がった甘酢あん。
これこれ、と、嬉しくなっちゃいました。
允くんも、夫も、そして私もとてもよく食べました。
(夫のには、調子に乗ってあんをかけすぎました。)

その他、豚肉の野菜巻き(人参・ほうれん草入り。)
ほうれん草と大根おろし。
イカ豆腐。
b0052320_2216154.jpg



















イカ豆腐は、「おかずのクッキング」(2008年・10/11月号)に掲載されていた
土井善晴さんのレシピを参考にしています。
イカの風味がよーく染みた焼き豆腐、とってもとっても美味しかったです。

有名シェフや人気料理研究家のレシピ本も、いいとは思うし、
実際私も何冊か持っていますが、飽きてくるんですよね。
私は「おかずのクッキング」をよく買います。(と、言ってもたまーにですが。)
その方が、バリエーション豊かで柔軟性があり、いろんな方の様々な食材の
使い方が載っているため、とても面白いし、重宝しています。
この豆腐特集も、とっても面白かったです。

花大皿には天津飯が思い浮かんで、天津飯にはこの真鍮スプーンが
似合うな、と嬉しくなっちゃって。
作家さんの命名は「リゾットスプーン」。だけど、天津飯。
真鍮、大好き。
b0052320_22353457.jpg

























今日は一日、石岡ワールド。
カップはずっと前にanjicoで買った、石岡さんのもの。
チョコレートのような深いブラウンが素敵。
花小皿には、友人から「バレンタインだから♪」ともらった、美味しいマドレーヌ。
珈琲ではなく、抹茶葛湯と。美味しかった。
b0052320_22415994.jpg

























今日もたくさん遊んで、たくさん食べて、たっくさん愛し合って。
平凡過ぎて、平凡すぎるから、素敵な一日でした。
b0052320_22492783.jpg

























今日は、レゴのブロックを使って、빨강(パルガン・赤) 파랑(パラン・青)を
覚えました。発音も、認識も完璧です。
あと、「ゆっくり、ゆっくり。」という言葉も覚えて言えるようになりました。
その発音が面白すぎて。
次回、動画アップします。
[PR]
by yousil_kiki | 2009-02-10 22:58 | 家ご飯


<< 和風ハンバーグ・きのこソース。 言葉にできない。 >>